利根川 (赤岩) 平成14年9月23日(月) 午後から晴れ
只今カメラの中 今日は朝からゴルフしてました。でも数日前に突然ジェットの予定が組まれ、私は先約のゴルフをパスすることができず、終わってからの参加となりました。
午前中は曇っていて寒かったので、もしかしたらみんな行ってないかな? と思いメンバーに電話を入れたところ、これから行くということなので、1時半にゴルフを終え、その足で利根川へ直行しました。お昼頃から天気はみるみる回復し利根川に到着した2時半にはすっかりいいお天気になってました。ところが川に着いてびっくり。ものすごい強風だった。半袖のままではいられずジャケットを羽織ってもまだ寒いくらい。なのにみんな元気に船乗ってましたよ(振るえながら)。今日のメンバーはWinkie'sだけでなく、他のチームも一緒だ。というか私たちが交ぜてもらったって感じになってました。たまには違う仲間と一緒というのもいいもんです。総勢20名くらいになってたのかなぁ?

でもこの大風じゃウェイクボードをする気にもなれず、ジェットも寒そうだし、結局一度も水に浸かることなく、本日は終わってしまいました。さすがに9月後半ともなると昼間が非常に短くなる。真夏なら4時をまわった頃ゲレンデが空き、それからが勝負というところなのに、今日は撤収作業の開始時刻になってしまってました。
先シーズンも9月26日が最後だったので、今年もこれが最後なのかなぁ? 何だか今ひとつ盛り上がらない2002年夏でした。というのもどこか行く度に天気が悪かったのが原因なんでしょうね。来シーズンはいい天気にめぐり逢えますようにm(--)m

猪苗代湖 平成14年9月15日(日)曇り、16日(月)曇り 
お泊りはここ「スワン」



ずぅ〜っと食べっぱなしの二人



まだみんな笑顔の一日目



人気者のチップとデイル



帰る前のワンショット
Winkie's 恒例の猪苗代湖。私も今年で4年目、今回で6度目となりました。初めて行ったときはすごく遠い所って気がしましたが、回数を重ねるごとに近く感じるようになって来たはずなのですが、この度は今までで一番遠く感じました。というのも出発は私の家を2時45分、3時半に全員集合するはずの佐野S.Aを出たのが5時。ここまでなんと2時間15分もかかってしまいました。いたのよね寝坊助が。全部で車5台、大人9名、子供6名と今回は思ったより少ない人数となりました。
東北道を走っていると、寂しいことに雨。そしてちょこちょこと温度計があるが、示されている数字は14と非常に寒い。もうこの時点で期待するのはやめにした。今回はジェットだけでなく、20フィートの船を引っ張っている車があるので、
走るペースはちょっと遅め。猪苗代のペンション「スワン」に着いたのは8時半頃でした。でもラッキーなことに雨は降っていなかった。早速船を降ろし出動準備にとりかかった。ここの宿もすぐ前が浜辺になっているので荷物運びはたいへん楽である。
準備をしているあいだに天気は徐々に回復し、時折雲の隙間から太陽が見える程度までになった。でも気温は低め、長ウェットとトレーナー着てても暑いと感じることは無い。今回は苦労して運んできた大きな船が活躍しそうだ、なんて思っていたら、その船のエンジンがかからない。せっかく持ってきたのにこれが動かなくては非常に寂しいし虚しい。持ち主も必死に修理に取り組んだ。原因はバッテリーだということが解り、乗ってきた車のバッテリーを代用し一件落着となった。
こう寒いと若者(若すぎるのは沢山いるが)のいないこの御一行様は、みんな火のそばにかたまってしまう。当然メインは船じゃなくバーベキューです。朝からビール片手に肉食べるなんて、普段の生活では考えられないようなことも、ここではあたりまえだ。でも今回はちょっとメニューを変え、カレーと豚汁を加えてみた。結構好評だったので作った甲斐がありました。天気の方もこのぶんなら今日一日もちそうだ。1時半頃ちょろっとあったかくなってきたので、これを逃したらもう乗れないと、船とジェットに分乗し、全員で出動しました。天気がよければ猪苗代一周ということになるのだが、やっぱり風をきると寒い。今回は半周だけで終わってしまいました。しかしこれだけでも乗れてよかったとしなくちゃ。
そしてその後はひたらすバーベキューに精を出しました。一日目は最後まで雨降ることなく無事修了。とりあえず一日だけでも遊べたので満足です。

二日目は朝から雨。女性群は半分あきらめモードで、温泉にでも行くか。と考えていたのですが、男性群はそうではなかったみたいで、浜辺で何か作業を始めていました。覗いてみると結構大掛かりなことしてるじゃないですか! 宿に置いてあった重機をかりて砂浜に鉄柱を打ちつけていました。ここにブルーシートをくくり付けてテントにしようというわけだ。これなら少しくらい雨降っても大丈夫そうだ。土建屋さんがいると考えることが違うなあ。
というわけで、今日も一日ここで遊べそうである。しかし・・・ものすごく寒い。今日のスタイルはウェットスーツにトレーナーその上にフリースとこれだけ着ててもまだ足りないくらい。当然船になんか乗る気にはなれない。みんなバーベキューコンロの周りに集まり火にあたりながらの宴会となった。こんな状態で子供達は喜ぶわけはないが、この宿には珍しい遊び道具がある。それはウェイクボード練習用のトランポリンだ。今回子供は男ばかりなので、みんなここに張り付いたままだ。これがなかったら今日は温水プールに行くはめになったかも知れない。テントを張ったおかげで雨を気にすることなくバーベキューをすることができたが、始めてみるとぜんぜん雨は降らなかった。でも風が強く体感温度はかなり下がってきた。動かないのでお腹も空かない。結局2時頃に撤収作業がぼちぼちと始まった。このメンバーでこんなに早く引き上げ準備をしたのは初めてかもしれない。いつもならジェット乗り出し修了時刻の5時までたっぷり遊んでいるはずなのにね。しかしこんなにどんよりとした空なのに雨が降らなかったのがせめてもの救い。片付けも濡れないうちに終了することができた。
そして4時半には帰りの準備がととのった。猪苗代湖を右に見て車を走らせた途端霧雨が降り始め、そしてここからは家に着くまで降り続いた。帰りの温度計は15度。毎年9月の猪苗代は寒いが今年は特に寒いようである。やっぱりここは8月中に来ないとダメだ。来年の猪苗代はお盆休みにしましょう。きっと今ごろ風邪ひいている人がいることでしょう。お大事に。

新潟村上マリーナ 平成14年8月12日〜14日 雨時々くもり一時晴れ



ツーリングは寒かった



夕食はテラスでバーベキュー



突然の雨で避難
今年の夏は連日35度以上の猛暑ですが、遥々5時間もかけて行った新潟村上は例年に無い悪天候続きだった。(ガクッ)
一行は車6台、ジェット6台、人間21名(大人12名、子供9名)の大所帯。夜中の3時30分駒形I.Cを出発し、関越自動車道から日本海東北道にのり、新発田I.Cまでおよそ300km、高速代5900円也。高速を降りて村上まで4.50kmあっただろうか、かなり遠い。現着は朝9時ごろでした。高速からの景色は海方面にどんよりとした黒い雲が一面に張り付き、なんとも不愉快な光景でした。そして嫌な予感通り、村上に着くと雨でした。晴れていれば即海辺へと急ぐのだが、さすがに雨となると腰が重い。1時間程車の中で、ボーッとしてました。でもこうしててもしょうがないので、一応荷物をおろし、とりあえず水着に着替え宿のテラスで待機していたら、お昼をちょっとまわった頃雨があがりました。またいつ雨が降ってくるかもわからないので、今だとばかりに浜辺へと繰り出しました。子供達はあまり天気のことは気にならないようで、私が浜辺へ出た頃には既にひと泳ぎ終わったあとでした。でもそれから天気の方も徐々に回復し、何とか夕方まで遊ぶことが出来ました。朝方は静かだった海も陽が落ちる頃には随分波が出て、明日の悪天候をまたしても予感させる。
そして翌日。起きてみるとどしゃ降りの雨。さすがに今日はみんな諦めモード。
海に出ることはとても無理だと判断し、子供達の遊び場を考えた末、ここまで来て温水プールへ行くことになりました。宿泊地から車で約30分、着いたところはプールというより健康ランド。入場料大人1.500円、子供800円しかもプールへは帽子をかぶらなければならないという、厳しい掟がある。大人たちは引いた。入り口で30分検討の結果、引き返すことになりました。そんなことしている間に、天候はすっかり良好になり、これなら海入れるよ。ということで、お昼のバーベキューの食材を仕入れ、またマリーナに逆戻りしました。なになにすごくいい天気になりましたよ。そして2日目も夕方6時までたっぷりと楽しむことができました。
最後の日は、朝から曇り。ちょっと寒いです。時折ちょこっと雨が降りましたが、気になるほどでもなく、時間いっぱい遊べました。午後3時頃から撤収作業を開始し、午後5時30分お世話になった「ペンション村上マリーナ」をあとにしました。
この夏、新潟方面をお出かけになった方々、生憎だったでしょう。ペンションのご主人も嘆いてました。「今年はもう諦めてます。俺ここへ来て18年になるけど、こんなに天気の悪い夏は初めてですよ。」とね。
でもそんな最悪の夏の最中、3日間それなりに楽しめたんだから、今回の旅行は良しとしよう。それにしてもここはジェットを楽しむには最高にいい場所です。ジェットを降ろすマリーナは隣だし、宿のすぐ前は浜辺だし、ジェットをつなぐブイまで用意されていて、「こんな遠くまで何でわざわざ大変な思いして来るのかなぁ?」って思ってたけど、来て見て良さがわかりました。来年こそは晴れますように・・・とまた来年来る気でいます。みなさん長旅お疲れ様でした。

利根川 (赤岩) 平成14年7月31日(水) 晴れ




今年は利根川へ来たのは3回目。前回の日記の後1度来ているが、ほんの2時間程度しかいなかったので、やったうちに入らない。今日は久々のフルタイムジェットだった。朝8時に出動し、準備をととのえ川に着いたのは9時頃だったかな。まだ誰もいない利根川は風も無く鏡のような水面。とりあえずテーブルを並べて基地をつくり、みんなが到着するのを待った。今日はいったい何人集まるんだろう? 事前に日程が決まっていると、だいたい大人数になることは間違いない。案の定、お昼をまわった頃には、総勢15名となっていた。今日は国際色豊かで、ロシアの女の子が3名と、パキスタンだったかな? 全身毛だらけの男の人も加わった。あとはいつものメンバーと、新人さんが1名、現役高校生が4名と、まあにぎやかなこと。こうなると私の役目は食事係となってしまうので、ちょっとショック。おまけに今日は火おこし名人のしんちゃんが、沖縄のほうへ抜け駆けしている為、余計に大変。やっとジェット乗れて遠出をすれば、エンジンが止まり、しばらく漂流することになり、さんざんな目にあってしまった。でもまあみんなが楽しそうな顔してるので満足としよう。
川にいると時間たつのってすごく早い。あっという間に5時。そろそろ撤収準備にかからなくては。遊んでいるとこの瞬間がたまらなくイヤ。遊び疲れのピークに達した頃の一番パワーのいるおかたずけがね。
もうさんざ遊んだんだから、普通はここでお疲れ様。ってわけなのですが、今日は元気な高校生がいるため、気持ちだけはまだ元気なおじさんが、「じゃこれからプール行くぞ」なんて言い出したもんだから、あら大変。でも私もかなりタフなほうなんで、うっかり誘いに乗ってしまいました。8時半までプールで遊び、最後にラーメン食べて、結局すべてを修了したのは午後9時30分でした。
今日もまた一日目いっぱい遊んでしまいました。でもせっかく遊ぶんだから、これくらいやらないと・・・ね。

利根川 (赤岩) 平14年6月21日(金) 晴れ
今年初ジェットは梅雨の真っ最中。しかし今日は梅雨も中休みのようですごくいい天気だ。今回は突然行くことになったので、出かけたのは既にお昼をまわっていた。ゲレンデは金曜日とあって、私たちのほかに1組しかいない。あの広い利根川をほとんど貸しきり状態で使わせていただきました。といっても急だったので何にも用意がない。ただジェット引っ張ってとりあえず来てみた。って感じ。しかもメンバーは3人。なんとも盛り上がらない幕開けとなりました。
最近では、ちょっと飽きてきたのか、ジェット乗りまわすだけでは何だか物足りない。他のメンバーも同じことを考えていたのだろう。途中ひとりが、やっぱりウェイクやりましょう、と言い出し、家までボードを取りにもどった。他の1組が撤収作業を始めた頃、やっとウェイクボードが到着した。その時2時30分、空には怪しげな雲が出てきたにもかかわらず、せっかく取ってきたのだからやらなくちゃね。みんなが帰っちゃったあと寂しく、いや利根川貸切でしばらくウェイクボードを楽しみました。最後まで雨降らなくてよかった。