ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成20年2月24日(日) 雪 
今朝は除雪車の音で目が覚めました。窓の外は真っ白です。昨日から降り続いている雪は10cmほど積もりました。きっとゲレンデはこの倍以上積もっているに違いない。テンションさがりますが、8時に宿を出発いたしました。

ゲレンデは思ったとおり20cmほどの積雪です。強風、大雪の為、8時半にはまだクワッドリフトしか動いていませんでした。この調子だと昨日に引き続き、ゴンドラ運休、西山はクローズでしょう。しかし今年はよく降るねぇ。昨日は下界でも雪降ったようです。あとで聞いた話ですが、太田ではヒョウも降ったらしいですよ。

9時15分、やっと第8クワッドが動き始めました。そして女子国沢コースから滑り始めました。視界も悪く、雪も深い、1本目から弱気です。そんな中KKさんはどんどん行ってしまう。ついて行くのが大変でした。こんな状態ということで、本日のメニューは新雪&不整地特訓ということに余儀なくされた。今までずっとソフトバーンの岩鞍で滑ってきたのに、いったい何やってきたんだろう?フカフカ雪が滑れない。自分でも内倒しているのがよく解る。続いてチャンA、エキ上部、リーゼンと滑りました。極めつけは、KKさんが昨日から狙っていたチャンBです。狙い通りの深雪です。50cmくらいはあったのだろうか?彼は気持ち良さそうに滑り降りていきました。あとを追う私ですが、途中で板が突き刺さり、身動きとれない状態で雪に埋もれました。脱出には10分ほどかかりました。いやいやそれでけで大きな疲労です。こんなところを軽快に小回りできるのは、何時の日になることやら・・・

そしてお昼。まだお腹すいてないのでもう一滑り。そういえば今回は休憩がないなぁ。予定では10時にオクタ下で甘酒。3時にお祭り広場で花豆ジェラート、そしてあがりにゆきんこ広場でおしるこだったのに・・・おかげさまでデブにならなくて済んだかな?いやそんなことは無い。昨夜の夕食、まいたけご飯3杯食っちゃったんだ。
今日のお昼は少なめにしようかと思ってたけど、やっぱり無理でした。ふたりでカツ丼大盛りとカレーそばをペロリとたいらげまだ足りず、仕上げにコアラのマーチを完食、(余談ですが、コアラのマーチに隠れキャラがいることをご存知ですか?それは、盲腸の傷で泣いてるコアラ、鼻血のコアラだそうです。)

遅めの昼食だったので、後半は2時からスタートいたしました。雪はまだ降り続いていますが、いくらか風が収まってきました。でもバーンは思いっきり荒れてます。こんな中ですが、今度は大回りです。長い距離を休まず滑り続けるのも練習だ!ということで、できるだけ休まずに滑り降りるよう任命されました。整地されたバーンなら沢コース一気もラクラク可能でしょうが、こう荒れてると超たいへ〜ん。乳酸出まくりでした。

ということで、2日間の新雪&不整地レッスンは無事に終了いたしました。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成20年2月23日(土) 晴れのち雪 
今週は、平日スキーなんかしていた為、日記がいっこうに進まない。もう木曜日だーーー!!こんなことしてる間にすぐ来週になっちまう。ということで、急いで書きます。

今回はカメラがストライキ中だったため、写真がありません。文字だけの日記ってちょっと寂しいけど、何卒ご勘弁のほど。
先週に引き続き今週も岩鞍でのお泊りスキーです。贅沢にも金夜からの1.5泊だよ〜ん。仕事終わって9時ちょっと過ぎに出発。宿に着いたのは11時半でした。ちょろっとだけビールを飲んでその日は即おやすみzzz・・・

翌朝は美味しいさばの味噌煮を食べ、宿の送迎バスにてスキー場に向いました。送迎付きってなんかリッチな気分だね^^そして天気は文句なしの快晴。周りの景色も綺麗に映し出され、絶好のスキー日和となりました。今回は岩鞍は5年ぶりだというKKさんと一緒ですが、彼の岩鞍の印象は、混んでるし、天気悪いしで、いいところ無かったようです。せっかく来たのにまた天気悪いんじゃ、増々岩鞍離れしちゃいそう。とりあえず晴れてくれたので一安心です。

ウォーミングアップは、女子国から。バーンの状態もGOODです。続いてチャンA、エキ下部を大回りでぐるぐる周回し、リーゼン、男国、その後岩鞍めぐりということで、西山へ降りました。とちの木、ぶなの木を滑り、午前中終了。
するとなんだか空模様が怪しくなってきました。振り返ると武尊山は既に雲に覆われてました。そーいえば天気予報では、「午後から急変」って言ってましたが、これマジです。12時を過ぎたあたりから、急に風が強くなり、あっという間に雪が降ってきてしまいました。これくらいの雪でおさまってくれればいいけど・・・と祈りながらうめでんへ。

しかし、食後のゲレンデは猛吹雪でした。ゴンドラ運休、西山クローズ、挙句の果てに第8まで止まりやがった。もう上にあがる手立ては無い。仕方なく、一番下のチャレンジで遊んだ。もちろんリフトはメチャ混みです。チャレンジのリフトにあんな大人数が並ぶのは初めて見ました。とりあえず午前中にあちこち滑っておいて良かったです。

そして4時半にお迎えのバスを呼んで宿へと戻りました。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成20年2月17日(日) 雪 
昨夜の宴会は、お先に失礼して寝てしまったので何時まで続いてたのかは不明です。そして今朝は除雪車の走り回る音が目覚ましとなりました。早速窓の外を見てみると、一面真っ白です。こんなに降ってるとは予想外でした。昨夜のうちに15cm位積もったのでしょうか?今日はインチキラクターしなきゃならないのに先が思いやられます。
初心者は初めが肝心で、最初のイメージが良ければ「また来たい」って思うけど、こんな大雪じゃあねぇ・・・(><;
でも引き受けたからには、何とか楽しんで貰わないと困ります。因みに私の初スキーの感想は「もう2度と来ないからね!」でした。

7時半に朝食を済ませ、車の雪下ろしをし、いよいよゲレンデ向けて出発です。
うめざわでんき前は、雪の為プチ渋滞です。また登れないくるまでもいるんだろう。しかしこんな大雪でもみんな来るんですね。ゴンドラ乗り場前も大渋滞でした。

ゲレンデに着くとまずは最初に子供スキーのレンタルです。申し込み用紙に住所、氏名・サイズ等を書き込み提出。長年岩鞍には通ってますが、レンタルの手順初めて知りました。でも最近のレンタルスキーは良くなったね。と感心してましたが、ストックのストラップのねじれが変。どうやって握ってもねじれる。クレームつけて交換してもらったけど、次に来たのもやっぱり変。そのあたりちゃんとやってほしいよな。ということで、早々にインチキラクターの開始です。ゴンドラ駅舎前からスキーを履かせまずは歩行から・・・
そして斜面を登る横歩き、止まり方等を説明し、超緩斜面を2〜3回滑らせてみた。「お!こいつ見込みある。これならすぐにリフト乗せても問題無さそうだ。」と判断し、早速リフトに乗せちゃいました。乗り降りが不安ではありましたが、リフトを止めることなく無事クリア。いやぁ子供って凄いですね。初めてスキーを履いてまだ30分なのに、ファミリー下部を一度もコケルことなく降りて来ちゃいました。その後も4〜5本滑りましたが、奴は身体のバランスが良いと思いました。午前中最後にロマンスコースも制覇。これなら午後はパパに預けても大丈夫そうです。優秀な生徒さんで一安心でした。寒い中よく頑張りました(^^
ここで時刻は11時半となり、うめでん集合の時刻です。
もう既に皆さんお集まりのようです。
あら、サーファー軍団、今日は元気ないみたいですね。いつもならとっくに乾杯しているはずなのに・・・どうやら昨夜飲み過ぎたらしいです。
12時をまわると、うめでんには続々とお客さんが入ってきました。いつの間にか満席です。私たちは早メシだったので、丁度入って来たヨッパ団に席を譲り、午後の部をスタートさせました。

もうすっかり滑れるようになったオレンジの彼→午後一でゴンドラに挑戦です。いきなりミルキーは辛かったかな?でも何とか自力で下りて来ましたよ。そしておあとはパパにお願いして、私はフリーで滑り始めました。一緒に付いてきたのは、現在2級GETを目指すT村君。今シーズンはちょっと気合入っているようで、板も新調したそうです。
2人でチャンAやエキ下部、女子国あたりを滑っていると、バカップルの姿を発見。久しぶりなので、ちょっとだけご一緒させていただきました。それから今シーズンはお初の40馬力チームの紅一点Y子ちゃんにも会いました。相棒のTちゃんはどっかあっちの方で滑ってるみたい。ということで、またまたお会いできず・・・

ちょっと放ったらかしにしちゃった生徒さんが気がかりで、パパにTELしてみました。するとまたミルキーを滑ってるというではないか。この寒い中なのに、懲りてないってことでちょっと安心いたしました。。
そんなわけで、そろそろ3時半。一日中降り続いた雪は道路にも随分積もったようです。きっと帰りは渋滞することだろう。サーファー軍団は二日酔いでのびてる奴もいるようなので、ちょっと早目にあがりました。私はまだ滑り足りなかったので、またひとりリフトに乗りました。でもあまりにも寒いので2本滑っただけで、4時に撤収いたしました。そしてやっぱり渋滞。裏道に入ってからは、スイスイでしたが、降り続く雪で視界悪し。おまけにワイパー凍ってるし。久しぶりに疲れた根利の運転でした。みんな無事に帰れたカナ?こんな大雪の日にあたっちゃって残念でしたね。今度は天気の良さそうな時狙って来てね。お疲れ様でした。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成20年2月16日(土) 雪 
今朝、ついに10万キロを突破。車もここらがひとつの節目なんでしょうかねぇ?10万キロを目前にした先日、鹿沢でエンジンがかからなくなった原因はいろいろ考えられました。まず最初に噴射ポンプ。これが逝かれると30〜40万かかるらしい。続いてグロウ。そしてディーゼルではお馴染みの燃料凍結。噴射ポンプの交換となるともう1台この車が買えそうなので即断念。とりあえず寒冷地用軽油を満タンにし、グロウの修理を試みた。これで直らなかったら、生活苦になりそうな状態でしたが、結果は4万円で済んだので、今こうしてめでたくスキー場に通えるようになりました。おまけにこの車の持ち主もそろそろ人生の節目。あちこちにガタがきてますが、まだ頑張って走ってます。でも壊れたら4万円じゃ治せそうもないなぁ・・・
約1ヶ月ぶりの岩鞍です。今晩はお泊りの予定なので、無事に復活したマイカーにて出動です。ここのところ赤城山が真っ白なので根利の状況がどうなってるのかちょっと不安です。単独出勤だと、つい出発が遅れがち、予定では5時半に出発しようと思ってたけど、結局6時となってしまいました。この頃にはすっかり明るくなってました。最近随分と日の出が早くなりましたねぇ。もうすぐ春かぁ・・・でもまだまだお山は冬真っ盛り。ろぐていあたりからチラチラと雪が舞ってきました。トンネルを過ぎるとすっかり雪道となりました。今日も岩鞍は雪のようです。気温も根利の頂上でマイナス8度まで下がりました。やっと低気圧が遠ざかったと思ったら、またまた寒気が来ているそうで今週末も寒くなりそうです。

岩鞍到着は8時半。やっぱり雪です。最近、極寒地仕様の装備にしてるので、これくらいなら難なく耐えられそうです。でも、みっふぃーちゃんのネックウォーマー忘れた(><)  4〜5台となりによこてぃと花子を発見。送迎バスからの合流となりました。世間では今がトップシーズンということで、ご家族連れが目立ちます。

まずは女子国からのスタートです。昨夜も雪が降ってたようで、新雪が10cmほど積もってました。これくらいならラクラクです。続いてエキ下部、チャンAを滑りました。朝のうちはまだいい状態だったので、RC持って来なかったことを、後悔いたしました。
朝のうちはまだ暖かかったんだけど、だんだん寒くなってきました。頂上付近はかなり風が吹いてます。一度尾根には行ったものの、あのリフトに乗る元気が無く、午前中はずっと表で滑ってました。 途中SANYOの方々とセッション。やっぱり上手い人はどこを滑っても安定してるよなぁ・・・同じ人間なのに何故こんなに違うんだろ! 

そしてそろそろ11時。早メシにするか遅メシにするか?悩んだ挙句、ちょっと休憩をして遅メシにることを選択いたしました。今シーズンは休憩場所のオクタ下がリニューアルし、売店が入りました。まだ 「改オクタ」 慣れしておらず、つい販売機でおしるこを買ってしまいましたが、花子は手作り甘酒を飲んでるし。う〜そっちにすれば良かった〜 でも結局そっちもいただきました。ヤバイ今日もデブまっしぐらです。その後、女子国ちょろっと滑って、うめでんに直行いたしました。メニューは相変わらずカレーそばです。そして常連さん達にも久しぶりにお会いしました。相変わらず皆元気だ。1時間ほどのランチタイムの後、一行はぶなへと向いました。

これまた久しぶりのぶな。というかコブ斜面。鹿沢にはこーゆーコブ無いのよね。去年までどーやって滑ってたんだっけ?なんかすっかり忘れてるよ。
続いて男国にも行ってみました。今日は比較的滑り易かったかな?そしてそのまま花豆ジェラートへ直行。やっぱり何時食べても旨い。寒くても旨い。おかげさまで身体の芯から冷えました。しばらくストーブの前に居ましたが、このままでは動けなくなりそうなので、時間を決めて出動いたしました。ラストはエキ下部を繰り返し滑りました。

いつの間にか、ライトが点きはじめました。今夜はナイターレースもあるようですね。ちょっと見てみたい気もしましたが、そろそろお宿に戻らなければ・・・ということで、ひとり寂しく下山いたしました。
これから埼玉より、サーファー軍団が子連れでやってきます。明日はスキーは初めてだという、小学4年生のインチキラクターを任命されてます。果たして滑れるようになるんだろうか?ちと不安ですが、頑張ってやってみます。そして大人たちはまた大宴会かな?

鹿沢スノーエリア 平成20年2月9日(土)〜11日(月) 
今週はトップシーズンの3連休。どこのスキー場も大変な混雑が予想されます。一番空いてるスキー場はどこか?と、色々と考えた挙句、やっぱりホームゲレンデの鹿沢しかないだろ。ということで、3日間ここに居座ることとなりました。

いつものとおり、前夜からの出発です。道路状況はスキー場入り口まで、ノーマル2駆でも可能なくらいラクラクの乾路でした。明日土曜日は下界でも雪という予報だが、そんな気配はまったくない満天の星空でした。
しかし、翌朝目覚めると怪しい雲に覆われてました。ほとんど雪が降らない晴天率の高い鹿沢ですが、ここは東京のお天気と一緒らしいです。都会の予報が雪と出たら間違いなくここでも雪みたいです。
連休初日にしては、車の入りがイマイチです。やっぱり下界も降ってるようで、皆さん到着が遅れているのかな?リフト運行開始時刻の8時でも、まだ並んでいるのは私たちだけって感じでした。もちろん先頭でライトゲレンデへまっしぐらです。寒い時はカメラが凍ってしまうので、なかなか朝一のライトゲレンデをお見せできなくて残念ですが、とにかく綺麗にピステンの入った最高の練習バーンです。人を避けずに思いっきりカッ飛べるところってあんまり無いよね。朝一の2〜3本ならどこのスキー場でも可能かも知れないけど、今朝の鹿沢は2時間ほど大回りが可能な状況でした。駐車場をみると結構埋まってきてますが、なんでここのバーンは空いてるんだろう。あら、ちょっと人が出てきたかな?って感じる頃は決まっていつも10時です。
人が気になりはじめたら無理はできないので、ここらでトイレ休憩を兼ね、小回り用の板に履き替えです。

10時半、問題の小回り練習の開始です。相変わらず最初からはまらない。中斜面ではなんとなく出来ても、急斜面になると、身体が遅れて爆走(><) しかしながら、ちょっとだけ進歩を感じれるところは、爆走しながらも何とか元に戻そうと、手段を考えられるようになったこと。結果ゴール前の2ターンだけ成功。というパターンが多い。最初からやってよって、いつも言われるんだけど、それが出来ないから悩んでるんじゃ。そして悩みながら2時間たっぷりと小回って参りました。こんなに滑っているのにどうして上手くいかないんだろう?考えれば考えるほど難しくなってく気がします。
そして午後は不整地の練習です。昨夜から雪が降ってくれちゃったおかげで、不整地はあちこちに用意されてます。わざわざキタナイところを探して滑る。先週からすっかり定番メニューとなってしまいました。怖さのあまり身体が引ける、そして回る。困ったちゃんです。足を揃えて、外向をキープして、思いっきりズリ落ちる。解ってはいるんだけど・・・あとは勇気だしていくしかないみたいです。

3連休初日からハイペースで滑ってしまいました。とにかく空いてるのでストレスがまったく無い。岩鞍から比べると、コースは少ないし、レストランは2つしかないし、遠いし、極寒だし、愚痴を言ったらキリ無くありそうだけど、そんなところだから鼻血出るまで滑れちゃうんだよね。
翌日は連休中日ということで、ローカルな鹿沢でも混むことは覚悟していました。さすがに駐車場は朝早くから続々と車が入ってきます。最初の1時間が勝負ということで、とっとと準備してポールポジションキープに向いました。昨日だけで10〜15cm位積もったのかな?ちょっと柔らかめの最高に滑り易い状況です。しかしこんな気持ちいいバーンって感じるところが落とし穴。雪がいいだけに板の角づけだけで、綺麗にまわってくれちゃうのよん。ついついやること忘れちゃってダメな子ちゃんになってしまいます。もっとズラさなくっちゃ。今日のテーマはベンディング的な動き。できるだけ板を雪面から離さないように努力しました。それから早めの外向姿勢。まだまだ注意する点は山あほどあるんだけど、欲をかくとみんな失敗に終わるので、1本につき、1つの課題で滑りました。
さすがに9時半になるとゲレンデが混んできたのを感じました。ライトゲレンデノンストップはそろそろ危険と判断し、ここらでビデオをまわしての練習に切り替えました。撮影をしながらだとライトゲレンデが2分割されるので、スピードも自然と抑えられる。自爆ならいいけど、相手がいると大変ですからね。と言いながら、自爆はそれぞれ派手にやってました。私の自爆演技はリフト下の新雪でした。ギャラリーの居る中、超みっともなかった(><; いい調子で小まわっていたら突然板が突き刺さり転倒。コケた瞬間に、ヒザが思いっきりねじくれちゃいました。数年前岩鞍でやった捻挫を思い出させた瞬間でした。ちょっと力の入らないイヤーな感じでしたが、その後は普通に滑れたので、重症ではないようでホッとしました。
今日は予想どおり混んでます。ピーク時でリフト待ちは5人といったところでしょうか。他のスキー場では考えられない状況です。私的にはこれで混んでるの?と若干信じられないところもありましたが、常連さんが言うのだから間違いなく混んでるんでしょう。トップシーズンの連休ということで、今日の鹿沢はいつもと違う雰囲気がありました。ゲレンデには多色使いの花柄ウェアー、細くて長〜い板、チビッコの多さ。まだまだスキーをやる人は沢山残っているんだなって思いました。

そして午後は久々のテレマーク。今回で4回目のチャレンジなのでYSEチックな動きにも随分慣れてきました。でも急斜面はまだまだ怖いです。
とりあえずは今日は混んでたということで、ビデオの画像もいっぱい貯まりました。夜の宴会はポータブル再生機での鑑賞会。スローで見ると自分の悪いところがはっきり解っていい勉強になる。これで明日からの課題が明確になってきました。でも直すところが沢山あり過ぎて困ってしまいます。
そして最終日。3日間のうち今日が一番いい天気です。朝一からメンバー4人で整備の行き届いたライトゲレンデを幅いっぱい使って大回りしました。昨夜の反省を思い出し、早めの外向、ベンディング的切り替え、ターン後半で外足を送る、こんな一連の動作を心がけて滑りました。雪がいいのでついズラすのを忘れてしまいます。いかんいかん。などと、考えながら滑っていると、時間経つのがメチャクチャ早い。お、そろそろ人が気になりはじめたかな?って思ったらやっぱり時刻は10時でした。いつの間にか2時間十分にカッ飛んだってこと?あんな綺麗だったバーンは、随分溝ができてしまいました。ほとんど私たち4人で掘ってしまったって感じかな?
こうなってしまっては、大回りは危険なので、小回りへとチェンジです。
小回りの注意点は、大回りとほとんど一緒。今日もたくさん練習したんだけど、結局納得できずに終わってしまいました。そしてここらでお昼です。
昨日はメチャ混みしていたレストランも今日は随分空きました。いつもカレーそばライスだったけど、たまには違うものにトライしてみましょう。と今回はもつ煮定食にいたしました。ここのもつ煮なかなかイケテます。また今日も食べすぎです。早く消化させないとデブ間違い無しなので、午後はいつものことですが、不整地廻りです。
今日は不整地でもビデオ撮影いたしました。身体がクルンクルンまわっちゃって失敗だらけでした。まずは両足をピッタリ揃えることから始まり、ストックを前に突き出し、意地でも外向を崩さずに滑れ!との指導でした。
3日目の午後ということで、全身お疲れのはずなのに、なんでこの場に及んでこんなとこ滑ってるんだろう・・・
でもおかげさまで、昨日まで完走できなかったモーグル的コブ斜面も、あたふたしながらも制覇することができました。いやいや随分滑りましたよ。こんなに滑ったんだから、少しは上手くなってもらわなくちゃ困るんだけど、自分的にはまだ実感が無いってところが哀しい。
時刻は3時半になりました。まだ中島みゆきの歌声が聞こえるまでには1時間ほどありますが、帰路の渋滞を予想して、ちょっと早目にあがることにいたしました。帰りの準備ってメンドクサイし、寂しいね。3日間も滑ったのにまだ足りないような気さえします。

なわけで、激混みを覚悟のスキーでしたが、あまりにも空いてた鹿沢に感謝いたします。そして来週、再来週は1ヶ月ぶりに岩鞍へと出没いたします。随分雪も増えたんでしょうね。久しぶりに皆さんとお会いできることをとっても楽しみにしていま〜す。

鹿沢スノーエリア 平成20年2月3日(日) 雪
最近、滑るの忙しくって写真撮ってるスキがない。というか、のんびり写真撮ってると置いていかれる。今日は雪ということもあってゲレンデの写真がありません。ちょっと寂しいのでスキーとは全然関係ないけど、しょこたんプロデュース「スカシカシパン」載せときます。名前の通り「透かし菓子パン」って感じで、軽くて美味いです。

昨夜から降り始めたのかな? 爆睡してたのでまったく気が付きませんでしたが、朝には10〜15cmの雪が積もってました。いつも硬めの鹿沢のバーンも今日はフカフカです。最近硬め対応型の練習をしていたので、柔らかい方が難しくなってます。でも今日は、上越対応型の練習ができそうです。ちょっと視界が悪いのが気になりますけど。
ところで、今日は日曜日なのにメチャメチャ空いてますよ。下界も雪、高速の通行止めっていうことも影響あったのでしょう。おかげさまで今日も朝から大回りし放題です。
うわ〜気持ちい〜って、はしゃぎまくるところではありますが、上部の方は20cmほどの新雪です。はっきり言って私新雪は苦手です。急停止できないことが怖いんだよね。怖さのあまりについ内倒してしまい、結果エッジに乗ってスピードが上がる。悪循環です。こんな時ほど下向いていかなきゃいけないんよ。落差を大きくとて、コースの幅一杯使って、脇を絞って、よっしゃーと気合入れてったら、みごとに止まれず、大転倒。朝っぱらからダメージ食らっちゃいました。でもめげずに滑ったよ。バーンの状態は徐々に悪くなっていきますが、KKさんの熱血指導によって、ちょっと楽しくなっていきました。いつの間にか2時間経過。
休憩を兼ねて、板を履き替えに一度下まで下りました。そしてまたお昼まで小回りの練習です。もうその頃には、完璧な不整地となってまして、せっかく昨日いい感じになってきたのに、またまた上手くできずにくじけました(><; 
そして次に向ったのは、圧雪されてないとんでもないバーンです。こんな中どーやって小回りすんのよ?でも師匠はちゃんと小まわってる。しかも一定のリズムでね。ん〜課題がありすぎるぅ〜 でもこれを克服できれば整地なんてきっと簡単なんだろーな・・・とひたすら滑ったが、結果はBOO。

そして、その頃丁度お昼となり、そろそろ戻ってご飯にしようかと考えてたところに、TKYMの兄貴から電話が入りました。彼は昨日からクラブの行事とかで草津へ行っているはずなんですが、聞くところによると今鹿沢のセブンのところ走ってるとのこと。どうやらあまりにもつまんないから抜け出して来ちゃったらしいです。そんなわけで、午後からは3人で滑ることになりました。

こっちはもう新雪腹いっぱい食って、お疲れモードなんですが、兄貴はもちろん元気いっぱいです。しかも兄貴は不整地好きなんです。スタートするなり、さっき悩んでいた凸凹バーンに再び連れて来られてしまいました。すると兄貴は「え、ここでおおまわり!?」なんて危険な発言。そーいわれちゃやらないわけにはいかないと、KKさんが燃えた。見るからにヤバそう。ねぇここって昨日はカリンカリンのコブ斜面じゃなかったっけ?

そんなわけで、後半はキタナイバーンばかり連れていかれました。とても気持ちいいスキーとは言えなかったけど、ヤリガイのある修行ではありましたね。いろんなこと沢山教えてもらい、自分なりに「あ、今のターン良かった。」ってはっきり解るような場面も時折ありました。。一度でもそんないい感覚があると、一層欲が出てきますね。次は何とかこのいいターンを続けて行きたいって思っちゃいます。今日、現在の自分の滑りを、そのまんま来週まで持ち越せたらどんなに楽だろう。でも知らない間に誰かがこっそりとリセットボタン押しちゃうんだよね。まぁこれがウィークエンドスキーヤーの辛いところでもあります。

鹿沢スノーエリア 平成20年2月2日(土) 晴れ
今回は送迎お宿付きのとってもVIPなスキーです。こうなったのも前回のスキーでプチサロン「デリカ」が鹿沢の寒さに耐えられなくなりJAFのお世話になったことから始まりました。車が入院ということで送迎付き、車が無いと寝床も無いということでお宿付き。しかもそのお宿は、一度は泊まってみたいと思ってた休暇村です。鹿沢では一番豪華な施設と言ってもいいでしょう。土曜日の宿泊はかなり前から予約しないと無理らしい。しかしラッキーにも直前にキャンセルが出たようです。そして贅沢にも1.5泊で1名様2万円コースです。でもそれだけの価値はありましたよ。荷物を運ぶ為のじゃがたん号、きゃべたん号が用意されてて、しかもお部屋までのポーター付き。そしてお部屋は5名はラクラク泊まれるほどの大きさです←
最上階で眺めは最高→ 到着時には暖房全開。24時間(途中でお掃除の時間帯がありますが)入浴可能。布団の上げ下げ。連泊なのにお部屋の掃除。朝夕豪華なバイキング(デブまっしぐら〜になっちゃいますけど・・・) 高級ホテル並のサービスで、私的には文句なしでした。鹿沢に泊まるなら迷わず休暇村をお勧めいたします。でもなかなか予約取れないんだよなぁ・・・

前夜からとってもイイ気分で翌朝はとってもイイ天気です。さあ今日も頑張って滑るぞ〜

技選が終わったせいか、今朝のゲレンデは空いてます。ライトゲレンデ貸切状態で思いっきり大回りし放題です。
人が居ないってだけで、こんなにもスピードが出せるのか、最近たまに思うけど、結構ヤバイ速度になってる気がする。でもそれに負けたらアウト、強気で行くっきゃないよね。只今恐怖心との戦いです。
今日はお天気がいいので、久しぶりにビデオ撮影しながら練習しました。見慣れてきたせいか少しずつ違和感が無くなってきました。効率のよいガラガラリフトのおかげで誰かが止めてくれないとキリ無く滑っちゃいますね。2時間程RCで大回りを練習して、その後はお昼までプログレッサーで小回りです。相変わらずうまくはまらないなぁ。かえって180cmの板の方がスムーズに動きます。
悩んでいるうちに、次のメニューは不整地急斜面です。今時珍しいシングルリフトに乗って頂上へ向いました。
いやいや凄い荒地です。ここで慣れておけば多少の凸凹も気にならなくなりそうですよ。でも怖〜い(><;
そんなわけで、今日も一日たっぷり滑って参りました。

いつもならこれからお風呂行って買出しして、夜の宴会ってところですが、今日も休暇村にお泊りです。今回のスキーはなんてったってこれが一番の楽しみでした。夕食のバイキング。2時間半食べ放題です。品数豊富で、しかもオープンキッチンで、アツアツの天ぷら、焼きたてのステーキまで食べられます。KKさんはステーキ3枚ペロリ。私はおしるこ3杯ペロリ。マジヤバイです。この2日できっと3kgは増量してることでしょう。噂どおりの豪華メニューでした。これじゃまた来たくなること間違い無しです。
満腹ほろ酔いになってお部屋に戻ると、すっかりおねむの態勢が整ってました。まずは布団にダイビング。時刻はまだ7時半です。この後も一度お風呂に入って、昼間撮ったビデオ見て、板のエッジ砥いで、飲み直し。とやりたいことたくさんあります。なのに・・・気付いた時には24時でした。うぁ〜やっちゃったよ。
せっかくの休暇村の夜が台無しに・・・こんな時間に目覚めちゃったら、もう眠れないよ。と思いつつも、次の意識回復は目覚ましの音によるものでした。正真正銘の休暇村でした。

昨夜はあんなに食ったのに、しかも寝てただけなのに、なんでこんなに腹へるの? そしてまたお楽しみの食べ放題です。朝から食べたいものありすぎです。まだまだこの場に座っていたい気分ではありましたが、あんまりのんびりもしてられない。今日も一生懸命練習しなければ・・・

ということで、お名残おしゅうございますが、7時45分にお宿を出発いたしました。今朝の鹿沢は大雪です。予報では下界も雪だとか。