丸沼高原スキー場 平成19年9月29日(土)曇り 30日(雨)
9月29日(土)
今週も行きましたプラスノーIN丸沼。9月30日にてなんと19日目となりました。まさかこんなにも行くとは思わなかったけど、これだけ続けられたのも、ご一緒して頂いた、よこてぃ、魚沼さん、塾長、KKさん、TKYMさん、YSEさん、FSちゃん、その他にも沢山の方々との楽しいひとときがあったからこそ、成し遂げられたことと、皆さんに感謝しております。

そして今回も前夜からの丸沼入りです。生憎の曇り空で満天の星は見ることができませんでしたが、いい夢は見させて頂きました。素敵な彼と新幹線に乗ってる夢^^。二人はいったい何処へ行ったんだろう?そんな夢も結末を見ないまま翌朝目が覚めました、窓からチラッと外をみてみると雲の隙間から青空が見えていました。昨日は真夏のように暑かったけど、外へ出てみるとあまりの寒さに驚き!です。高原の冬は早いんですね。もう少しで雪が降るってこともこれならちっとも不思議ではない。

しかし今朝は車の数が少ないなぁ。この雰囲気では今日は空いてるかもしれません。
丁度朝ごはんを食べ終わった頃、よこてぃが到着いたしました。それから久しぶりに腰ふり王子のFJMTさんも登場です。なわけで、本日は4名、よこてぃのポールポジションにて、リフトの営業が開始されました。

それでは今日の1本目、まずは何を気にして滑りますか?と自分に問い掛けたところ、ポジションを低く、足首緊張、右腕上げて、背筋はシャキーン、上に抜くな、ターンは急ぐな、身体を回すな、外向しっかり、あとはなんだっけ、まだたくさんあるんだよなぁ・・・1本400mの間にこれだけのことを気にして滑るって非常に難しいよ。長年スキーをしてきたけど、マジに今、初心者に戻った気分です。でも私、初心者ではないので、一度で全てに気を使って滑りたい。いや、気を使って滑っているようじゃまだまだ甘い。早く自然に全てのことができるようになりたいんです。

しかし現実は・・・
トホホ・・・泣きたくなっちゃいます。と言うか泣いちゃいました。
でも1本1本滑るたびに指摘してくれる熱血KK先生の優しさに、早く答えられるよう、頑張らなきゃいけないよね。苦しいけど、それ以上に滑ってることが楽しいんで、絶対GIVE UPはしませんよ!

なんか、今回の日記は自己中になってますね。訪れて頂いた方々にはつまらなくて申し訳ないけど、これも日記ということで、ご勘弁くださいまし。

遅くなりましたが、本日のゲレンデ状況は、一言「空いてました」 リフト待ちのストレスは一切無し。暑くもなく、寒くもなく快適なプラスノー日和な一日でした。でももう半袖では寒いですよ。

そして今夜も車中にお泊りなんで、いつものように花咲くの湯へ行ってきました。なんとここにて花豆ジェラート発見。お祭り広場のにはちょっと負けるけど、美味かった。
さっぱりすっきりして、丸沼駐車場に戻ると、どうやら雨が降ってたみたいだ。でも丁度やんでくれてたので、お外での宴会ができました。今夜のつまみは、チゲ鍋と長崎ちゃんぽん。もうここではあったかい鍋がいいねぇ。セブンの冷凍もんだけど、メチャ旨でした。でもきっとお家で一人で食べたら、こんなに感激は無いんだろうな・・・
ビールとあったかお鍋で、随分身体が暖まりました。冷えないうちにそろそろ寝ましょ。

9月30日(日)
一瞬ぐっすり寝た気がしたが、雨の音で目が覚めました。なんだか激しく降ってますよ。朝には止んでくれるといいんだけど・・・と、思いつつ、またいつの間にか寝ちゃってました。再び目覚めるとあらもう5時半です。どうやら雨は止んでいるようですが、丸沼はスッポリと濃い霧の中です。最近お天気悪いなぁ・・・やっぱり晴れてた方がいいですね。
そして8時にはよこてぃもご出勤です。

2日続けてのポールポジションによこてぃご満悦^^朝一のクリアなバーンへ元気よく飛び出していきました。私は相変わらずゆっくりゆっくり。そして初っ端からKKレッスンは開始されてました。「ん〜、上に抜けてる、テールが軽い、上体立てて、足首締めて。」ひぇ〜もうこんなに忘れてるんかよ〜(><; 昨日あんなに言われたのに、だめでちゅねぇこんなんじゃ。でもKKさん曰く 「いいねぇ、直すところがいっぱいあって」 いいのやら悪いのやら、よく解らんけど、まだまだ進歩があるってことだ。と前向きに考えることにしよう。

今日の重点課題は、ターン後半気持ち良〜くローテーションしないように、切り替えのとき気持ち良〜く内倒しないように、ということで、まずは「外向」 これってスキーの基本ですよね。カービング板の普及にて、ちょっと疎かにされてたかもしれません。そしてもう一つ、ポジションの修正。これまではずっと前へ前へと教わってきました。斜面に対して垂直に立てるようにとね。ところがKK先生は重力に対して垂直。確かにこの方が、踏ん張れるのかなぁ。もちろん全て後ろじゃまずいんだろうけど、私にとっては新たな感覚でした。そっくり返って滑ってるような気がするが、ビデオに撮って確認すると、まったく違和感はない。「うわ〜なんだよこの格好、絶対変だよ!」って思った時のほうが、むしろ良かったりする。自分の感覚と実際の見え方のギャップにガーーン!。どうやら今まで沢山の勘違いをしてきたようです。また原点に戻って組建て直しですね。震度8にも負けないような頑丈な基礎作りをしなきゃいけないね。

と、いうことで、このサマーゲレンデに通い続けたことで、2007〜2008シーズンへ向けての心構えというか、方向というか、今やらなきゃいけないこととかが、はっきり解ってきました。このプラスノーでの経験が、今シーズンのスキーにどれだけ影響するのか?1ヵ月後に迫ったシーズンインが今から非常に楽しみです。

さて、いよいよ来週はサマーゲレンデ最終回です。今のところお天気も良さそうなので、最後にしっかりとおさらいをして締めくくりたいと思っております。

丸沼高原スキー場 平成19年9月22日晴れ 23日雨 24日雨&霧 
3連休第2弾は、3泊3日のサマーゲレンデです。枕が変わると眠れない私ですが、車中のフリース枕にも随分慣れてきました。今回も金曜の夜から出動です。まずはイオンで食料調達。そして根利の途中で「赤城の地下水」をペットボトルにつめ、丸沼到着は24時頃でした。既に2〜3台の車が停まってました。いや、泊まってました。今夜の丸沼も晴天で相変わらず星がギザ綺麗でしたよ。と、言ってる間に睡魔に襲われ失神。気付けばあっという間に翌朝となっていました。
今朝もいいお天気です。車中泊って、なんだかキャンプしてるみたいで、楽しいのよね。早朝6時から朝食の準備を開始。今朝のメニューは、スパサラ、コーンスープ、白いロールパンにヨーグルト。高原の朝にベストマッチングです^^ 
そんな爽やかな朝を満喫してるのも束の間、駐車場には続々と車が入ってきます。新たな愛称 『カチカチ王子』 (何故カチカチ王子になったのか、疑問だったらメールください。)こと、よこてぃも到着いたしました。
そして今朝もポールポジションGETです。誰もいないゲレンデはカッ飛びたい気分になりますが、気合入れると失敗するので、まずはゆっくり丁寧に!を心がけてね。

今回は中4日ですが、既に忘れていることがいっぱいあります。スクールなら儲かるからいいんだろうけど、KKレッスンは無料奉仕なんで、同じこと何回も言わせているようじゃ申し訳ないッス。しかし、全ての注意点を意識して滑ることってすんごく難しいんです。
滑るたびに、「あ!あれ忘れた、これ忘れた」の繰り返し。ビデオ見るたびに幻滅してます。でも上達するにはそんな現実も受け止めなければいけません。教える側にとっては、さぞイライラしてることとは思うけど、精一杯頑張るから許してね m(_ _)m 
上手くなるには、みんなこんなこと経験してるのかなぁ?今までこんなにも沢山のことを考えて滑ったことは無かったけど、ここから先へステップアップするには、今までのように滑っていたんじゃ駄目だってことなんですね。KKさんと出会って増々深みにハマッテいく自分を感じました。とりあえず目指せテクとでも言っちゃおうかな。
ということで、3連休の初日は、お天気も良く、激混みも無く、でも滑りはイマイチ。なんだか何時になっても納得することは無いような気さえしますが、日に日に楽しくなっていることに間違いはありません。

そして今夜も車中泊。お決まりの花咲の湯で汗を流し、ランタン(電池だけど)灯してのお夕食。テントは無いけど、高原キャンプの夜を満喫いたしました。もう丸沼の夜は寒いです。
9月23日(日) 雨

昨夜は星がでていたのに、今朝目覚めれば雨です。先週に引き続き、今日も早朝貸切ゲレンデの日なのに生憎です
。これでは集まる人も少なくなってしまいそうです。
予定では、サブローさんのレッスン班も参加のわけでしたが、この雨では皆さん考えてしまいますよね。結果11〜12名くらいでした。ちょっと割高になってしまいましたが、その分沢山滑れたので良しといたしましょう。
しかしひどい雨です。よく滑ってくれるのはいいんだけど、この状態で一日滑るのは勘弁してって感じです。
そして貸切の2時間が終わる頃には、沢山の人がリフト前に並びました。朝練参加者は、次々と帰っていきます。
もちろん私たちも、今日一日滑る気はまったくありません。悩むことなく退散です。
よこてぃはさっさとお帰り支度。フランス帰りの時差ぼけの中、この朝練の為にだけに来たYSEさんも「もう十分です」とか言って帰ってしまいました。
残された2人はさてどうしましょう?ここに居てもしょうがないし、かといって雨じゃ山登りもできないし・・・考え抜いた結果はドライブです。行き先は近いところで日光。数年前に川ちゃんが連れてってくれた時以来です。こんな雨だから、観光地も空いてるんだろうな?と思いきや、恐るべし日光。何処の名所も、駐車場は満車状態です。一応、戦場ヶ原のおみやげやさんと、竜頭の滝を車中からちらっと眺め、途中でラーメンを食し、霧降高原、大笹牧場で牛乳飲んで帰ってきました。
相変わらず丸沼も大雨です。時刻は3時半ですがまだたくさんの人がいますねぇ。いつもならこれから温泉行って、コンビにで食料買って、野外居酒屋するんですが、この雨じゃそれも無理です。でもね、今日はちょっとリッチにお宿の予約をしてありました。宿泊はゲレンデサイドの「シャレー丸沼」です。もう数え切れないほど丸沼には来てますが、ちゃんとしたお泊りするのは初めてです。今日のシャレー丸沼は、以外にもスキー客がほとんど居ませんでした。みんな登山組みたいです。なんだか温泉旅行に来たって感じ。年齢層ちと高めでしたが、とっても落ち着いた宿でした。そしてまたまたお食事が豪華です。これ食べきれないかな?って思ったけどみごと完食。地酒「白根葵」も美味しかったです。(川場産だったけど)
夕食が済んだ頃にはすっかりほろ酔い気分で、お部屋に帰ってからの宴会はありませんでした。まだ時刻は9時だけど、2日間のスキー疲れ、というより単なる寝不足にて、お布団に入った途端に身体がピクッと動きました。今夜は早々におやすみなさい。

9月24日(月)
翌朝目が覚めた時はまだ薄暗かった。しかも雨の音がまだしてる。金曜日の朝見た予報では、週末の雨マークなんてなかったのになぁ・・・窓の外を眺めてみるとどうやらガスまで発生しているようです。早く晴れてくれないかなぁ〜、せめて霧だけでも・・・と願いながら、朝の座禅温泉に浸かりスッキリ目を覚ましました。そしてすぐに朝食。シャレーの朝食はバイキングです。バイキングって私的には嬉しい、好きなもの好きなだけ食べられるもん。でも毎日がバイキングだったら、栄養偏るだろうなぁ・・・って今でも十分栄養偏ってる気がしますけど。一人暮らしだと、つい好きなものばかり食べちゃうんですよね。最近のMyブームは納豆です。まぁお菓子にハマルよりはまだマシかな!
そんなバイキングな中、みなさんのテーブルを見てみると、お昼のお弁当が用意されてます。ここシャレーには登山パックがあるようで、ほとんどのテーブルに乗ってます。ついでにリフト券付スキーパックもつくってくれればいいのにぃ〜。しかしこんな生憎なお天気なのに日光白根へアタックする人はいるのでしょうか?まあ、登山客から見ればスキーヤーの方がよっぽど変に見えるかもしれませんけどね。それはお互い様ってことで。
そして3日目の朝は、シャレー丸沼の前でエッジのお手入れをし、そろそろみんなが集合する頃を見計らって、センターハウス前へ移動いたしました。あら、よこてぃ早いじゃん。もう到着してます。いつの間にかTKYMさんも来てたようです。今日は4名でのスタートとなりました。しかし一向に霧が晴れません。予報では3時過ぎから快復ということなんで、もうあきらめるしかなさそうです。こんな真っ白な状態じゃ、ビデオ撮影もできません。今日はひたすら霧の中を滑り続けました。予報どおり3時からは晴れ間が見えてきました。

短いようで、やっぱり短かったサマーゲレンデも、あと2週を残すのみとなりました。この調子だと最後まで通うことになりそうです。

丸沼高原スキー場 平成19年9月17日(月) 晴れ 
本日は敬老の日ということで、世間では3連休の最終日。私はホントはお仕事だったのですが、ラッキーにも急遽お休みとなりました。お休みが決まったのが午前8時。「今からなら間に合う!」と丸沼行きを決断。とりあえずよこてぃへTELしてみると、彼もまだお家にいたようで、一緒に行くことになりました。大間々10時集合にて、現地にはお昼前に到着しました。連休最後ということで、今日のねらい目は午後。そしてねらいは的中。丁度お昼ってこともあって、ゲレンデはガラガラでした。そんな中、相変わらず滑りまくっているTKYMさんと、KKさん発見。早速準備して合流。
いつものようにビデオ撮影しながらの練習開始です。

と、この日記を書いてる今は、もう9月24日。内容は半分忘れていますが、覚えているのは、本日派手に転倒したこと。内足ターンの練習中、左アウトエッジに乗りすぎてそのままスライディング。運悪く指が身体の下敷きとなった。一瞬爪がはがれたのかと思ったが、私の爪は頑丈だったようで、ちゃんとくっついていました。しかし、痛い!どうやら突き指をしたようだ。このプラスノーでは、指を痛める人多いみたいですよ。私の知り合いも2名やってます。まだ手首じゃなくてよかった。まだ右手じゃなくてよかった。でも親指じゃなきゃよかった。怪我してみてわかったけど、親指ってたとえ左手でも、日常生活のうえでは重要な役割を示していることに気付いた。まず最初に不自由を感じたのは、パンツを上げられない。。続いてタオルが絞れない。お菓子の袋が破れない。幸いにも指は動くので骨には異常なさそうだ。しかし、スポーツには怪我は付き物と言いますが、できれば怪我は避けたい。それには、それなりの装備というものが必需なんだなぁとつくづく思った本日でした。

丸沼高原スキー場 平成19年9月16日(日) 晴れ 
ちょっと飲みすぎたかな?と思ったけどお目覚めは以外にもスッキリ。今朝は超早起きです。まぁお家へ帰っていたらもっと早起きしなきゃならなかったけどね。

今朝はFSちゃんが前々から企画していた、サマーゲレンデ早朝貸切の第一日目。朝6:45より8:45までの2時間を常連さんだけで貸切ちゃいましょう。という試みです。この3連休は昨年メチャクチャ混んだそうで、とても気持ち良く滑れる状態じゃない。そんなら多少お金出しても空いてるところで滑りたい。そう思って彼女がスキー場と交渉してくれてこの企画が持ち上がったわけです。私達も同感なんで喜んで参加いたします。とこちらのメンバーはよこてぃとTKYMさんも加わり4名となりました。
早朝から集まったのは、いつも見かける顔ぶれ14名。もう少し増やしたかったんだけど、皆さん早起きは苦手なようで、なかなか人数集まりません。でもあのゲレンデに14名だけって、かなり気持ちいいですよ。絶対邪魔されること無く、一気に滑り降りることができるんです。そして朝露で適度に水気があり、滑る滑る。2時間で何本滑れたんだろう?もうこれだけでも十分って感じでした。
ここのところ、混むといってもそれほどでもなかったので、今朝の早朝貸切は意味ないかな?とちょっとは疑っていましたが、貸切タイムの終わる頃には既に20〜30人位の人がリフト前に並んでました。FSちゃんの読みは正解です。たぶん今シーズン一番の混み様でしょう。まぁ初滑りの時と比べたら可愛いもんかもしれませんが、サマーゲレンデのリフトは1人乗りですからぁ・・・
そして2時間の貸切コースを滑った後、ちょっと休憩。でもあまりに混んでるので、少し様子見てから1日券買おうって思ってました。しかし一向に空く気配はありません。むしろ人は増える一方です。本日ご一緒のKKさん、TKYMさん、よこてぃも徐々にテンションが下がっていきます。さっきまで一緒に滑っていた人たちも次々とお帰り支度。私もこの時点ですでに滑る気が失せてしまいました。よこてぃも気持ちは固まったようで、早々に撤収準備にかかり始めてます。撤収するのもいいけど、それにはまだ時間が早いよね。このまま帰るのはなんかもったいなかったので。何となく口に出した「じゃあ、天空の足湯か!」と、呟いた途端。即同意してくれたのがKKさんでした。しかし、その話がTKYMさんに伝わる頃には、足湯の先にそびえ立つ日光白根に目が向けられていました。
おいおいマジかよ!!話が決まると行動も早い。早速登山の準備です。幸か不幸か私も運動靴は持っている。私的には足湯だけで十分だったのに、思いがけなく、心の準備も無く、初の登山が決行されることになってしまいました。まさかこの場でこんなことになるとは、「予想外」でした。

まずは、センターハウスで1日券ではなく、ゴンドラ往復券(¥1800)を買う。フロントのお姉さんも不思議な顔してました。そして雪の無いゴンドラ乗り場へ。もうサマーゲレンデは13回目になるが、ゴンドラ乗り場へ来たのは初めてです。ちょっと見ない間に乗り場付近にはお土産やさんとかできてて様変わりしてました。なんだかとっても新鮮な気分ですよ。そーいえば夏のゴンドラも初体験だ。
そして山頂駅に到着。後に控える日光白根。丸沼側から見ると、結構険しい山に見える。あんなところホントに登るのかよ!今までに何度も見てきたお山でしたが、いざ登るとなると、ある程度の覚悟が必要だ。でもここまで来てしまったからにはやるっきゃない。ラッキーにも私はリュックを持っていなかったので、手ぶらで登山です^^

それでは、初登山開始。最初はなだらかなハイキングコースって感じでスタートいたしました。なんだ見た目よりたいしたことないじゃん。と最初の30分は余裕でした。ところが突然急な上り坂。しかも階段。これは結構ツライです。スキーの疲れなんて疲れのうちに入らないって感じでした。慣れないことでしんどかったけど、周りを見るとおばさん達が頑張ってるじゃありませんか。
そーゆー私もすっかりおばさんですが、人には負けたくない精神で頑張りました。山頂は2578m。やったー!無事に到着しましたよ。山頂では岩鞍のゲレンデがコースマップのように見え、反対側は男体山と中禅寺湖。登山の楽しみはここにあるのか。と思った瞬間でした。だって途中は辛いことばかりだもんね。きっと高い山へ登るほど、その感激は大きくなるんでしょう。辛そうだけど、富士山登ってみたくなりました。しかしせっかくここまで来たのに、登山したら、下山です。行きはヨイヨイ帰りは怖い。とはこのことか!下りはよく滑ってくれるので大変苦労いたしました。注意しながら降りてたのですが途中で足を滑らせ転倒。受身がよかったらしく無傷で済んだので一安心。その後はより慎重に下りました。
そんなわけで、往復4時間ほどのコースでしたが、初心者の私には丁度よかったかなって感じの日光白根でした。私のペースに合わせて面倒見てくれたTKYMさん、KKさん、ありがとうございました。

そして仕上げは、去年からずっと気になっていた「天空の足湯」です。ここはご家族連れで結構賑わっています。天空2000mのソフトクリームも美味しかったです。
いつも滑ってばかりだったので、こんな丸沼の楽しみ方もあったとは思ってもみませんでした。時刻は午後4時になりますが、今日は最後までお天気も良く、絶好の登山日和だったということで、サマーゲレンデが混んでたことに、逆に感謝です。お疲れ様でした。

丸沼高原スキー場 平成19年9月15日(土) 晴れ 
こう毎週だと、日記がなかなか追いついていかないなぁ。
でも頑張って書きましょう。今週は3連休です。私的には2連休なんですが、世間では秋の行楽シーズン第一発目ということで、各地で激混みが予想されます。

初日の土曜日は相棒のよこてぃがお休みなので、単独出勤となりました。まあ現地では他にも相棒がいてくれるので、というか、相棒ができたので、今回は前夜から丸沼入りしてみました。夜中着の場合、お好きな所に駐車できるので、ゲレンデに一番近いベストポジションをキープいたしました。もう夜も遅いので、到着するなりさっさとお休みです。夜の丸沼は結構寒い。今日は羽毛布団と厚めの毛布を用意しました。これなら万全でしょう。の結果、汗だくでした。
暑くて目が覚めたのは5時半。まだ起きるには早すぎる。もう一眠りと思ったが眠れませんでした。それでは朝ご飯の用意でもしますか。朝っぱらからのカップ味噌ラーメンが何気に旨かった。

さて、今日ものんびりとお仕度をして、柔軟体操をして、9時のオープンを待ちました。今朝は随分空いてます。土曜日だから、みんな出足が遅いのかな?確か先週の土曜日もガラガラだったよなぁ。レッスン組みも今のところ2〜3組でしょうか?このまま増えなきゃいいけど・・・。
それではこちらもレッスン開始。毎回いろんなメニューを用意してくれるKKさん。ホントに感謝です。おかげさまでいろんなトレーニング方法覚えました。
今回の重点課題は 『重心移動』 です。プラスノーで谷側に飛び込むのは非常に怖い。雪の上ならどんなに気が楽かって思います。でも先シーズンは雪の上でも怖かったのを覚えています。ここで出来るようになれば、もう怖いもの無しですかねぇ。KKさん曰く、「多少血を流すくらいの覚悟でやらないと」 って言いますが、血は流したくないし・・・ だけど恐る恐るじゃ、いつになっても出来そうにありません。勇気を出して、何度かやってるとたまーにいい感じーな時があります。そんな時は今までに無い、新しい感覚が味わえます。でもまだ持続性が無いのが残念です。
今回もビデオにて確認修正を繰り返しながら練習をしました。最近ちょっと進歩したことは、画像を見て自分で解説できるようになったこと。まだ足りないことは、どうしたら悪いところをすぐに修正できるかってこと。

とまぁ、マジな話はこれくらいにして、最近セブンでとろろ蕎麦を見かけなくなった。あれって季節ものなのかなぁ?サマーゲレンデでは定番化してたので、なくなってしまうと何を食べればいいのか非常に悩む。おにぎりは別として、暖めなくても美味しいものを探すのは結構大変です。結果スパサラくらいしかない。ということで今日のお昼は魚沼さん御用達のあのシリーズに決定しました。ランチタイムは毎回決まって奥から2番目のパラソルの下。いつもなら4〜5人はいるんだけど、今日は気付くと二人きりだった。その後も誰も現われず、結局最後までKKさん独占しちゃいました。丸一日のプライベートレッスン(高い請求がきそうだなぁ)のおかげで、かなり調子あがりましたぁ^^このまま形状記憶できますように・・・

そして今夜も車中泊。板のお手入れを済ませ、今回も花咲の湯へ行きました。帰りがけに今夜のおつまみと明日のご飯を調達。今日も無いなぁ、とろろ蕎麦。そして駐車場に戻ると、数台の車がまだ残っていました。というかたぶんみんな車中泊組でしょう。よーく眠れるように、ちょっとハイペースで飲んでしまいました。翌朝起きると、記憶が飛んでるところが1箇所だけありました。そして2日目は・・・・・・・つづく

丸沼高原スキー場 平成19年9月9日(日)  晴れのち曇り
初の車中泊は、寝たような寝ないような、微妙なお目覚め。時計を見ると5時半でした。今日も朝陽が眩しく、いいお天気になりそうです。そして真っ青な空に白いうろこ雲。入道雲は美味しそうだけど、うろこ雲ってよくみると気持ち悪いね。

目覚めにゲレンデをちょっとお散歩。誰も居ないイエローコースをながめてきました。もうちょっとでここも真っ白になるんだなぁ。なんて思いながら・・・駐車場に戻ると、少しずつ車が増えてきてます。結構早くから来てる人いるんですね。そして私たちは、朝食の準備。今朝のメニューは昨夜コンビニで仕入れた、スパサラとヨーグルト。それからあったかいコーヒー&味噌汁。なんともヘルシーです。朝からこんなにのんびりしたのは久しぶりです。
8時をまわると、車の台数も急激に増えてきます。このぶんだと昨日よりははるかに混みそうです。
そして8時半、よこてぃが左手に箸を持って登場しました。今日は来れないはずの彼ですが、予定をバックレちゃったようです。そりゃスキーの方が楽しいもんね。それとも昨日のゴルフの鬱憤晴らしかな^^;

彼が準備をしている間、私たちは休憩所にて柔軟体操をしてました。いやびっくり!KKさんの身体の柔らかさ。おすもうさんの股割りです。元々カラダは硬かったんだけど、毎日少しずつやってたら、柔らかくなったという。でもあれは並の努力じゃないよな。みんなしっかり身体作ってるんですね。私も何かしなきゃやばいlよなぁ・・・
そして、YSEさんも早々に登場。今日もリフト乗り場前でストレッチを開始してました。お、今日はよこてぃにポールポジション譲ったようです。9時5分前にゲートが開きました。なんか今日はレーサーの姿が多く見うけられます。やっぱり今日は混みそうだ。でもリュージュが先週にて終了してくれたので、幾分マシかもしれません。

では今日もレッスンを始めましょう。なんてすっかりスクール気分になっちゃってますが、KKさんには毎回強制的に指導員させちゃって申し訳ないよねぇ・・・?彼優しいから決してイヤとは言わないけど、自分の練習できないじゃん。と、ちょっと恐縮してますが、ま、いいか。今回もまた思いっきり甘えちゃいましょ^^
しかし、なんで昨日できたことが、また同じように出来ないんだろう?KKさん曰く「スキーは一晩寝ると忘れちゃうんだよ。じゃないと、スクール儲からないからね。」と慰めのお言葉。そんなもんかと思いながらも悔しい。でも最初から比べると幾分まともにはなってきてるのかな?ビデオ見ても少しずつ違和感がなくなってきました。ただ見慣れただけかもしれないけどね・・・

9月に入って、このゲレンデも増々レベルが上がってきています。マジに現在の丸沼は 『下手な人でも上手い』 という恐るべき状況です。そんな中でもめげずにひたすら練習。今日のメイン課題は、ストックワーク。私的に、左手は前に出るのですが、反面右手が下がってしまう。なんともアンバランスだ。ここにてKK流の矯正が始まった。苦手の右手は突かなくていいから、視野に入るところにずっとキープして滑りなさい!凄く不恰好な形で滑ってる気がしてならないが、ビデオで確認するとそれで普通です。ちょっと驚きました。左右対称ってほんとに難しいんですね。ん〜課題が沢山あるなぁ・・・ でもまとめて考えると、練習は少しオーバーなくらいに動かないと意味無いようだ。
あまりにも夢中で練習しちゃった為、今回は写真を撮ることすら忘れてました。

さて次週は3連休です。(私は2連休ですが) 去年はここらへんがピークだったようで、30分近くのリフト待ちがあったようだ。今年はどうなんだろう?まぁ混んでたって、とりあえず行くことは間違い無い。日曜日には早朝貸切もあることだし、次もまた車中泊かな?

丸沼高原スキー場 平成19年9月8日(土)  晴れ
さてさて今週も恒例の丸沼高原です。今日は相棒のよこてぃが、生意気にもゴルフコンペだとか言ってお休みです。そして明日も試験があるらしい。2日間一人で日帰りは難儀なので、こんな時期にしかたぶん出来そうにない、車中泊というものにトライすることに決めました。単独での車中泊は寂しいものがあるが、現地にはすでに金曜の夜からの泊まり組みがいるようだ。まぁ知ってる人が誰か居てくれれば安心です。

そして当日の朝、5時半に出発。いつもより30分早めに出ました。ゲレンデは9時オープンなので、早すぎるのは解ってますが、話によると昨日の台風9号にて金精峠が通行止めらしい。こりゃ根利もヤバイかな?と思ってね。
すると、途中で通行止めの掲示板出没。運良く、下田沢の信号から先が通行止めでした。おかげで根利へ入る車がたくさんありました。みんな迂回路に回っちゃったので、みずぐちやから先は、前を行く車も無くとっても順調でした。雨はとっくに止んでるのに、根利の路面はWET。丸沼までの道路でも、所々から水があふれ出ていました。相当沢山の雨がふったようだ。

金精峠が通行止めということで、丸沼までは前後の車がほとんどありません。30分余裕をみて出発した結果、1時間早く現着です。もちろんセンターハウス前もまだガラガラです。到着するなり、前夜から現地入りしているKKさんと合流いたしました。
時間も早いので、モーニングコーヒーなぞ飲みながら、ゆっくりとお仕度。普通なら続々と車が入ってくるはずなんですが、今日はマジ少ないです。金精峠の通行止めは、かなりの影響があるみたいです。KKさんもいつもなら日光経由なんですが、事前チェックをしっかりしていたので、最初っから沼田経由で来たようだ。たぶん足止めを食らった人たくさん居たのではないでしょうか。

そして今日は、もう1名加わりました。土曜日はあまり来れないというYSEさんです。なんと前夜からふっとぼけて丸沼入りしていたようです。宿泊なのに、出動がやけに早い。今日のポールポジションも間違いなく彼のものでしょう。そして私も2番手KEEP。
そして、台風一過の秋晴れの中、今日もレッスン開始。前回と同じく「ゆっくり丁寧に」ね。

空いてるのは最初の2〜3本のはずなんですが、今日は5本、6本滑っても、まだリフトは混みません。そのうちピーク時の10時半になってもまだガラガラ。一番混んだ時でもリフト待ちは2〜3分位だった。
今日無事に来れた人はラッキーですね。なんて思ってたところに、YSEさんから、塾長が来てるという情報が入りました。前回の台風の時以来のの再会です。今レストランで食事をしてるとのことなので、出て来るのを楽しみに待ちましょう。そしてもう1本滑ろうとリフトを降りたところで、これまた偶然にもコップさん発見。
もちろん塾長と一緒に来たんだろうと思っていたら、そうでもないらしい。金精通行止めの情報を察知し、「今日なら空いてる!」と狙って来たようだ。みなさん読みが深いですね。でも正解です。
丁度お昼頃だったのかなぁ?塾長が登場しました。どうやら突然休みが決まったようで、急遽出動してきたらしい。お二人のことはさんざ私が口説いたのに、いつもNG。でも何も言わなくても都合良ければ現われるんですね^^ ここにナンジェラ先生がいたら完璧だったんだけど。しかしこのお二人さん。午後のドリンクタイムがHEATし、生ビールのおかわりが止まりません。私たちは、午後の部があるので、お先に失礼いたしましたが、その後、塾長の姿をゲレンデで見つけることはできませんでした。撃沈(><)
結局今日は、最後の最後まで、土曜日とは思えない一日でした。

今日のおさらい。フォールライン方向に「ゆっくり」と立ち上がり、板が自然と回ってくるまでひたすら待つ。自分からは決して力を加えない。簡単なようで、一番難しい技だ。でもこれが出来ないと谷回りを長くとることは出来ません。何もしないでいる時って結構怖いのよ。雪の上だと気持ちいいので、つい早めに圧を加えたくなりますが、プラスノーでは、焦ると失敗は目に見えてます。そんな基本を練習するにはここはもってこいですね。今までいかに無視してきたかが、明らかにわかりました。これからのステップアップにはやっぱり基本が第一です。
ということで、今日もKK先生には大変お世話になっちゃいました。しかもアフタースキーでも。

今回私は、初の車中泊です。このまま泊まりだと思うと、とってもお気楽です。焦ることなくのんびりと板のお手入れをし、お空が真っ暗になった頃、汗を流しに温泉へ。岩鞍の帰りにはまず寄ることのない「花咲の湯」へ行ってみました。武尊から川場へと続く道路の右側。暗闇の中に突如として現われた巨大な施設。私的に初体験だったのでちょっと驚きでした。こんな時間に、こんな山奥に、こんなに人が集まってるなんて、予想外でした。入浴料も¥500とお手頃価格。運良く今日は空いてるらしく、露天風呂は貸切でした^^
さーて、心身共にスッキリしたところで、本日のお夕飯。「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」ってことで、一度食堂には入ったものの、やっぱり風呂あがりの一杯は欠かせない。ということでここではグッと我慢をし、途中のセブンで夕食とビールを調達。宴会場は丸沼Pということに決定です。

駐車場に戻ると、もう数台の車しか残ってません。今ある車は間違いなく車中泊組だ。でもみんな早寝なのかなぁ?
異常なまでに静かです。そっか、今日は金精閉鎖なんで、車も全く通らないんだ。車中泊の常連さん、KKさんが言ってたけど、こんなに静かな夜は今までに無い。とのこと。空を見上げれば天の川が見えるほどの満天の星空。いや〜ろまんちっくな夜ですわ〜。そんな静けさは全く無視し、私たちの宴会は始まりました。宴会のメンツはと言いますと、たった二人。寂しいといえば寂しいですが、今夜はスキー談議に華麗なる花が咲きました。500mmビール缶2本、720mmワイン1本、フォアローゼスロックで2杯。鍋焼きうどんとさばの塩焼きを食し、11時30分、心地よい夢の中へと吸い込まれていきましたとさ。

丸沼高原スキー場 平成19年9月1日(土)  曇り時々晴れ  9月2日(日) 曇り&霧
早いもんで、もう9月。あと2ヵ月ちょっとでシーズンインです。しかし私はまだ今シーズンが終わってません。相変わらず通い続けてますよ、SUMMER IN 丸沼に。これじゃシー券買ったほうが明らかに安かったよなぁ。まさかこんなに行くとは思ってなかったからしょうがないか。ということで今回で8日目です。

冬が近づくに連れて混みはじめるというサマーゲレンデ。先週からちょっと混んできたので、今日はそれなりに覚悟して行きました。8時半頃丸沼到着。予想外にも駐車場はまだガラガラでした。すると今回から、登山者は上の大駐車場、スキーヤーはセンターハウス前と目的別に分けたようだ。どうりで空いてるわけだ。でもそーしてくれると助かります。スキーヤーは荷物多いからね。
車を降りるなり、早速KKさんの姿を発見。「今日もよろしくお願いします」と朝のご挨拶。そしてちょっと横を見ると、なんと、F本さんがいるじゃありませんか!続々とツワモノどもが現われますね。

今日はリフト稼動前に着いたんだけど、YSEさんが居なかったので、ポールポジションは取れませんでした。でも10番目くらいだったかな?先週は9時前に随分長い列が出来たのに今日は少ないなぁ・・・このまま増えなけりゃいいんだけど、そうはいきませんよね。ま、最初の2本位は気持ち良くカッ飛べるでしょう。F本さんも交え4人でのスタートとなりました。今日の丸沼は秋風が爽やかな気持ちのいいお天気です。なんか下界は雨降ってるとか言ってましたけど・・・
9時をまわると、続々とレッスン組が登場してきました。今日はなんとよっちさんが居ますよ←。ここにはこんな有名デモも来るんですね。それから湯殿山から遥々お越しのさぶろうさんの姿も見えました↓ ちょっとミーハーぶりを発揮して 「とりあえず」 と記念写真^^

そして私たちも、ビデオ撮影つきのレッスン開始です。サマーゲレンデの利点は、常に同じ状況で滑れることと、ごまかしが利かないので、正しい運動が出来ていなければ、一目瞭然ってとこかな。ここで正しく動けるようになれば、雪上でもかなりの期待は持てそうです。とは言うものの、プラスノーで上手く滑るのは難儀です。ちょっとサボればテールが大きくズレる。ナンジェラ先生も言ってたように、ここでは早めに捕らえないと、その後は修正不可能みたいです。

レッスン内容は、今回もベストポジションKEEPを重点に。まずは山足を谷足にクロスしての横滑り。まぁ前回よりは早めに乗れるようになったかな?ということで少しは進歩があったようだ。 しかしまだまだ気持ち良く滑れない。なかなか上手くいかない自分に腹が立つよぉ〜。それからここのゲレンデには、デモだのクラウンだの正指だのと上手い人が居すぎるから、余計自分が未熟に感じます。
ま、あの人達も、最初はヘタッピだったんだよね。コツコツと練習を積み重ねるしか手はありませんね!

あら、そんなことしてる間にもうお昼ですよ。なんか今日って空いてない?リフト待ちはいつもの半分以下です。夏休みが終わったからかなぁ?でも今日は土曜日ですよ。まだ学校は始まっていないはずなのに・・・そーいえばリュージュのお客さんがほとんど居ません。スキーヤーの数も、少ないみたい。いつもこれくらい空いてればいいのになぁ。午後になっても、混む気配は無し。お昼の時間を遅らせてもあんまり意味が無かった。

そして今日もやっぱりラストまで滑って参りました。滑ったあとはちゃっかりと板のお手入れ。これで明日もバッチリです。時刻は5時半。今夜は一人で車中泊するというKKさんも一緒に「しゃくなげの湯」に寄りました。女性「檜」男性「石」でした。ついでにここで夕食。これも最近定番ですが、ボリューム満点の「しゃくなげ定食」これを完食して、本日の予定を無事に終了。これから丸沼へ戻るKKさんですが、なんと相棒のTKYMさんが今丸沼へ向かっているとの連絡。彼、腰の具合は大丈夫なのかしら?でもよかったね一人じゃなくて。
帰りの根利ではまたまた鹿に遭遇。最近毎回会うね。
9月2日(日)

今日は単独出勤です。KKさんからモーニングメールが届きましたが、ちゃんと一人で起きれましたよ。6時20分にお家を出発。今日は昨日よりお天気悪そうです。赤城越えしてるときにも所々霧雨が降ってました。

8時40分頃、丸沼到着。今日も駐車場は空いてます。早速KKさんとTKYMさんを発見。彼らはすでに準備万端です。そしていつも優しい彼は、今日も私の板担いでってくれました。「ヤバイ、グッときた」って篠原涼子流。
そして今日も、リフトが動くのを待ち構えて、朝一のクリアなバーンを頂きました。
ホントならカッ飛びたいところだけど、今日は 「ゆっくり丁寧に」 と心に決めていました。やっぱり焦っちゃ駄目ですね。ゆっくり動けないのに、早く動けるはずがない。2日目ということで、滑り出しの調子はまずまずです。そして相変わらず上部の緩斜面では板を交差して地道にポジションを確認。KKさんの指導によりそれに少しバリエーションを加えて、クロスした板のトップを上げ下げする練習をしました。これによって重心移動の練習にもなる。トップを下げると谷足が徐々にフラットになり、これがエッジを外すコツ。それと同時に、切り替えの抜け出る方向も確認することができます。一石四鳥の大変お得な練習方法です。でも微妙な調節が実に難しい。インエッジに乗りすぎると倒れます。いや倒れました。痛恨の初コケ。運悪くスプリンクラーのど真ん中。一瞬でびしょ濡れました。
ここから、写真が無くなっちゃいます。今日は写真撮ってる間もなく練習した。というかホントは霧が濃くって景色が見えなかっただけ。従って今日のビデオ撮影も、ほんの少しだけとなってしまいました。でもKKさんが滑るごとに毎回アドバイスをくれたので、その都度反省ができ、とっても解り易かった。他にも垂直飛び180度にて、飛び出す角度のとストックを突く位置の確認。あとはなにやったっけかなぁ?まぁ大切なのは、その練習によってどういう効果が得られるかってことを、よーく理解してないと、やってる意味ないってことですね。そして後半は、板が体から離れたところを回ってる。ような気がしてきました。おっといかん、調子付いちゃうと、またターンが早い。ポジションを低くし、ストックはやや広めに構え、目線を一定に、できるだけ上下動を少なくして切り替える。ターンはあくまでゆっくりと深めにね。今日は随分たくさんの課題を与えられた。次回も今日の教訓を忘れぬよう、ひとつひとつ確認して滑るようにいたしましょう。今が雪の無い時期でかえってよかった。これが圧雪バーンなんかだったら、ついうっかりストレート内倒して気持ち良くなってしまいそうだもん。なんだか今回は、自己中な日記となってしまいました。意味不明な文章もあったこことは思いますが、自分ではそれなりに理解してるので、ご了承くださいませ。

ということで、昨日よりは少し混んでたけど、内容的にはとても充実した一日となりました。最後まで霧が晴れなかったことだけが悔やまれます。こうして日記を書いてると、増々滑りたい意欲に刈られてきます。来週ももちろん土日で出勤いたします。この際、初の車中泊なんか、してみちゃおっかなぁ〜と考え中です。