ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成19年3月31日(土) 薄曇りのち雪
巷では、世界水泳の真っ最中。元水泳部の私にはこれも見逃せない番組のひとつ。しかし世界の記録って凄いなぁ。私が25m泳ぐ間に奴らは50m泳いでしまうのだ!そして今桜も見頃を迎えています。例年よりはちょっとだけ早いような気がするが、超暖冬と言われたわりには遅かったようですね。薗原湖あたりの桜はまだ随分先(咲き)みたい。

さて、本日のスキーですが、いつもの相棒よこてぃは、只今転勤という忙しい時期にあり、テク検を予定しておりましたが、今回は残念ながらお預けとなりました。ここ3年埼玉在住だったけど、この転勤により実家の前橋に戻れるようです。これでスキー場も少し近くなりましたね^^
ということで、今日はひとりで行く覚悟でいましたが、昨夜、ラッキーにもハンケツ王子様から連絡がありました。
そして今朝の待ち合わせは大間々ではなく、水沼役場。ハンケツ王子様ひとりだけかと思っていましたが、他に2人も王子様がいました。最初の王子は7年間のブランクはありましたが、元オガサカチーム員&クラウン&正指という素晴らしい履歴の持ち主。続いて2人目の王子は、スキーは40日ぶりという大ちゃん。こんなメンバーでの出発となりました。エルグランドの最後部座席にてゆったりバス旅行気分です。
現地は薄雲リ、時折陽がさしています。夕方からは雨の予報ですが、暖かくなるのかな?ちょっと迷ったけど合羽を選択いたしました。ではゲレンデへ向いましょう。
まずはゴンドラにて一気に頂上へ。女子国からのスタートとなりました。本日ブラウンさんからの課題は、内足始動の外足加重。何だか最近練習内容が高度になってきたなぁ・・・内足始動を意識し過ぎると、外足への加重が遅れる。やっと外足に乗れたと思いきや、すぐに切り替えろ。とやってるうちに何が何だかわからなくなってきます。でも20回に1度くらい、いい感じで切り替えられた時もありました。これだ!ともう一回やろうとしても、出来ん。
いや〜クラウンへの道のりは遥か彼方ですわ。
そしてゲレンデでは、ナイターレースの決勝が行なわれる模様。ファイナルには私の知り合いも4〜5人出場しているようです。出場者はファミリーコースでやるものとばかり思っていたようですが、いきなりチャンピオンということで、「予想外!!」とみんなビビリまくってました。
今朝はコンビニ寄るの忘れて朝飯抜き。そろそろ燃料補給をしないとパワーが出ないようで、11時ちょっと過ぎにうめでんへ。ブラウンさんは到着するなり生中のご注文。一杯目がまだ残っているのに2杯目を注文。ちょっとおしゃべりしている間に3杯目を注文。気がつけば4杯目を飲んでました。そんなにチャージしちゃったら重すぎて燃費悪くなるんじゃない?ま、この癖の無いブラウンさんだったら、今頃ここには居ないだろうけどね。

ゆっくりと休憩をとり、午後は西山へと移動しました。朝の感じではお天気良くなりそうでしたが、逆。何だか雲行き怪しくなってきましたよ。みずならコースに降り立った時には小雪が舞っていました。そして見る見るうちに本格的な雪ですよぉ。
薄着の私は寒くて絶えられない。ブラウンさんもサングラスじゃ前が見えない。一行は一度車に戻って身支度整え直すことになりました。そして表に戻ってくると、あら、寒くないじゃない。雪も大したことない。ここなら着替えは無用みたいです。着替える時間ももったいないので、その後はずっと沢コースとエキスパ上下滑ってました。今日はエキ下部のリフトが動いてないのよ。従ってここが一番綺麗なバーンと言える。でも滑りたかったら上から来いってことで、エキ下部に魅了された私たちは、調子付いて40馬力3本滑ってしまいました。でも意外に滑り易かったよ。もちろん下部は最高でした。こんなところでそろそろ皆さんお疲れのご様子。時間を見れば、もうすぐリフトも終了じゃないですか。では最後にチャンピオン滑ってお終いにしましょう。その頃、下の方では雨が混じってきました。さすがにこの時期になると、夕方になっても雪にはならないようです。では本日もお疲れ様でした。慣れない練習した為か、足がメチャクチャ重いです。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成19年3月25日(日) 雨のち曇り 
今日は写真が一枚もありません。遂にカメラが逝っちゃったみたい。さみしいので昨日の写真引用いたします。

今朝は予報どおりの雨。出発前から結構降ってます。しかしよこてぃと私には、「止めようか」の言葉はない。そんなことより「合羽持ってきた?」と雨でも滑る気満々である。もしかしたら山頂は雪?という期待は少しあったけど、それもどうやら無理らしい。根利もみごとにずっと雨です。現着してもやっぱり雨です。こんな生憎なお天気なので、岩鞍もかなり空いてます。ちょっと気が重いが、まあ5〜6本滑れば気が済むだろうと、濡れるの覚悟で出かけました。乗るのはもちろんゴンドラ。雨のリフトほど嫌なものは無いもんね。
そして山頂に着くと、ここでも雨。もう今日は諦めたほうがいいな。とまずは久しぶりにミルキーから滑り始めました。水気のある雪はかなりスベリます。なかなかいい按配なバーンですよ。しかし水曜日のクローズドスタンス強制練習がたたってか、まだ足が重たい。凄くデブになったような感じ。自分でも動きが鈍いのがわかります。そして2本目もまたまたミルキー。そーいえばそろそろ40馬力さんチームが来る頃かな?と、電話をしてみた。どーせ出ないだろうと思ってたけど、なんと出た。スキーの時は持ってないはずなんだが・・・案の定、「今日は雨だから中止にした」って言うじゃない。なんだよ来てないのかぁ・・・それから少しして、今度は私の携帯が鳴った。W辺くんである。「どお、そっちは雨?」とお窺いの電話だ。今お家でどうしようか考え中だそうだ。まあ彼のことだから来るでしょう。
そしてミルキーの後は、女子国尾根。今日はどこを滑ってもほとんど貸しきり。こんな日に滑ってる奴は激馬鹿だよね。そろそろ10時になるが雨は未だに止む気配は無い。しかし合羽の偉力は凄いねぇ。まったく不快感がないよ。普通のウェアーならとっくにびしょ濡れだろう。ところがよこてぃはかなり不快なようだ。彼の合羽は外側より、内側の方が濡れてるみたいです。おまけに頭は風呂上り状態。雨なのか汗なのか、わけわからん。これだけ汗かけば痩せるわけだ。と言ってもまだ重いですけどね。
10時半の時点で、ゴンドラ4本、チャンピオンリフト1本.乗りました。本日はもうこれで十分です。早々ですが、うめでんへ雨宿り避難いたしました。かなりの水分を放出してしまったのか、よこてぃが珍しくビール飲もう。なんて言いだしました。彼も今日は諦めたようですね。この後はゆっくりお昼休憩して、早めにあがり帰りがけに温泉にでも浸かっていくか!ってことになりました。二人してまったりしていると、そこへ国井さんから電話が入りました。彼は昨日たんばらで検定員の試験があり、昨夜から岩鞍入りしていたはずです。朝方、モーニングコールしたんだけど起きないようなので放っといたが、どうやら今目覚めたらしい。こんな時間になっても来ないんだからもう帰ったんだろう。って思ってたけど、彼もやっぱり激馬鹿なんだよね。これから来るってさ。じゃあしょーがない予定変更して午後も少しだけ滑りますか。と、ふと外を見ると、雨やんでるじゃないですかぁ・・・そしてまたまたメールが届きました。「只今第一駐車場到着」 なんとW辺くんである。さすが元祖激馬鹿。午後からお天気は回復するだろうと見込んでやってきたらしい。予報はみごと的中ってわけだね。

まったりモードももはやここまで。これだけメンバー揃っちゃうと今日も最終リフトまでかな?私的には先週というか水曜日の疲れがまだ残っていたので、これくらいで丁度いいなって思ってたのに・・・でも外に出てみると、雨はすっかり止み、青空さえものぞいてる。やっぱり滑りたくなっちゃいますね。最初は女子国尾根から滑りはじめました。何本か滑ったらもう足が言うこと利かない。しかしこの場に及んで国井さんはぶなへ行こうと言い出した。さすがの私もそれだけは勘弁してと、そのまま表側に下りました。その後、よこてぃと国井さんの行動はわかりませんが、事後報告によると、二人してすごく調子が良かったそうだ。
一方私は、女沢をヘロヘロしながら降り、そのままうめでんへ戻ろうとしましたが、ひとりでいてもつまんないので、ちんたら滑っていました。そこで運良く埼玉組と遭遇。彼らは整地を滑っているようなので、早速こちらに合流し、チャンピオンを3〜4本滑りました。そろそろ西山へ消えた二人も戻って来るでしょう。
結局最終リフトまで居ちゃいましたねぇ。よこてぃ、国井組とは無事に花豆ジェラートにて再会できました。今朝の天気が嘘のように、空は真っ青になりました。今日は午後スタートが正解だったようです。40馬力チームも来ればよかったのに〜^^

最後におまけ。疲れ果てておうちに帰ると、ある感動が待っていました。昨日念願の金メダルを手にしたたミキティーがエキシビジョンにて華麗なる演技をしていた。しかも絢香の生歌つきですぞ。彼女達同じ年の同じ日に生まれたって知ってます?I believe は不調に悩むミキティーに絢香がプレゼントした曲。この曲でミキティーは再起したんですね。♪I believe my self 信じることで全てが始まる気がするの♪信じあった二人嬉しかっただろうなぁ〜。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成19年3月24日(土) 晴れのち曇り 
スキーシーズンも後半になり、あと少ししか滑れないと思うと、出来る限り沢山滑りたくなる。今朝も早出の5時半集合。昨日まではお泊り組で花子とかおるんも来る予定でしたが2人ともドタキャン。結局よこてぃとツーショットでの出発となりました。早速朝飯調達の為、ローソンへ。ツナマヨネーズおにぎり、まだ飽きません。

スイスイ進んで7時ちょっとに到着。あら?駐車場無料になったんじゃないの?前回は祝日だから無料だったそうだ。そして滑り出しは7時40分。朝一のゲレンデはほんとに空いてて気分的には気持ちいい。でも最初の一本はビビルので技術的には気持ち良くない。女子国2本、続いてチャンピオン。それからエキ下部へ。
来週はよこてぃのお受験なので、エキ下部にて最終チェック。気になるところがあったら言って。というので、下からよこてぃの滑りを見てました。そんな時、私の目の前をW辺くんが通り過ぎようとしていた。私の目より、彼の目の方が確かなので、すかさず呼び止めた。ちょっとだけ見てもらうつもりだったんだけど、そこから一緒になって滑り始めてしまいました。W辺くんも次週はお受験らしい。もしかしたらコソ練しに来たんだったのかなぁ?思いっきり邪魔しちゃったかも・・・ ま、いいか。そして3人して滑っていると、背後からいたずら小僧がやって来た。すっかり衣替えしちゃったんでまったく気がつきませんでしたよ。いつもの40馬力チームの登場です。もう春なんですね。千葉かおりさんもさすがにダウンは脱ぎましたよ。
朝のうちは晴れてましたが、だんだんとお天気は下り坂。しかしそのおかげで、バーンの状態は良いままキープされてました。多少緩い雪ですが、なかなか滑り安かったよ。検定はせめてこれくらいの状態であればいいよね。
そして今日も10時休み無しでお昼近くまで滑りました。いつものことですが、40馬力さんが、毎回課題をだしてくれるんですよ滑り始める前に。でもそれがなかなか楽しいのよ。ただ何となく滑るのではなく、安全にズラシながら大回り、とか、気合を入れて中回り、などなど・・・で、私が今回気に入った種目は「華麗なる小回り」です。 悪雪不整地の中でも、安定して綺麗に滑り降りるにはやっぱりクローズドスタンスを選択すべきですよね。カービング全盛期に育った私は、どうしてもオープンしてしまうので、なかなか足をそろえて滑るのは難しい。そんな時W辺くんからピンポイントアドバイス。膝をつけるイメージだとX脚になってしまうので、ブーツをつけるイメージで滑るといいよ。ということだ。早速お試ししてみると、おぉッいい感じ。自然と内足が使えてくるんですね。そーいえばちょっと前のレッスンで国井さんも言ってたっけなぁ。内足を外足に引き寄せるってね。スキーレッスンってさ、後になってから「そっかあれはこーゆーことだったのかぁ」と、かなりの時間差で納得することが多々ありますね。まったく早く気づけよ!な。ということで、午前中は4時間ほど滑り続けてしまいました。今日もなかなか言い出さなかったなぁ。「そろそろお昼にしようよ」って。でも楽しみながら滑っていると、時間を忘れてしまいますね。

そしてやっとお昼です。うめでんさんも随分空いてきましたねぇ。そろそろシーズン終了なのよね。あ、今日はぶなの皆さんもいますよ。相変わらず行動が早いなぁ、サクサクっと飲んで、サクサクって出かけていきました。一方私たちは・・・今日のメンバーからいくと、のん兵衛さんは居ないようだが、もう春ということで、珍しくてっちゃんも飲んでました。W辺くんはメシも食わずに飲んでました。私はメシをつまみに飲んでました。
お昼に飲んじゃうと、うめでんからゲレンデまでの数メートルの登りが非常にキツイです。今までたくさん休憩したはずなのに、またまた「ゴンドラ休憩」したくなります。まだ足元怪しいですが、一行は迷うことなくぶなの木へ向いました。食後の一本目もかなり疲れるなぁ。ハーハーしながらななかまどコースを降りました。
今日のぶなは、随分柔らかくなってきましたが、まだ所々氷が隠されています。そしてここでも課題はクローズド。コブの向こう側を削ってズラシながらのスピードコントロールを練習しました。W辺くんは簡単ラクチンにやってみせますがこれが結構難しいのよね。昔はこうやって滑っていたような気がするんだけど・・・どうやら最近ブームなバンク滑りにハマリすぎてたようだ。
3本ほどぶなを滑ったのは覚えているが、その後はどこへ行ったんだっけ?たぶん表に戻り女子国、チャンピオンあたりを滑ってたんだと思う。結局W辺くんにも最後までお付き合いしていただいちゃいました。
今日も目一杯滑ったなぁ。みんなで馬鹿なこと言いながらのスキーはほんとに楽しい。よこてぃ曰く『スキーは楽しみながら上手くなろう』 まったくその通りですね。やっぱり一般スキーヤーなんだから、楽しくなけりゃ駄目だ。時にはうまく出来ない自分にハラが立つこともありますが、数滑ってりゃ少しづつかもしれないけど、上達してるんだよね。
そして時刻は3時半。今日も最終まで遊んでしまいました。もちろん「ゆきんこ広場」までのフルコースでね。
話は変わりますが、今日の女子フィギュアスケート見ました?昨日5位と出遅れた真央ちゃんですが、大逆転の1位。メチャ感激した。、しかしそれ以上にミキティーが凄かった。彼女のノーミス演技には拍手喝采です。今頃うめでん社チョーも泣いてることだろう。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成19年3月21日(水) 晴れ  
今週月曜日より、岩鞍は春スキー営業となりました。駐車場は無料。そしてリフト料金は安くなったようだが、私たちにはあまり関係ない話。それからリフト運行開始時刻が1時間早まり7時からとなりました。早まるのはいいんだけど、終了時刻まで早まっちゃうなんて、そりゃないでしょ。まあ私が文句言ったところでどうなるわけでもないんだけど・・・
じゃあ、せっかく早くから動いてるんだから、少し早めに行きましょうか。ということで、いつもより30分早めの5時半集合となりました。朝の30分は昼間の1時間に相当する。ほんのちょっとの早起きですが結構厳しいです。いくら7時からやってるったって、7時にゲレンデに立つにはお家を4時半には出ないと間に合わない。しかしそんなに早くから滑ってる奴いるのかなぁ?
文句ついでに言っておきますが、今日たまたまゴンドラで一緒になった人なんですが、午後だけ滑ろうと思って来たのはいいけど、午後券は無いし、リフトは早く終わっちゃうし、って嘆いてました。ほんとに知らなかった人にはお気の毒ですよね。

一方ゲレンデでは、本日テク・クラ検定日ということで、顔見知りが続々とお受験するようです。よこてぃは明日は我が身と朝一から検定見学並びにサポートに出かけて行ってしまいました。取り残された私ですが、運良くすぐに40馬力ご一行様と遭遇できたので、またまた仲間入りさせていただいちゃいました。例の如くチャンピオンをカッ飛んでると、丁度検定がはじまりました。せっかくだからちょっと覗いていきましょう。
最初の種目は整地大回り。皆さん緊張しているせいか動きが硬い気がする。それから全体的に弧が小さい。中には中回りかな?とも思わせる人もいました。てッチャンがよく私に言うことは、もっと大きく回ろうよ。まったくそのとおり、自分では大きく回っているつもりでも、下から見ると意外に小さいんですね。ターンは焦らずゆっくりと。

しかし今日は絶好の検定日和です。第一にバーンがよく見える。第二に雪質が良い。第三に風が無い。こんないい状態でテク・クラ検定ってのも珍しいです。だいたいいつもはこの頃はグシャグシャ雪なんだけどね。今日は相当上手く滑らないと合格は厳しいだろうなぁ・・・
見学もいいが、こんな美味しいバーン滑らなきゃもったいない。一行は西山へと移動しました。
そういえば、今日はお久しぶりに、埼玉組のK口さんにお会いすることができました。彼はいつも水曜日にしか登場しないので、今シーズンは今日が初対面。相変わらず元気そうにはしていたけど、ちょっと前に足首痛めちゃったらしく、しばらくスキーお休みしていたらしい。怪我はしたくないけど、気をつけてたってやっちまうもんですよね。また怪我を恐れて腰が引けたらもっと危ないし・・・ま、こればっかりはしょうがないか。彼らとはちょっとだけしかご一緒できませんでしたが、またそのうち川越あたりで飲みましょう。

さて、西山でのご一行はと言いますと、相変わらずの無重力を求めて40馬力さんと、ノープライスさんは壁を滑りのぼって行きました。無重力は体験できたようだが、
その後、強めの重力を思いっきり頭で感じてたのは40馬力さん。ノープライスさんはノープロブレムでした。今日はいつもより1時間近く余計に滑っているので、そろそろお腹が空きました。時計を見ればお昼になるんじゃないですか!10時休みも取らずによく滑り続けましたねぇ。では、男国経由で下山しましょう。

時刻は丁度12時。うめでんは満席かと思いきや、そうでもない。もう一般客のスキーシーズン終わったのかな?
少し遅れてお受験組みが続々と戻って参りました。みんな疲れ果ててます。バイキンマンの眉は思いっきりプルークしてました。そんなんじゃ49点の滑りしかできないよ〜ん^^ ヨッパ団は帰って来るなり即乾杯してました。
そして、午後は1時半に出発。前回のメニューは不評だったので、今回はぶなを最初にもってきました。しかし満腹(カレーそば&カツ丼半分弱完食)すぎて身体が落ちて行かない。「タミフル」飲めば、気持ち良〜く落下することができるのかなぁ・・・ 皆さんも先週の疲れがまだ抜けてないようで、いまひとつ元気がないです。スキーも中2日じゃキツイようです。

1時間短くなった午後は、ほんとにあっという間です。ぶな2本滑ったら、もう3時ですよぉ〜。春はこれからまだまだ明るいのにもうお終いかよ!逆に春は1時間長く営業してもらいたいもんです。ということで、そろそろクールダウン。今日の最後はどこにします?あれほど疲れたってぶなでは言ってたくせに、この場に及んでまだ40馬力かい。夕方のここは特にハードなのわかってるくせに・・・って言いだしっぺは私だったかも。でもまだ柔らかく、足にはソフトな40馬力でした。さすがにもうごちそうさま。今日は早めに言ったよ、これで終わりにしようねって。どうせ最後はクロスコースなんだから、完走するだけの体力だけは残しておかないと。
結局今日もヒートアップしたまま、終了となりました。でも身体の中身はクールダウンしましたよ。帰る間際にお祭り広場の花豆ジェラートでね。やっぱ旨いわ。何回食べても飽きません。しかしこれだけではないのよ飽きないのは・・・駐車場に戻って着替えを済ませれば、これまた恒例のゆきんこ広場。お昼ご飯と花豆ジェラートが消化されていないままですが、野菜たっぷりの「つめっこ」も見逃すわけにはいかない。なんだか午後はずっとハラキツイままでした。あらら、外にでてみればもう駐車場には全く車が無い。みんな帰るの早いなぁ。まだこんなに明るいのにさ。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成19年3月17(土)〜18日(日) 雪 積雪170cm
皆さん、今朝のお目覚めはいかがですか?男性軍は早々寝ちゃってたようなので、さぞ気分爽快だと思いきや、そうでも無さそうですよ。国井さん、昨夜は「メシ食ったら俺はナイター行くから!」って張り切ってたはずなのに、部屋に戻って寝転がってたらそのまま朝まで眠り続けたようで、睡眠時間はなんと11時間。今朝の一言「長く寝りゃいいってもんじゃないよ、まだメシ食えね〜」と頭の中はまだ寝ているようだ。一方女性軍は元気ハツラツです。花子はまだ酔ってるのか今朝も鼻歌出てました。
今日もお外は雪です。でも昨日よりはちょっと暖ったかいかな?私と花子はせっかち派、元ップルはのんびり派。その中間がよこてぃって感じで、出動準備もそんな順番で整いました。
ここでは迷子になることもないので、みんなを待ってることなど絶対に無い。遅い奴はあとから来い。ということで、花子と私はとっととゲレンデへ出ていきました。昨日も滑ってるんだから足慣らしはどこでもいいだろう。とりあえずは一番近いリフトを乗り継いで、今日も女子国沢コースからスタートいたしました。すると早々に40馬力さんチームに会いました。今日はノープライスさんと千葉かおりさんが一緒です。早速5人して滑り始めました。こんないい状態なんだから10時休みが欲しくなるくらいバンバン滑りましょうということで、整地されたチャンAを何度もカッ飛び、エキ上下を攻め?、女子国尾根、男国超長大回り等々、彼ら流、岩鞍の楽しみ方に着いて回りました。ほんの1時間ちょっとなのに、マジ10時休みが欲しくなりました。
どお?←↓このお二人、結構イケてる?40馬力でのひとコマですが、なかなかよく撮れたでしょ。途中からよこてぃも追いつき総勢6人の集団になりました。ところで激遅元ップルはまだ出てこないのだろうか?あとで聞いたら出動は10時過ぎだったようだ。なんであんなに時間がかかるのか、私は未だに理解できない。

そして10時半にやっぱりちょっと休憩。さすがの40馬力さんも、これだけ滑ると集中力が無くなるそうだ。オクタ下部に入ると、ポツンとひとり凹奥様が座ってました。あら凸旦那は?と聞くと、「たぶんその辺滑ってると思うよ、ちょっとトイレ行ってくるってきたんだけど、そのまま、まったりしちゃってるの」と凹奥様は薄情でした。
しばしの間、集中力&体力チャージをして再び出動いたしました。どこを滑ったのかは忘れてしまいましたが、そろそろお昼にしましょうと言ってるところで、やっと元ップルに会いました。彼らはまだ滑っているようなので、私たちはお先にお昼休憩です。まだ朝飯が腹五分目くらい残っているので、ちょっと控え目に大盛りカレー半分っこしました。でもここの大盛りは2人前くらいあるような気がする。カレーそば1人前の方がヘルスィーだったかな?ま、いいか。

そして午後はゴンドラにて一気に頂上へ向いました。目指す先は西山。午後になると長く陽が当たっているのでこっちの方が暖かい。しかし今日は寒かった。とちの木、みずならを滑り、仕上げはぶな。しかしぶなが仕上げってのは
結構キツイもんがあるよなぁ〜。なんで午前にしないのかと言うと、午後になれば雪が緩んでくるからでしょ。今日はみたいに硬いぶななら、午前中のメニューに入れた方が良かったようだ。乳酸溜まった皆さんの足には過酷な仕打だったかもしれません。みんないっぱいいっぱいなはずなのに誰かが言い出すんだよな〜。「じゃ、表に戻ってリーゼンか!」ってね。いつもなら調子付いて行っちゃうんだけど、今日は人の顔見ずに、沢コースへまっしぐらでした。もうこの時間になるとこの沢コースでさえコブ斜面である。まあこの程度ならラクだが、今日の切り込み隊長はこの場に及んで「不整地大回り」ときた。まあ最後くらい頑張りましょう。なんだか久しぶりの足パンパンです。そろそろクールダウンしないとな。
しか〜し、最後に行ったコースが悪かったよエキスパ下部。話し合いの結果、クールダウンどころかまだヒートアップしそうなモーグルコース。完走はハンパじゃなく苦しかった。じゃ今度こそクールダウン。って思ったけど、その前にみんなダウンしてしまったようです。「ねえ、もうこれで終わりにしない?」ってよこてぃが切り出すと、ノープライスさん曰く、「早く誰か言ってくれないかな、って思ってたよ」ということで、ほんとに最後のクールダウンはロマンス脇のクロスコースとなりました。おいそれじゃまだダウン出来ないよぉ〜(@@)
結局のところ、今日は一日冷めずに終わったということでしょうか。というより燃え尽きたって感じですね。皆さん大変お疲れ様でした。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成19年3月17(土)〜18日(日) 雪 積雪170cm
日曜日は2度美味しい。昼間はスキー、夜は華麗なる一族。と、最近この話題が多くなっちゃってますが、日記を書く前にこのドラマ見ちゃってるので、どうしてもそっちの印象が強烈に残ってしまう。でも2度美味しいのも今日が最後。本日にて最終話90分スペシャルとなってしまいました。来週からはゆっくりお風呂入って、ゆっくりご飯食も食べて帰れますからね。ご一緒していた皆さん、帰路を急がせちゃってほんと申し訳なかったです。 m(_ _)m それから、このドラマ見ていなかった方にはまったくつまらない話題でごめんなさい。
しかし、あんな哀しい結末になるとは予想外でした。なんだか久しぶりにテレビ見て泣きました。人間、苦労に苦労を重ねても、尚もまた苦労をしなくてはならないのか?何も考えずにのほほ〜んとしている奴らの方がよっぽど幸せななのか?とさえ思ってしまいます。夢を見ずに過ごすのも寂しいが、夢が叶ったのに自分がそこに居ないのはもっと悲しい。今の日本を築き上げたのは、そんな哀しい人生を歩んだ人が居たからこそ出来上がったものかもしれない。と考えさせられるドラマであった。万表大介、やっと最後に優しい顔見せたね。
スキーとは関係ない話から始まってしまいましたが、今回はうめでんにお泊りスキーです。メンバーはよこて、国井さん、かおるん、花子、そして私の5名です。よこてい号に5名乗車しての根利越えです。

もう3月半ばですが、ここへ来てまさかと思うくらいの雪が降りました。先週の雪を見る限りでは、もう今シーズンは終わったなと言う感じだったので、まさに恵の雪です。
一度クローズとなったチャレンジコースも復活していましたよ。これでどうにか最終日までは持ちそうです。
うめでんに荷物を置き、それでは出発です。先週は薄茶色っぽかったゲレンデも今日は純白です。今シーズン中一番のコンディションと言っても過言ではない。
ゲレンデでは、早稲田の学生さん達による団体競技が行なわれていました。これも毎年よく続いてますね。大学生じゃ、ボードやる人の方が俄然多いのだろうが、まだまだスキーヤーもたくさん育っているんだね。今日が大会最終日ということで、今夜は恒例のビールかけでさぞかし盛り上がることでしょう。
今回のスキーは5人で来たんだけど、よこてぃは前々からのお約束で、某クラブの講習会に参加。ひと足お先にゲレンデへと出ていきました。続いてレディース3名も準備が整いました。問題は国井さん。相変わらずのスローモーである。こんなにいいコンディションなんだから、早く滑らなくちゃもったいないと、彼を置き去りにして出動しました。さあ今日はどこから滑り始めましょうか?
どこのバーンを見ても気持ち良さそうだ。いつもなら足慣らしにロマンスを1〜2本滑るところだが、今日はいきなり女子国沢からスタートいたしました。いや〜けっこう寒いです。寒いだけあって、雪質は最高なんですけどね。久しぶりに上手くなったような錯覚を起こしました。続いてチャンピオン。その頃ひとりで滑ってる40馬力さんを発見し合流しました。彼が一緒ならもう下へ行くことはないだろう。4人で何本か滑ってるところへ、やっと出て来た国井さん。寝不足なのか車酔いなのか、なんだか調子悪そうです。でも私的には久しぶりのいい雪で気分は上々。花子も気がつけば鼻歌唄っていました。今日は寒いので、マイカメラが絶不調。ゲレンデでの写真がお見せできなくて残念です。
そしてお昼休みは12時半。私たちが入って間もなく、ヨッパ団長がひとりで入ってきました。あら、さっきまでせーちゃんと一緒だったみたいだけど、彼はどうしたのかしら?どうやら子守りが待ってるようなので早々帰ったらしい。今日は飲み仲間がだ〜れも来てないので団長も寂しそうです。そんなところへやって来たのは、凸凹ご夫妻。これはナイスなタイミングです。私も久しぶりにヨッパチームに仲間入りしました。あ、そうそうここで皆さんにお願いです。凸凹ご夫妻の凸旦那。2〜3週間前から減量を始めたそうです。でもつい誘惑に負けてしまうので、もしお見かけしたら遠慮なくプレッシャーを与えて下さい。プレッシャーのかけ方は腹を見てご挨拶です。このおしりが少しでも小さくなることを祈ります。
午後の部は当然のことながらのん兵衛さんチームは置いていかれました。こちらは20分ほど遅れての出動です。しかしまだ雪が降り続いてますよ。なんか増す増す強くなってきました。こんなに雪降ったんだから、ぶなが面白いかなと思い行ってみれば、硬いの。すぐにやっつけられて退散。その時ぶなのメンバーさんから、どうしても夜間学級に参加するようにってお願いされちゃいました。そういえば私、夜間学級って参加したこと無いかも・・・いつも日帰りだし、泊まりの時は居候だし、この機会を逃したらまたしばらく無いみたいなので、今日は是非お邪魔いたしましょう。
寒さも増して参りましたが、何故か食べたくなったのは、お祭り広場の花豆ジェラート、¥350。これお勧めです。
ちょっと、あずきっぽいんだけど、あずきよりさっぱり目というか甘さ控え目というか、普通あれだけあると飽きるんだけど、これは1個ペロリ食べられちゃいます。こんな話を凸凹ご夫妻に話したら、即合意。減量作戦立てても、あまり意味がないような気さえするが、最後は花豆ジェラート食して解散となりました。
この寒いのにアイス食っちゃったもんだから、心底冷え切ってしまいました。他のみんなはまだ滑っているようだが、わたしはひとまず宿へ戻りました。少し暖まったら再起しようかとも思っていたけど、お部屋のヌクヌクさに負け、ついまったりしてしまいました。そんな中、突如奇声が聞こえました。ついに始まったようです、早稲田恒例のビールかけ。
今回はかなり辛そうです。この時期いつもなら雪降ってないもんなぁ。救急車騒ぎにならなきゃいいけど・・・。それからは次々とチームごとに大騒ぎの開始です。あっちこちから大声が聞こえてきます。窓から覗いてみると、まっぱで道路走り回ってますよ。学生ってすごいよな。とても私たちにはあんなこと真似出来ないよ。って思ったけど、よーく考えてみたら、同じのがいました。ハンケツ王子斎藤。っていうんだけどね^^

ということで、大騒ぎの真っ最中でしたが、そろそろお夕飯のお時間です。それにしてもみんな遅いなぁ・・・この寒いのによくもまあ滑ってること。「もうご飯だから帰っておいで〜」 なわけで、ゲレンデから着替えもせずにお夕飯でした。今晩のメニューはこれ。満腹です。

その後、食前に飲んだビールが効いたのか、花子がいい感じに出来上がりました。勢いがついたところで、夜間学級の教室ホワイトスクェアに乱入。約1時間半の授業はとてもおもしろかったです。特にAっちゃんのKっくんへの突っ込みはウケました。ということで、1日目は無事に終わりました。実はその後も食堂で飲んでたんだけどね^^

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成19年3月10(土)晴れのちくもり 
滑走27日目。今年は少ないなぁ〜というか去年が多すぎたんだけどね。まあこれも一般人から見れば驚異的な数字なのかもしれませんが、私の周りにはちょっとおかしな人しかいないんでね。相棒のよこてぃはもうすぐ40日に到達するようなこと言ってたなぁ。

今朝は2人だけでの出発です。いつも爆睡中の国井さんは東京からどなたかに便乗してくるとのこと。誰と一緒に来るのかはまだ不明です。そーいえば昨晩下界では雨が降っていたようだが、まさか岩鞍も雨?なことないよね。根利に入ってすぐに雪だと判明いたしました。なんだかとっても久しぶりの雪道ですよ。やっぱりこーじゃないとテンション上がらないですよね。
二人して、「おぉ〜雪だよ。すげー綺麗〜」と、3月にしてまるでシーズンインしたばかりのような会話。でも今日の山はマジ綺麗だった。降り始めは雨混じりだったのか、細かい枝にまで着雪してて、まるで満開の桜を見ているようでした。と、景色にばかり捕らわれてたらヤバイですよ。道路は・・・「凍ってるね!」
しか〜し、このおかげで練りはトロトロ渋滞。いつもより30分ほど遅れをとってしまいました。まあ無事に到着したのでこれも良しとしましょう。一方、別便で到着した国井さんですが、なんとレディース2人連れですよ!ということは彼もテンション上がってるのかな?そして早速お二人を紹介してくれました。某クラブ所属でホームは万座。「たまには違うところで違う人に教わって恋、じゃない来い。」という業務命令なんだそうで・・・
でも彼女らも熱いですよスキーに対して。何でも住まいは湘南。雪山までは遠いのに毎週のように通ってると言う。体力的にもコスト的にもそりゃ大変だ!やっぱり類は友を呼ぶ。馬鹿の周りには馬鹿しか集まらないようですね^^

そんなわけで、今日は最初ッからレッスンとつにゅ〜です。根利があれだけ白かったので、きっとゲレンデ状態はGOODですよ。と期待していたのですが、新雪はうわっつらの2〜3cmだけでした。これじゃ積雪量に変化はまったく無いようです。
それでは早速レッスン開始。まずは足慣らしということで。最初の課題は板にしっかりと乗り込むプルークターンから。女子国沢も上の方はまだ綺麗な雪なので滑り易いが、真ん中を過ぎたところで突然雪質が変わった。そして1時間もしない間に、全面春の重雪となってしまいました。今日は遥々神奈川県からの生徒さんがいるということで、国井さんもなんか先生みたいです。相変わらず馬鹿なこと言ってますがね。レッスン中ではありますが、次から次へと顔見知りと遭遇いたします。まず最初に会ったのは、40馬力のてっちゃん、続いて爽やか笑顔ののりさん、妙な腰つきのF本さん、他にもサチ、ヨッパ、ぶなの皆さんと、ほんとに岩鞍は、沢山の出会いを提供してくれます。またすぐに仲良くなれるのが不思議です。
そして午後にはのりさんも特別講師として参加してくれました。ターン中は常に動き続けることを忘れずに!ということで、上下動を大きく使ってのパラレルなどなど。しかし先生方はみんないろんな方法で練習してきたんだなぁ。毎回違ったメニューを用意してくれます。この地道な練習こそがもっと楽しく滑れることに繋がるんだな。って思うので、最近では講習嫌いな私が真面目に人の話聞いてます。確かに地味練した後は、板がよく動きます。それはいいポジションをキープすることが出来るようになることと、少しずつですが、無駄な動きが無くなってくるからなのかな?って思います。今日も終盤は滑ることが楽しくてしょーがない。モーグルコースも4〜5本滑ってしまいました。この状態をこのまま来週までキープしておきたいんだけど1週間経つと半分は忘れちゃうんだよね。でも終わり良ければ全て良しということで、また次回への楽しみが増していきます。ということで、本日ご一緒していただいた皆様、遠くから来ていただいた、ハルさん、ユウさん、大変お疲れ様でした。また一緒に滑れることを願っていますよ。
最後に話は飛びますが、この時期にしてチャレンジコース閉鎖。男国にも大きな島が見えてました。深刻な雪不足ですよぉ〜

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成19年3月4(日)曇りのち晴れ 
今朝もいつもとおんなじ場所に6時集合。私は8分前に到着。そして朝一のお仕事は国井さんを起こすこと。絶対3回は起こさないと目をあけてくれない。しかし、今日は既に起きてた。しかもかなりのハイテンションでね。ま、隣にレディースが居りゃあたりまえか。1年半ぶりに馬鹿ップル復活ですかねぇ?そして10分遅れでよこてぃ登場。メンバー若干違いますが今日も4人で出発です。予報ではかなり暖かくなるようなこと言ってたので、3月頭だというのに悩むことなく春ウェアー積みましたよ。ではまずは朝ご飯の調達。私はずっとセブン派でしたが、最近ローソンのツナマヨネーズおにぎりにハマッテる。他のコンビニおにぎりと比べるとローソンのおにぎりは全体的に塩気が多い気がします。塩分控え目な方にはお勧めできませんがね。
そして現地に着くと、まずはぶなのメンバーさん達とお会いしました。相変わらずの車中泊だそうで。写真撮影や出動準備をしていると突然電話が鳴った。こんな朝早くから誰だよ〜。しかし出てビックリ!なんとカズシである。今、丸沼行こうか岩鞍行こうか迷ってるとのこと。「けーちゃん居るんじゃ、岩鞍行くよ。」ってことで、2年ぶりくらいに再会が決定。彼とは7〜8年前からの知り合いで、初対面は教習所。そう彼は教習生だったのです。最近はなかなか会う機会が無くなっちゃったけど、昔はよく一緒に滑りに行きました。(あ、ボードに轢かれたK田さん、カズシが会いたがってましたよ。)じゃ着いたら電話してねということで、私たちは先にゲレンデへと出動いたしました。うわ〜随分雪減ってるよぉ〜!!
最初にロマンスを1本滑り、ここで今週もお泊りしていた花子が合流。そのまま一行は何故かチャレンジへ。
目的はポールだったようですが、もう下地が見えててヤバ目です。来週にはクローズかな?このコース。朝のうちはしばらくここで遊んでました。途中でヤポンとヨッパ団長の姿が見えました。そーいえば今日は何名かの人が、お隣の片品スキー場でお受験しているみたいです。最近受験ブームだよなぁ。ここ岩鞍でも知り合いがお一人様受けるようです。
着いた時には雲っていましたが、お天気は徐々に回復し、青空が見えてきました。予想通り今日は暑くなりそうです。ではそろそろコースを変えましょう。と決まった先は40馬力(てっちゃん用語)今日は雪が柔らかいので、コブがあっても滑り安いです。
続いて、下部のモーグルバーン。ここも同じく柔らかい。こんなにラクに滑れたのは久しぶりでした。そんなところでカズシからお呼び出し。私は一行と別れて待ち合わせのゴンドラ乗り場へと向かいました。ウェアーが変わってしまうとお互い見つけづらい。キョロキョロとしていると、前からそれらしきボーダーのあんちゃんが二人向ってきた。お、来た来た。駆け寄るのも何なんで、にっこりしながら待ってると、向こうは無反応。きっと気がついて無いんだな。でもこっち見てるよ・・・まだわかんないの?ここだよ。しか〜し、笑いかけてるのに、目の前まで来ても無視。そして私の横を素通りして行った。えぇ〜何で気付いてくれないの?しかし彼らは人を探してる雰囲気は無し。おかしいなと思いTELしてみたら、こっちだよぉ〜と大きく
手を振る二人組が居た。そりゃシカトなわけだよ。一人でニヤニヤしてて馬ッ鹿みたい。あ〜よかったヘタに声かけなくて。ホッとしながら無事にカズシと再会です。「お〜けーちゃん、久しぶりぃ〜」と相変わらずフレンドリー、こいつユースケよろしく。とまずは挨拶を交わし、滑り始めました。ちょっと見ない間に彼も腕を上げたようです。もうスキーはやらないのかな?という私ももうボードはやらない。丁度女子国を降りてきたあたりで、国井さんからTEL。オクタ前でご一行様と再び一緒になりました。その後みんなでチャンAを滑りましたが、お腹が空いたという彼らに付き合い、私はひと足お先にうめでんへ向いました。着いた途端にソフトクリームが食べたいと言い出すカズシ。じゃ早めにご飯食べてリゾートだ。
そしてそこからは、すっかりレジャー気分となりました。たまにはこんなのんびりスキーもいいよね。パークで飛んでるボーダーを見つめながら、ソフトクリームを外で食べても寒くない。今日は間違いなく10℃以上あるだろう。
ゆっくりソフトクリーム休憩の後は、西山へのツアー開始です。3人はゴンドラに乗り込み一気に頂上へ向いました。今年はまだ一度もお目にかかっていないカモシカくんにも2匹会えました。彼らも気持ち良さそうに寝転がっていました。
そーいえばみんなどうしたんだろう?早々にうめでんから出て来ちゃったので会えなかったけど、もしかしてご飯食べずに滑ってんの?ま、そのうちどっかで会えるだろうから心配はしていない。
西山へ降りる前、ナイスショットしたので載せておきますが、デジカメって便利なんだけど、シャッターが切れるまでに時間差があるでしょ、あれ何とかならないのかなぁ?で、早めにシャッター切ったらこのとおり←おみごと!!でもこの前に2枚失敗作ありでした。そーいえば昔バイキンマンがよく飛ばされてたよな。ま、こんな感じで遊びながら西山を滑ってました。途中4人で小回ってるゴーゴー達と遭遇。なんだか今年はみんな気合入ってるなぁ・・・どこの課題を見ても女性軍は小回り中心みたいだね?

なんだかコブ滑りたくなってきたよ。こんな柔らかい時こそやっぱりぶなでしょ。丁度いいタイミングでボーダーの彼らが「喉乾いたからなんか飲んでくる」って言うじゃない。チャンスとばかりに私は一人ぶなへ向かいました。リフトの上から物色してるとまずは国ちゃん発見。なにやら上手そうな人達と一緒だ。続いて花子発見。やっと見つかったよ。でもみんな別々になってたんだね。1本だけ滑って来ると言って置いてきた彼らは無視し、その後は花子とずっとぶなってました。彼女もいままでの特訓の成果が現われてきたようで、肋骨が痛いなんて言ってる割には、随分楽しそうに滑ってました。
結局ぶなリフト終了までそこから動きませんでした。久しぶりに5〜6本滑ったかな?
西山はまだ日が当たっているので、時間を感じませんが、表に戻ってみるとすっかり夕方です。「今日こそは早く帰らないと!」って思ってたけど、私たちに早上がりは無理なようです。結局今日も終了は4時半でした。そしてこれもまた外せないんだよね、ゆきんこ広場のつめっこ。早く帰らなきゃって言ってる私がリクエストしてしまい、今日も寄り込んでしまいました。豚まん、つめっこ、やきそば、だんご。国ちゃんそれ食いすぎですからぁ〜。相変わらず食欲旺盛な彼です。ということで今日も真っ暗になってからの岩鞍発となりました。間に合うか!オートバックス(よこてぃ)&華麗なる一族(あたし)。
結果、オートバックスギリギリセーフ。華麗なる一族余裕でセーフ。日曜日は忙しいね。でもそんな日曜日も残すはあと2回。万俵家はいったいどんな結末になるんでしょう?とまた一族話題となってしまいましたが、兄の鉄平鋼マン。弟の銀平行マン。おいおい生まれた時からこの二人の将来は決まっていたのかよ!それではまた来週お目にかかりましょう。