みつまた・かぐらスキー場 平成18年5月28日(日) 雨&霧  残雪160cm位?
ついに最後の日がきてしまいました。これにて今シーズンは終了!って思うと非常に寂しいが、ラストランは思い出に残る楽しいスキーとなりました。本日の実行委員長は最近巷で有名になってきたブラウンさん。そして集まったのは彼の悪友達です。
今朝はいつもより2時間ほど早く到着しました。先週は駐車場に入れないくらい混んでたのに、今日はガラガラです。さすがにこの雨じゃ来る気は失せますよね。私も今回の計画がなければ来なかったかもしれません。まあそれほどにひどい雨でした。三国峠を走りながらこんな中滑るのかなぁ?最初から宴会突入か!って思ってました。今日のメンバーとはみつまたPにて待ち合わせです。現着して早速ブラウンさんにTELしてみました。
彼らは昨晩より、沼田の「不健康ランド」に泊まっているはず。私が電話したときには 「まだ月夜野。もっと早く出るつもりだったんだけど、雨なのでもう30分寝ちゃった。でもなんちゃんは着いてるはずだから電話してみて」ということだ。早速連絡してみると、彼は笑顔で出迎えてくれた。そして「ねえ、見て見て!」って手招きするのよ。なにがそんなに嬉しいの?車のハンドルの方指差すから覗いてみると、いやびっくり!こんなことになってました。これは朝から縁起がいい。スキーやめてパチンコ行った方がいいんじゃないの?と記念撮影なんかしている間に、さっきまでの大雨が止んでました。でも強風の為まだかぐらゴンドラが運休してるらしい。そういえば昨日も強風で最後まで動かなかったようだ。
おかげでみつまたの狭いゲレンデが大渋滞したってね。今日はそんなことにならないよう願いたいです。ちょっと上の様子を聞いてみましょう。先に登ったサチにTELしてみたら「動いてるよ、超ゆっくりだけど・・・でもね大雨」 なーんだよ上は雨かよ。しかし一応ゴンドラが動いてくれたので良しとするか。これでかぐらへは何とか行けそうだ。そんなことしてる間に後続組がやってきた。ではみんな揃ったところで出動しますか。早速ロープウェイに乗った。情報どおり雨です。かぐらゴンドラまでの最初のリフトに乗ってる時は、今日は滑れる状況じゃないな!って思いました。既にずぶ濡れになりながら、ゴンドラ駅舎までたどり着き、乗れたことには感謝だが、ゴンドラに当たる雨の音には気持ちが暗くなりました。
そして無事にかぐらのゲレンデに到着。雨だけならまだしも、濃い霧です。でもせっかく来たのだから滑らなくちゃ気が済まない。って私は思っていたのだが、悪友隊長のK井さんは、そのままゴンドラで降りようって思ってたらしい。とりあえず荷物を置き、ずぶ濡れ覚悟でリフトに乗りました。ここのリフトはフード付きなのでまだ助かる。まずはメインゲレンデからスタート。いつもより時間が早いので、コブが無い。当然気持ちよく大回りといきたいところなんですが、視界が悪すぎて無理無理。しかも所々茶色くなっています。そして恐る恐る滑ってると突然×マークが現れます。これじゃ整地はまったく面白くないです。2本目からはジャイアントコースにしました。かぐら最終日にジャイアントが滑れるなんて何年ぶり?まあ最終日に来たのは初めてだけど・・・
見通しの悪いゲレンデですが、今日のメンバーは流石です。考えてみれば豪華キャストなんですよね。6人中3人がクラウン、いや一人はブラウンか!元みつまたスキースクールOB達。こんなハイレベルな人達と一緒に滑っているのが嘘みたいです。そして親切にも滑るたびにアドバイスをしてくれます。「自分から板を回さない」 「バンクに向って真っ直ぐ入る」 等など。おかげさまで、いいイメージで滑れ、流行のバンク滑りに少〜し近づいてきたかな?って感じがしました。でも、ちょっとリズムが変わったり、深かったりすると、対応が間に合いません。まだまだクラウンへの道は遠いです。時折雨も強くなり、普通なら「こんな中滑るなんて冗談じゃない」って思うのですが、今日も楽しくって止められない。
途中現役スクールの人達も何人か加わり本格的なレッスンにと発展していきました。コツを掴み、ちょっと調子付いて滑ってたら、魔物に遭遇!大きな落とし穴に見事ハマッてしまいました。コケた瞬間、これ結構ヤバイかも!って思いました。運悪くはずれた板の上に横向きに倒れ、股関節サイドを強打。みっともないからすぐに立ち上がろうとしたんだけど、あら?力が入んない!こんなコブ斜面の途中なのに参ったなぁ・・・でも行くしかないので勇気をだして滑り始めたところ「あ、痛くない」 ラッキーでしたねー滑るには支障ないようです。
そういえば、ブラウンさん達といつの間にかはぐれちゃいましたねぇ。現役スクールの人達もこれであがるということなので私達も一度基地へ戻ることにしました。
それじゃ少し休憩いたしますか!と板を外し歩こうとしたら激痛!!なんじゃこれ?まともに歩けません。滑るには全然痛くないのに・・・
基地へ戻ると、もうこの雨も止みそうにないからお終いにしようか?という意見があった。でも私的にはもう少し滑りたい気持ちだったので、そう伝えると魚沼さんが優しく受け止めてくれた。やったー^^すると「俺も滑る」とシマチャンも立ち上がりました。後半は3名でジャイアント2本、メイン1本滑って本日は、というか、今シーズンは滑り納めとなりました。最後は全員揃って下山です。早くあがる予定でしたが、結局4時近くまで居たのかなぁ?天気は生憎でしたが、悔いの無いファイナルでした。
かぐらに別れを告げ、一行は苗場に向いました。
今日はこのまま帰るのではなく、まだ楽しみが待ってます。それは打ち上げバーベキュー。ブラウンさん御用達の宿「三国屋旅館」にお泊りです。もう苗場にもお客さんはほとんど無く、静かな街となっています。
宿に到着してすぐにお風呂、そして早速BBQの用意をはじめました。豪華な肉と海鮮にちょっとビックリ。この人数じゃどうみても食べきれないほどの量ですよ。ここ何日かずーっと暖かかったらしいが、こんな時に限って極寒。思いっきり厚着して、さてBBQの開始です。
今日はたくさん飲むぞーー!と最初はかなり張り切ってました。しかし、寝不足が手伝ってか寒くてしょうがない。ひとり震えていたら、またまた優しい心遣いのブラウンさん、「少し寝てきたら」ということなのでお言葉に
甘えて一眠りさせていただきます。「1時間後に起こすから」と見送られ、お部屋に戻った。布団に入った時は天国に感じました。このまま天国に居たかったが、1時間後にしっかり現実に引き戻されました。そしてまたBBQ会場へ。三国屋のご主人とおかみさんも一緒になって、大いに盛り上がったBBQでした。しかしやっぱり調子出ない。またまた途中で退散してしまいました。お片付け手伝わなくてごめんなさい(反省)もっと騒ぎたかったんだけど眠気には勝てませんでしたね。体調万全な時に是非リベンジしたいと思います。
そんなわけで、2006シーズンもついに終わってしまいました。滑走日数74日、またまた自己新記録の更新です。ご一緒して頂いた皆様、本当にありがとうございました。また来シーズン元気に再会いたしましょう。

みつまた・かぐらスキー場 平成18年5月21日(日) 快晴  残雪200cm
今朝はなかなか仕事が終わらず、出発はいつもより1時間程出遅れました。こんないい天気なのに遅刻はもったいない。今日はオール高速で行こうか!と伊勢崎インターへ向っている途中、現着済みのかおりんより貴重な情報が入りました。なんだかもの凄く混んでるらしい・・・駐車場は満車、ロープウェイには長蛇の列。「ゆっくり来たほうがいいですよ〜」とのことだ。それじゃルートは変更。伊勢崎インターを通り過ぎ、のんびりムードのドライブで赤城インターへ向いました。さすがにオール下道は疲れるので止めました。そしていつものことながら、55回の三国カーブをクリアして12時ちょっと前に現着しました。私が着いたときにはそろそろ帰りの車が出始めた為、1分待ちで駐車場に入ることができました。
その頃にはロープウェイもすっかり空きました。この時期は毎年みつまたゲレンデはクローズのはずなのに、今年はまだ十分滑走可能です。ホントに雪多かったんですね。まだゴールデンウィークはじめの頃って感じです。そしてかぐらに到着すると、このとおり→もう宴会の真っ最中でした。私は早く滑りたかったので、荷物を置いてすぐに滑りはじめました。今日は私が到着するまで、体力の温存をお願いしておいた100kgさんとT中ちゃんと一緒です。基地を離れるときブラウンさんが現れました。なーに来てたの?でも彼はもうあがるということなので、1本だけ一緒に滑りました。もう1本行こうよ!ってお願いしたんだけど、お家のウォシュレットの取り付けがあるとのことで、逃げられてしまいました。
今日のかぐらは、雲ひとつ無い快晴です。ゲレンデもまだまだたっぷりの雪。リフトもクワッドとペアの2本が稼動していたので、駐車場の混み様から想像していた状況より、全然空いてました。先週より、全体的にコブが深くなったような気がしますが、相変わらず楽しい。休憩する間も惜しくて3時半まで滑り続けてしまいました。
こんな時期だというのに、今日は随分集まりましたねぇ。ざっと30人はいたでしょうか?今年は雪が多いからか、みんなしぶとく残ってます。スキーヤーにとっての豪雪は嬉しい限りですが、この雪によってたくさんの被害もでてしまいました。やはり何事にも限度というものが必要なんでしょう。ということで、スキーも来週が限度です。私の今シーズンは次回でファイナルとなります。
今年は1月2月の非常勤居候があった為、滑走日数は現在73日と過去最高です。3月半ばからは、午後出勤のスキーとなってしまいましたが、ホントによく滑りました。おかげさまで足、腰、かなり太くなりましたよ。でもこれって結構哀しい(><) これから半年かけてまたスリムな下半身に戻したいと思います。
なわけで、今日もたくさんのスキー馬鹿さん達とご一緒させていただきました。オールでのスキーは睡魔との勝負ですが、今日はさすがに滑り過ぎたのか、自宅まであと3kmってところで負けました。あまりの眠さに耐えられなくなり、本屋さんの駐車場に車を停め、ちょっと横になってたら夜中の1時半まで爆睡してしまいました。それではまた来週日曜日にお会いいたしましょう。

みつまた・かぐらスキー場 平成18年5月14日(日) 雨のち曇り  残雪280cm
今日で春かぐらも4回目。なんだか回を増すごとに楽しみが増してくる。今シーズンは午後出勤の為、もう少し滑りたいってところでいつも時間切れ。まるで連続ドラマをみているようです。今朝も気持ちをワクワクさせながら、ひとりかぐらへ向かいました。現地車中泊のよこぴに実況報告をお願いしたところ、8時現在、まだポツポツと雨が降っているという。私は1分でも早く滑りたかったので伊勢崎から高速にしようかと思っていましたが、さすがに雨と聞いてはちょっとテンション下がり気味。急いで行ってもしょーがなさそうだったので、今日はちょっとルートを変え、上武国道から、50号に出てそのまま渋川伊香保ICまで行ってみました。ここまでの所要時間約1時間。赤城ICまでより30分ほど早い。
料金は渋川伊香保〜月夜野850円、赤城からだと650円。15分100円かぁ・・JJクラブと一緒だ。でも山道が無いので運転はこの方がラクです。次回もそうしましょ!ま、月夜野からの山道は避けられませんけどね。一人で運転してると三国峠の新三国大橋を渡った後、1/55の表示には毎回うんざりします。前回の湯沢経由はラクだったなぁ〜私もETC付けよっか!
そして営業終了した苗場を通り過ぎ、もうすぐかぐらってところで4台前に車中泊しているはずのよこぴ車発見。苗場泊していたかおるんを迎えに行ってきたそうだ。ということで運良くみつまたPから合流できました。ところで今日のお天気は?猿ヶ京までは晴れ間も見えていたのですが、かぐらの山はまだ厚い雲の中です。
でも、予報は快復傾向なので引き返すつもりはまったくありません。すぐに用意して出動しました。山頂駅に着いてもまだ雲の中。「そのうち晴れるよ」って願いかぐらゴンドラに乗りました。
現着してすぐにヤポンメンバーと遭遇。今日は生憎のお天気なのでいつものテラスはパスみたいです。とりあえず雨のかからないところに荷物を置き、いざ出発。今日もリフトは空いてます。1本目はジャイアントコースへ行きました。さっきまでの雨で、バーンは湿っていて滑り安い。最初からコブっていうのも大変だけど、ここでは毎回のことなので、もう慣れました。でもやっぱり一発目は不満足です。調子が上がるのは2本目以降。今日は4日目なのでかなりいい感じです。
よこぴの指導により、今回はできるだけ「静の動作」を意識して滑りました。ストックを一定の位置にキープし、上体が振られないように気をつけていると、次のターンに素直に入れます。滑っていて余裕さえ感じられるようになりました。ま、自分なりにですけど・・・
しかしスキーは人の目っていうのが凄く左右しますよね。ほんの一言のアドバイスでこんなにも大きく変われるなんてホントに有難い。また、誰か見ててくれないと気合の入り方も違う。ひとりで黙々と滑るのも有りですが、人の目を上手く借りることができれば、どんどん上達していくと思います。ということで皆さん、私の滑りについて気付いたことありましたら、どんな些細なことでも是非是非ご意見お聞かせ下さいませ。
今日は滑っていることが楽しくてしょうがない。もっと体力と筋力が欲しい。お昼の休憩をする間ももったいないって気がしましたが、いつものことながら体力が続かない。そろそろご飯といたしますか。とお昼休憩はもう2時近かったのかなぁ?いつものテラスは寒そうなので今日はやっと顔を出した和田小屋サイドの滑落現場に陣取りました。総勢にしてみれば15人ほどいたようですが、それぞれ休憩時間が異なったため、今回は寂しく3名だけのお昼です。でも後半、近くで休憩を済ませたO出先生とYちゃん生徒が遊びにきてくれたので、その場は下ネタで大いに盛り上がりました。
時刻はあっという間に3時です。リフト終了が4時なので、もう3本が限度かな?
休憩後は、5名にてジャイアントコースへ。コブも随分育ち、生徒のYちゃんは「どーしよー」と目を丸くしてました。おッ先生がチェンジした様子。専属のO出先生「いいんですか?人に任せちゃって」すると先生は「たまには違う先生が教えないと、O出先生のいいところが解らないから」と流石な発言でした。
そしてもう1本ジャイアント。最後はメインを降りて本日は終了となりました。
今回、私的には凄く上出来でした。かぐらにて一回もコケずに終了したのは初めてのこと。相棒のよこぴもここにきて随分調子があがってきたようだ。(調子付くとこんなことにもなりますが・・・)しかしそんなよこぴも今回がラストラン。まだまだ滑り足りない様子でした。
私はまだ2回来る予定でいますが、もうそろそろお終いが近づいているのですね。毎回ゲレンデで顔を会わせる人達も少なくなっていきます。皆さんファイナルを迎えた後、ではありますが来週はめでたく?(でもないな)Myバースデイランです。ひとつ歳食っちゃいますが、相変わらず元気なけこ姉をキープしていきたいと思ってます。
今日は心配していたお天気も崩れることは無く、一日快適なスキーができました。あ、そーだ今日は抽選会があるんだ^^と楽しみを残しなだら下山。すると、時既に遅し!!抽選会場は撤収作業中でした。リアルにショック!!そして名残惜しそうにのんびりとお帰り仕度し、天竺にてお食事して、解散となりました。

みつまた・かぐらスキー場 平成18年5月6日(土) 晴れのち曇り  残雪290cm
ゴールデンウィークもそろそろ終盤。皆さんそれぞれ楽しい休暇を楽しんだようですね。残念ながら今シーズンの私には連休がありませんでした。毎日仕事しながらウズウズ。行こうと思えばいつでも行けたんだけど、帰ってからまた仕事だと思うとなかなか決行することが出来ず断念していました。しかしもう我慢も限界。今日こそは絶対行くぞと決めました。
ラッキーにも今日は仕事8時に終わりました^^仕事場からかぐらへ直行です。さてどこから行こうか?下道だと時間かかるから、ちょっと贅沢して伊勢崎から高速だ。すると途中で、一通のメールが入りました。連日のスキー疲れがたまって昨日下山したよこぴです。「今日は休養します」とのこと。でしたが、私が今ジョイフルホンダ前走行中。と返信したら、「ケコ姉乗せてってくれる?」
まったく、風邪ひいてるんだからおとなしく寝てろよっていいたいところだけど、寝ずにスキーへ行く私も同類なので何も言えません。というか、むしろ一緒に行ってくれて嬉しい。ってわけで、急遽前橋経由となりました。今日は逆VIP。遅れを取り戻すため、今回は月夜野を通り過ぎ、湯沢まで行っちゃいました。三国峠の運転が無いと非常にラクです。そして10時半にみつまた到着。「うわーー空いてる!」どうしたんでしょ、今シーズンのかぐらは・・・これも雪が多かったおかげかなぁ?
ロープウェイ山頂駅付近もまだ全面雪が着いてます。
もちろんかぐらもトップシーズン並の積雪です。例年より1メートル多いですね。和田小屋サイドのテラスは未だにまだ顔だしていません。
いつものパターンで、まずはテラスへ荷物を置きにいきました。お昼近くにここへいけば必ず誰かしら居ます。今日はちょっと少なめでしたが、もう7〜8名とミイラ1体集まってました。そしてすぐに行動開始。最初はジャイアントコースから。さて本日の良し悪しを決める1本目。随分コブ慣れしてきたのか、視線も遠くへ向けられいい感じです。そうそう、今日はひとつお楽しみもあります。それは憧れのスキーヤーと1年ぶりの再会。早速電話してみました。しかし電波が届かない。ま、滑ってればそのうち会えるだろう。今日のゲレンデは、とてもゴールデンウィーク中とは思えないほど空いてて、リフト待ちはまったくありません。そういえば今シーズンはどこもメチャ混みしてた記憶が無い。しいて言えばシーズン初めの丸沼くらいかな?
そして何本か滑っていると、居ました居ました、憧れのスキーヤーPちゃん。今シーズンはワケありでほとんど滑ってない。と言うじゃない。そのワケがあまりにも大変だったことに驚き!!です。なのに相変わらず見事な滑り、でも3ヶ月以上のブランクで体力は無さそうだったけどね。みんなが無理な注文出しちゃってごめんなさい。早く快復するよう願ってます。
午後からの出動でしたが、休まず滑っていたら3時頃には足がいうこときかなくなっちゃいました。疲れてくると、ポジションがどんどん後へいくのが解ります。足をそろえようとしてもバラつくし、思うように動けない。相棒のよこぴもテラスで大仏化してたので、そろそろお帰り仕度することにいたしました。
今シーズンも頑張ってあと3回。もうシーズン終了を宣言した人もたくさん居ますが、私は今月いっぱい、かぐら最終日まで滑る予定でいます。毎回午後出勤となりますが、またお会いできた際にはみなさんよろしくお願いいたします。

みつまた・かぐらスキー場 平成18年4月30日(日) 晴れのち雨  残雪300cm
先週運転手さんを募集したら、今朝は8時にお迎えの車が来てくれました。久しぶりのVIP待遇でのかぐら行きです。私一人なら赤城から高速ですが、今日はVIPということで伊勢崎からびゅーんと一気に月夜野まで飛びました。下道を行くより40分も短縮、2時間で現着しちゃいました。時間はもちろん早かったのですが、お話しながらの2時間はアッという間でした。
早速用意してロープウェイに乗りました。山頂駅のみつまたゲレンデにも、まだ雪はたっぷり残ってます。この感じなら5月いっぱい余裕でもちそうです。そしてかぐら到着はちょうどお昼です。もう先着の皆さんは宴会を開始した頃かな?とりあえずいつものテラスへ荷物を置きに行ってみました。
今日は随分大勢集まっていますよ。和田小屋お泊り組の7名、100kgさん、ぽんちゃん、超久しぶりの智ちゃん、オレンジくん、ぶなの木学級、総勢20名ほどでしょうか?ほとんどテラスは満員状態でした。みんなは宴会中でしたが、横綱出勤の私たちはまだ滑っていないので、荷物を置いてすぐに滑り始めました。今日はブラウンさん、そして彼のお友達の魚沼さんも来ているはず。早速連絡をとって合流いたしました。ひと足早く到着した彼らは既にお疲れの様子でしたが、無理言って3本お付き合いさせてしまいました。今日のゲレンデ状況は相変わらずのコブだらけ。お昼到着だと最初っから難斜面滑んなきゃならないのでちょっと大変です。私の場合最初の1本目でその日の調子が決まるところがあるので気合入れて滑りましょう。
今日は昨年仕様の板履いてきたので、ちょっと不安はありましたが、1本目から思いっきり突っ込めたので体力が続けば一日調子いいかも・・・。まだかぐらのコブは今シーズン2日目なので慣れていませんが、先週よりは随分ラクに滑れました。滑り方はまだまだなんですが、今日は滑りながら3〜4個先のコブまで見えてました。それから、足首を使っての先落としも忘れず実行。この2点がラクに滑れた理由かと思います。それから気をつけることはスタンスを狭く、斜面に対して垂直に立てるように身体を下へと思い切って落としていく。ま、これだけ頭に入れておけば、コブは楽勝?な〜んて言ってますが実際は四苦八苦してますよ。でもコブ斜面が楽しいのは、毎回チックショーと思いながらも、今度こそ失敗しないぞ〜という負けず嫌い的精神を掻き立てるからなんでしょうね。
そして、1時間ほど滑って私たちもお昼休憩にいたしました。テラスにはまだ宴会継続中の面々が残っていました。春スキーは滑るよりこっちの方を目的とする奴が多いようで、本日ご一緒の魚沼さんとブラウンさんもその一人らしい。ビール18本持参には恐れ入りました。
そして楽しい宴会の後は、ツアースキーに出かけました。魚沼さんのガイドにより、初のオフピステ。今年は雪が多いのでできた貴重な体験です。何となく月山みたいな雰囲気。今にも崩れ落ちそうな危険極まりない場所→ですが、みんなで行けば怖くない。でも実際に近づいてみるとクレパスのデカさにビックリ。やっぱり怖いですよ。そんな時、運悪く大雨が降ってきました。増々ヤバイ。もう雨にも耐えられそうにないので、早々に退散です。慌ててテラスに戻って撤収を決めました。
ここまで濡れてしまえばもう諦めもつき、ずぶ濡れになりながらも、みつまたまで滑り降りました。気がつけばいつの間にか雨は止んでました。いつもならここの駐車場で2次会なんですが、今日は地元に戻ってからの開催が決定しています。早々にみつまたPを出て、お風呂休憩。そしてVIP車は太田へと向いました。
まずは本日の主役ブラウンさんご一家と合流し、会場の『北海亭』へ。約3時間ほど酒盛りを楽しんで参りました。今日は朝から晩まで、運転手つきのVIP待遇でした。ご協力してくれたよこぴ、一日ありがとね。そしてご一緒して頂いた皆様、お疲れ&お世話様でした。ゴールデンウィーク真っ只中、残りの春スキーも精一杯楽しみましょう。

みつまた・かぐらスキー場 平成18年4月23日(日) 曇時々晴れ  残雪310cm
2006シーズンのスキーも最終章。舞台はかぐらに移動いたしました。今朝開放されたのは9時。岩鞍なら迷うことなく出動ですが、かぐらとなるとこの時刻からの出発はちょっと悩みます。お天気もイマイチはっきりしなかったので余計です。現地の様子を聞いてから決めようと思い、よこぴにTELしてみたが出ない。ま、途中で引き返してもいいかと、一応かぐら方面に向ってみました。ところが何度電話してみても出ない。そんなことしている間に車は赤城インターまで来てしまいました。ここまで来るともうUターンする気もなくなってしまい、かぐら決行となりました。沼田インターまで来ると、今、桜が満開です。そこから猿ヶ京あたりまで見頃でした。そーいえば今年はお花見しなかったなぁ〜
一人で走ってると、かぐらまではすごく遠い気がします。岩鞍より50kmくらい余計なのかなぁ。9時に出発して、現着は11時45分でした。この時間にみつまたへ着いたのは初めてでしたが、駐車場はほぼ満車状態です。今年は雪多かったから、まだ他のスキー場も営業中。今日はまだ空いてると思ったのにもうこんなに混んでるの?一番遠い場所に誘導されるんじゃないかと不安でしたが、突きあたりを左に曲がると奥の方にあいてるところがあります。そちらへどうぞ。ということで売店近くに停めることができました。長いリフト待ちを覚悟の上ですが、とりあえずは空いてるロープウェイに乗り、かぐらゴンドラも一人で貸切って、メチャ混みのかぐらを目指しました。ところがゲレンデは思ってたより空いてました。リフト待ちはほとんどありません。
結局誰とも連絡不可だったので、現地で探すしかないですね。丁度お昼時だったので、オープンテラスへ行ってみることにしました。まずは和田小屋サイド。え!テラスが無い。ほんとに雪が多いんだなぁ。まだここのテラスは雪の中に隠れてました。とりあえずリフトに乗って上のテラスへ。でもそこへ行くにはここ降りなきゃ、参った1本目から思いっきりのコブ斜面だよぉ・・・
テラスへ着くと、やっぱり居ました、いつものメンバー。もうみんなお昼の宴会を終了したところらしく、お昼寝タイムでした。何人かはもう滑りに行ったよとのことなので、私もすぐに後を追いました。ヘタに動くとなかなか会えそうもないので、リフトの前で待ち伏せました。まずはぶなの木メンバーのPさんとSさん、続いてよこぴ
大胡チ―ムと次々と顔見知りが集合いたしました。
まずは、ジャイアントコースから。ちょっとモサモサした雪で滑りにくい。というか私の足に元気が無かっただけかもしれないが、腰が引ける。まだかぐら用にスイッチが切り替わりません。まったりモードで1本目を滑りました。そして2本目もまだ気合入らず。結局最後までダラダラしながら滑ってしまいました。コブ斜面を気持ちよく滑るには、元気な身体が不可欠のようですね。一緒に滑っていたよこぴも随分疲れがたまっているようで、自分の滑りにいまひとつご不満のようでした。2日連チャンのかぐらはキツイですよね。そして2時半にいつものテラスで小休止。一度休むと再出動が辛くなります。でもここはゲレンデのど真ん中。滑らないことには帰れません。気合を入れなおして最後のひと滑りです。
ラスト1本滑り終えたところでまたみんなと遭遇しました。かぐらでしか会わないジュンちゃんも相変わらず元気でした。まだ滑り足りない感じではありましたが、どうも身体がついていかないようなので、怪我しないうちに退散いたしましょう。でも時刻はそろそろ4時になります。ほんの3時間ほどのスキーでしたが、足慣らしには丁度よかったかな?でもまた来週まで滑らないでいると次回も足慣らしで終わってしまいそうな予感がします。ま、今年の春スキーは毎回こんな感じかもしれませんね。ではかぐらシリーズも皆さん怪我しないよう思いっきり楽しみましょう。
帰りは凄く眠かったけど、天竺にて夕飯して無事帰宅となりました。只今かぐら専用運転手さん募集中。出勤は毎週9時からで〜す。