ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成18年3月26日(日) 曇り  積雪240cm
1週間もスキーお休みしたのにまだ足の疲れがとれてない。というより増々疲れがたまったって感じです。こんな状態なのによく行くよな〜と自分でも飽きれてます。でも好きなんだからしょうがないか!今朝も出発は8時。根利も乾いてたので2時間かからずに岩鞍へ到着いたしました。本日ヤポンは湯沢、メーメー&SSKは志賀ということなのでメンバーはいつもよりぐっと少ないようです。でも行ってみれば、よこぴ、ヨッパ隊長、おとっつぁん、大胡チーム3名。あら結構居るんじゃない。私は10時到着ということで午前中は尾根、西山のとちの木、みずならを各1本、ぶなを2本滑ったところでお昼となりました。今日のバーンはちょっと硬めですが、なかなか滑り易い。ぶなのコブも綺麗に仕上がってました。
やっぱり春になるとコブが一番楽しいですね。午後は久々にぶなに張り付きました。よこぴの解説つきで、ズラシ、縦攻、バンク滑りを練習。今年の流行は技選で丸山デモが見せた華麗なるバンク滑りなんでしょうが・・・素人にはとうていマネ出きるもんじゃありませんよね。でもマネする努力は必要かな。そして今日の一番の課題はつま先落とし (かかと上げという人もいますが)。 これが上手くできればコブは随分ラクになります。コブ嫌いだったおとっつぁんも、よこぴの特訓を受けかなり上達したようだ。
なわけで、本日のメンバー平均年齢42歳でしたが、老体に鞭打ってコブ三昧して参りました。きっと今頃身体ボロボロになってることでしょう。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成18年3月19日(日) 雪  積雪250cm
日記を書いてる今、とっても眠いです。今日はオールで遊んでしまいました。と言っても私の場合オールナイトではなくオールデイになりますが・・・お仕事終わって即、スキー場へ直行いたしました。出発は7時50分。天候は雨(ガーン!)そうだ本日片品の天気予報は雪マーク付いてたんだ。でも根利では晴れ間も見えてたのでこれなら大したことないようです。そして10時に岩鞍着。第2駐車場もこの時刻で半分ほどしか車がありません。3月ともなるとスキー客はめっきり減少するようです。
おぉ〜っと、岩鞍雪ですよぉ。しかも頂上はかなり白っぽい。この時期にまさかの吹雪です。そーいえば今日は55最強の雪女がきているという。しばらく忘れていましたが彼女の偉力はまだ温存してあったようです。
今日は寒かったので、写真を撮るのもついおっくうになり、気付いたら1枚しかありませんでした。ところで今日の岩鞍ですが、先週土曜日から比べると随分雪質が快復していました。そして今も降雪中。もう少し柔らかい雪ならすぐに積もりそうですが、今日の雪は小さな粒々。降ってる割には積もらないって感じがします。そして風も結構強く気温はそれほど低くないのに、体感温度はマイナス3度くらいです。今シーズン、中1週間空いたのは初めてなので、朝一の女子国は腰が引けました。まあ雪質はこの時期にしては良かったので助かりました。「お、今日もやってるな検定」ちょっと覗いてみると、やたらとスピードがある。上手いな今日の1級。って思ったらテククラでした。受験者の数も多く、2班に別れてやってるみたい。クラウン十数名、テクニカル50名近くいるようです。その中には、I間ちゃん、Sじいさんの姿も確認できました。ということで、女子国沢コースは半分クローズ。見る見る荒れて参りました。私的には丁度いい不整地大回りバーンです。でも人が密集し過ぎぃ〜。検定の様子を横目でチラチラ見ながら午前中は沢コースのみ5本ほど滑りました。しかし足の疲れが抜けてない。先週の立ちっ放し仕事がかなり効いてるのか、1週間スキー休んだのに、いつも以上に膝が痛い。どこか故障してると思うように滑れませんね。ということで、せっかくいい雪なのにあんまり面白くありませんでした。
1時間半ほどお昼の休憩をとり、午後の部スタート。まだ疲れてたので、ゴンドラ休憩しよ。とみんなを誘ったら、ゴンドラが休憩してました(><); しゃーないリフトで行くか。でもこの風じゃ午後も沢コースのみだろうな。しかも午前中よりなんだか気温が下がってきたみたい・・・2〜3本滑ったところで、寒いし足は痛いしなので、午前中大爆発して胸を強打したO村さんを誘って、オクタ休憩いたしました。しばらくマッタリしていたらその後滑る気持ちは失せてしまいました。時刻は早ッ3時半。そろそろオクタも強制退所させられそうなので、仕方なく出ようとしたところで、ヤポンのメンバー達がロマンスを下っていくのが見えました。すかさず連絡してみると、検定結果を見に行くという。じゃ私たちも下りますか。そして検定の結果ですが、クラウン1名、テクニカル2名の合格でした。やっぱり厳しいよなぁ〜。スキー学校まで下りてきてしまうと、もう私的には登る元気は無くなっていました。一緒にいたO村さんに、「どーする?」って聞くと、彼も「もういい」。ということなので、2人はお先に車に戻りました。30分ほど遅れてみんなも帰ってきました。
そしてその後は恒例のしゃくなげ湯治。私は眠さがピークだったので、お先に失礼しちゃいましたけど。いつもなら真っ暗な帰り道ですが、5時をまわったのにまだまだ明るいです。今朝の根利はなんでもない乾路でしたが、外気温を見てちょっとビックリ!マイナス5℃。ひゃーこれじゃ凍る!路面も所々白かったり黒かったりで、あと1時間もすると結構危険かも・・・湯治組に早速連絡 「根利凍り始めてます、ふっ飛んでくと危ないですよ」 まあみんな無事に着いたようなので、よかったです。21日は祝日なので皆さんまたまた出動しそうですが、根利走行時はヤバイところありそうなので十分お気をつけください。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成18年3月11日(土) 晴れ  積雪250cm
今日は久しぶりのVIP。といっても大間々役場までは自力だったけどね。そしてこれまた久しぶりのメンバーとの再会がありました。噂によると彼は先週も出没していたらしいのですが、某宅配便SD、去年はいんちきらくたーのS井ちゃんです。昨夜のうちに私は横Pと一緒に行く約束が成立してましたので本日は急遽3名での出動となりました。待ち合わせの役場に着くと、相変わらずS井ちゃんは大爆睡中。昨夜3時半ごろ到着していたようだ。ここはスキーヤー達の待ち合わせ場所に指定されてるのか、別便のかおりん達にも会いました。彼女達は片品行きらしい。どうやら目的はお受験のようですよ。結果は書き忘れちゃうので早く書いときますが、かおりん2級げっちゅです。おめでとーーー
もう3月ということで、岩鞍までの道もスキー場も随分空いて参りました。まずはロマンスにて足慣らし。続いて女子国の尾根へ向いました。天気が良かったのでグサグサかと思いきや、そんなことは無く想像以上にバーンは締まっていました。考えてみたら今日は準指2人とご一緒なんですよね。私もいつの間にか高レベルなメンバーの中にいるようになったんだなぁ。今シーズンはまだ数回しか滑っていないというS井ちゃんですが、長年の経験はしっかり身体に染み付いているようで、とてもブランクは感じさせません。色々と教えてもらいながら、尾根を何本か滑って、その後は西山へ移動しました。やっぱり西山のバーンは滑り易い。そして午前中最後は男国を降りてお昼となりました。
午後は最初にぶなの木を目指しました。クワッドリフトに乗ってふと見ると、みんなおんなじ板でした。今シーズンはやっぱりCHが一番人気だったでしょうか?
そして久しぶりにぶなの木メンバー達とぶなトレしてきました。でも今、ぶなの木学級ではトレインよりデュアルの方がブームのようです。調子付いて3〜4本滑ってしまいました。これからの季節はここが一番楽しいかな。
最後に今日の収穫。「ターン中内足を引く。」今まであんまり気にしていなかったこと、というより気が回らなかったことですが、S井先生のおかげで内足活用のコツが掴めました。午後のグサ雪の中でもそれを意識するだけで安定さが増しました。次回も忘れずに滑らなくちゃね。なわけで本日は4時に終了いたしました。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成18年3月8日(水) 晴れ  積雪250cm 
当初の予定では、明日より本格的にお仕事始まるわけだったのですが、1週間遅れました。ということで今週末までは、まだ滑れそうです。まあ、仕事始まってからも、ちょっと無理すれば行けるんだけど^^

本日の出発は7時半。もっと早く行こうかと思っていたのですが、気合不足。この時間になっちゃうとやはり混んじゃいますね。いつもより20分余計にかかりました。老神温泉あたりで既に現着している埼玉組からTELが入りました。「こっちは晴れてるんだけど、雨のようなみぞれのような雪のようなもんが舞ってます」とのこと。ええー下界はこんなにいいお天気なのに?岩鞍方向を見てみると白い雲がびっしり!ほんとなんだ。
そして10時到着。埼玉組とは西山にて待ち合わせです。駐車場で、どんな装備をしていこうか結構悩みました。晴れるという予報だったので春ウェアーも何着か積んできましたが、上の方は雲がかかり寒そうに見える。やっぱり冬用だな。まずはクワッド2本乗り継いで、白樺コースを降りました。いやいや凄い風ですよ。強風のわりには暖かいけど春ウェアーだったら震えていたかもしれません。でもその強風のおかげで雪の状態は良かったです。それと昨夜からいくらか雪降ったみたいですね。硬くも無く柔らかくも無く、なかなか滑り易いみずならコースでした。このコース、もっと滑りたかったんですが、埼玉組はもう飽きちゃったようで、女子国へ戻ると言う。ま、遅かったんだからしょーがないか。
表に戻ると、西山とは随分雪質が違います。すっかり腐っちゃいましたね。女子国、チャンAを滑りましたが、皆さん大回り用の板だったのでこの雪じゃ気持ちよくないのか、またまたゴンドラに乗って頂上まで行き、男国経由でお昼となりました。
午後は早速小回り用の板にチェンジ。そんなにあちこち乗り換えてよく普通に滑れるよなぁ。私は1本の板だって乗りこなせないのにぃ〜。でも不思議なんです、O島隊長。長い板、短い板、急斜面、コブ斜面、いい雪、悪い雪、なにでどこを滑っても皆同じ滑りに見える・・・これってかなりスゴイことだよなぁ。自分では滑りにくいとか言ってるんだけど、滑りづらそうに見えないもん。言っときますが、O島さんの前走は参考になりませんから・・・
しかし、このまますっかり春になってしまうのでしょうか?もうかれこれ1ヶ月ぐらいまとまった雪は降っていません。ぶなやリーゼンのコブが茶色くならないのが不思議なくらいです。まだ量的にはたくさんあるのかなぁ?
そんな腐れ雪の中でしたが、今日も4時まで滑って参りました。

帰りの根利でしみじみ思ったけど、随分日が長くなりましたねぇ。5時を過ぎてもまだ全然明るい。そろそろスキーも後半戦なんですね。しかし今シーズンは滑ったなぁ。既に先シーズンの自己新を更新してしまいました。この記録は自分的に一生敗れることはないでしょう。ちょっと滑り過ぎたかも・・・でもまだ飽きてないよ^^

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成18年3月5日(日) 晴れ  積雪250cm 
昨夜は飲んでたのになかなか眠れず、時計を見ると「ゲゲ、5時だよ。あと2時間しか眠れない」そう思った途端寝たようだ。今朝は起き上がるのは大変辛かったが、また寝てしまうと再起不能な気がしたので頑張って起きた。今朝はついに準指検定の合格発表です。発表は9時からということなので、私も気になりお部屋で結果を待ちました。約1時間後、受験者の2人は笑顔で帰ってきました。「おめでとう」見事合格です。ホントによかった2人とも受かって。片方落ちたら、なんて慰めていいか解んないもんね。帰ってくるなり2人はあちこちへ電話かけまくりです。(S藤さん、お仕事中ごめんね)でも相当嬉しかったみたいだよ。苦労した甲斐ありましたね。これからも何かと大変だろうけど頑張ってね。
そして、その後は笑顔のウィニングラン。今日は今シーズン一番楽しいスキーとなったことでしょう。そんなスキーにご一緒できて私も嬉しいです。出動時間は遅くなりましたが、午前の部はあちこち思いっきり滑りまくって参りました。よこぴ「楽しいねぇ」を連発。一方バイキンマン「アワワ」を連発。喜びに浸る二人の後ろ姿撮ってみました。あら?そーいえば今日もお仲間たくさん来ているはずなのに誰にも会わないなぁ?そっかまたもや時間がズレてるんだ。時刻は丁度お昼なのでみんなはUMDNタイムなんですね。でもこの気分とお天気がなっから良すぎるので1時まで滑り続けました。随分遅れてのUMDNには少しのメンバーしか残っていませんでしたが、それなりにイナバウワーで盛り上がりました。
ゆっくり昼食タイムを取り、午後は近場のチャレンジコースからスタートいたしました。晴れてイントラとなったよこぴですが、初レッスンの生徒さんは私と寝ぼすけのKちゃんでした。まずは圧を抜かずに切り替える練習。続いて顔面制動の練習。でも先生、顔面制動は私の方が上手いですよ。チャレンジA?まだまだ甘い。やはりエキスパ上部でやらないと反り不足です。綺麗なイナバウワーにはなりませんから・・・
1時間ほど練習してたけど、そろそろ飽きてきたので、先生はメニューを変えました。それはなんと早稲田に対向意識があるのか、フォーメーション。丁度居合わせたみっちゃんを巻き込み手始めはやさしい大回りのみのフォーメーションから。しか〜し、
みっちゃんを先頭にしたのが間違いでした。「おーい、先頭早すぎ!!」あとついていけません。それからは何故かずっと私が先頭となりました。フォーメーションの先頭ほどつまらないものはありません。だって一人で滑ってるのと何ら変わりないんだもん。こん時の作品は http://blog.55ski.net/ 3月6日の書き込みにてご覧ください。我ながらあっぱれな出来です。ちょっと練習すれば早稲田に勝てるかも・・・なんちゃって。まあ極空きのチャレンジだったからこんな楽しみ方もできたのですが、とても女子国では出来ない技でした。ゲレンデ状況というよりギャラリーがいたら恥ずかしくてできません。でもたまにはこーゆーのも練習のひとつとして取り入れてもいいかもしれません。やってる方も楽しいし・・

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成18年3月4日(土) 晴れ  積雪250cm 
今朝は早起きする自信がなかったので、起きた時点でひとり気ままに行こうと思ってましたが、昨夜「私をスキーに連れてって」と、おねだりをされちゃいました。しょうがないなぁ連れてってやるか!その代わり、到着1時間前に電話にて私を起こしてよ。6時から7時の間に着く予定ということなので、一応私も6時に目覚ましかけて寝ました。すると目覚ましの音にて目が覚めた。まだ電話がないということは到着は7時だな。じゃゆっくり出動準備始めますか!ところが6時半になっても電話が無い・・・これって随分遅くない?何かあったのかなぁ?とこちらから電話してみたが出ない。すると向こうから折り返しの電話。第一声「ごめんなさ〜い、寝坊しましたぁ〜」おいマジかよ。モーニングコールしたのは私の方でした。
これから出てくるんじゃまだ2時間はかかりそうです。結局出発は9時近くになってしまいました。ということで、現着したときには準指検定も全て終了した後でした。しゃーないとりあえず滑りましょう。と二人で滑り始めたら、すぐに匂いを嗅ぎつけおとっつぁんが近寄ってきました。彼って何気にいつもそばにいるんだよなぁ。まずは3人で女子国へ。2本目くらいでかわちゃんと遭遇いたしました。彼と会うのは久しぶりです。今朝もお天気が良さそうだったので来たという。そして4人揃ったところで西山へ。時刻はもうお昼近くになってますが、出動が遅かったのでお昼は後回しにしました。しかし今日は誰にも会わないなぁ?他のみんなも来ているはずなんだけど、西山では電話が通じない。ま、そのうち会えるか。
写真は急に夜になってしまいますが、お昼時間がみんなとすれ違っちゃったため、午後の出動はかなり遅れた。と言うより、おとっつぁんと飲んでたら置いていかれた。丁度ヤポンのメンバーたちが今晩ナイターレースに出場するとかで午後、お部屋で休憩中だったので、そちらへお邪魔していました。他のみんなはどこ滑ってるのでしょう?3時にとりあえず出動してみましたが電話通じないのでたぶん西山でしょう。何度かかけてたらやっと繋がり合流。でも2〜3本ほどでお終いとなってしまいました。そして今夜は急遽お泊り。夕飯を食べ終わると時間はまだ早いのに暇です。今夜はUMDNも混んでるので、お風呂も混雑するでしょう。「じゃ、温泉にでも行くか!」ということで「わたすげの湯」へ行ってきました。
ここはいつも車がいっぱいなので、つい通り過ぎてしまうところなんですが、考えてみたらここの駐車場って狭いよね。たぶん中身はそんなに混んでないんじゃないかなぁ?入浴料¥800 ちょっと高い?って思うけど、お風呂あがりに麦茶orポカリスウェットのサービスがあります。それからサービスカードがあって、このカード持参にて¥700になり、5回行くと1回無料。計算してみると3600円払って6回利用できる。ということは1回につき¥600となります。まあ普通のお値段か。まだ新しいお風呂なので、とっても綺麗です。湯気で真っ白だったのでよく見えませんでしたけどね。そして宿へ戻ると、UMDNの食堂では今年2回目の「セキネカップ」が開催されていました。私は今回はご遠慮させて頂きましたけど。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成18年3月3日(金) 晴れ  積雪250cm 
ちょっと体調不良だったので今朝は行こうかどうしようか悩みました。サチも行きたいようなこと言ってたのでTELしてみると、彼女も優柔不断な状態であった。でも一日うちにいてもただボーッと過ごしてしまいそうだし・・・それから今日は群馬県の準指検定もやってるんだよね。サチからは前向きな意見は出そうもなかったので、じゃ行こう!!と勝手に決行にしちゃいました。予報はイマイチだったけど、どうやらハズレ。今日はいいお天気ですよ。根利には雪も氷もまったく無くすんなり。今ならFR&ノーマルでも現着は可能です。気合の入らない2人だったので出発が遅れ、スタートしたのは10時半でした。リフトを降りた途端 「おッ、やってるよ検定」 1本も滑らないうちに検定見学に突入しちゃいました。
最初の種目は見逃しちゃったようですが、チャンAでのテールコントロール小回りから追っかけ開始です。よこぴ37番、バイキン16番。下から見ていると滑りの違いが明らかだ。レベルの差が随分あるように感じる。テールコントロールということで仕方ないのかもしれないけど、全体的に落差が足りない人が多いような気がした。
ま、素人の私が言うのも恐縮ですが、思ったことを書いてみます。続いてリーゼン下部にて不整地の小回り。今日は晴れてるから雪もすぐに緩んでしまうのではないかと思いましたが、大きな間違い。とにかく寒いんです。風邪ひいてるからかな・・・?いやそうでもない。だってバーンが硬いのなんのって。整地の種目はザクザクより滑り易いでしょうが、コブはかなり手強そうです。
最初にブロック検定員の何名かが降りてきましたが、いずれも弾き飛ばされてました。受験者達はさぞビビッたことでしょう。案の定、バランスを崩す人が続出でした。ある意味飛ばされたブロック検定員に感謝するべきか!まともに滑りきった人は数少なかった。
続いてエキスパ下部にてシュテムターン。私的にはこの種目が一番苦手。受験者じゃないから関係ないんだけど、これ普段やることって無いじゃないですかぁ。開き出すタイミングが解ってる人輪かって無い人、踏み出すのではなく、なんとなく開いてきちゃった。って感じの人。上手い下手がはっきり出る種目の一つだと思います。
次は低速種目のプルークボーゲン&プルークターン。これも素人には難しいんですよねぇ〜。
スタート前、お二人はVサインなんかしちゃって余裕かましてましたが、内心ドキドキだったのでは?だってごまかし効かない種目だもんね。低速になると、みんな動きが硬いような気がしました。たぶん足元に神経が集中してしまうのだろう。(解る解る) でもストックの構え方ひとつで見栄えがかなり違う。一箇所にこだわってると他がおろそかになってしまうんだよね。基礎スキーって全体のバランスが非常に大事だということをしみじみ感じました。話は飛んでしまいますが、先日榎並さんの講習を受けてて感じたけど、やってることが、見ている側にしてみると凄く簡単に見えるんですよ。でも実際やってみると非常に難儀なことです。見ている人が難しそうに見えてしまっているようじゃ、まだ甘いんですね。
と、私なりの感想を勝手に言ってしまい受験者の皆さんごめんなさい。でも今日までの皆さんの努力は凄いと思います。準指を受けると決めた時から、レジャー気分は捨てなくちゃならないんだから・・・ホント、みんな合格させてあげたい気分なんですが、そうはいかないよね。明後日に結果は出てしまいますが、是非とも祝賀会にて締めくくりたいものです。受験者の皆さん明日もリラックスして(なかなかそうはいかないと思うけど) 練習の成果を出し切ってください。もう一日ファイトです。
マジな文章になってしまったので、最後は甘いひと時を。検定終了後、あまりの寒さに手足が凍え逃げ込んだ先はリゾートホテルのモンブラン。今日も生クリームたっぷりのワッフル頂いてまいりました。癒された〜^^