ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年3月28日(日) 晴れ 残雪230cm
登りの右急カーブ、帰りは恐〜
初公開、根利の楡高トンネル

ブナ入り口

西山のナイスビューポイント



定番、風呂あがりおやじ飲み
今日は久々のヤポン復帰。朝は6時半に大間々集合。根利もすっかりリニューアルされ、岩鞍までの道のりは10分ほど短縮された感じです。昨日お伝えできなかったトンネルの画像をまずはお届けいたします。前半は直線を過ぎると登りの右急カーブ。しかし下りのことを予想すると、行きはよいよい帰りは恐いって気もします。まあ建設関係者の話によるとこのカーブにはかなりバンクをつけてあるということなのですが、乗っていた車がとってもよくロールしてくれたので、逆バンクになってるような気がしてならなかった。そしてトンネルに入ると明るさと広さに感激いたします。まるで高速道路のようです。でもなんで中身はあんなにホコリっぽいのかなぁ?今朝は霧出てたっけ?所要時間は約2分です。今はすごく新鮮な感じがしますが、しばらくするとこれが普通になってしまうのでしょうね。
雪もまったく無く、国道もガラガラで現着は早い早い8時でした。先週あたりから感じていたのですが、最近蒲田の信号を直進する車が随分増えたような気がします。いい雪質を求めて丸沼行く人が増えたんですかねぇ。

春だけど早朝のゲレンデは凸凹無くてまっさか綺麗です。まずはファミリーから滑り始めました。続いて第3から第8クワッドに乗り継ぎました。そこを降りた瞬間「うわ〜尾根が気持ち良さそぉ〜」って思ったけど、そういえば確か昨日もこんなこと言ってたよね。やっぱり昨日と同じ結果、今日も尾根のリフトは運休でした。(綺麗なわけだ) しょうがない沢コースを行くしかありません。生憎チャンピオンも大会で使用しており滑走不可です。もう気持ちよく滑れそうなバーンが見つからないので西山へ下りました。こうなりゃコブと最初にブナを目指しましたが、ちょっとおりてみたらメチャクチャ硬かったのでまた登って尾根を経由し、再び西山へ戻りました。残すはみずなら・とちの木コースしかありませんね。でもさすが西山、まだまだいい雪ですよ。すると岩鞍をよく知る人たちがみんな集まって来ました。普段西山で遭遇することなんてめった無いのに、今日はAMメンバーが3名、別車のヤポン2名もここに現われました。バーンは荒れてなくて滑り易い状態なのですが、何しろリフトが長い。これだけが唯一の欠点ですね。来シーズンはクワッドにしてくれないかなぁ・・・
しばらく滑っていると、気温がどんどん上昇してくるのがわかった。そろそろブナもいいかなぁと再び挑戦いたしました。さっきより随分柔らかくなったけど、所々まだ硬いところもありました。ま、全員無事に降りられたからよかったけど、1本のみ(あれ?2本だったかなぁ、忘れた)で終わりました。

ブナを滑ったあとは、やっぱり水分補給です。一行は11時半に居酒屋入りしました。本日ここに集まった人数は8名なり。春になると引退する人が何人かいるので、これからの宴会はきっと静かなものになるでしょう?
そうそう今日はね、この居酒屋のバーテンさんも引退するようですよ。彼にはいろいろ楽しませていただきました。なんか居なくなっちゃうと寂しい気がするけど、きっとまた会えるよね。長い間お疲れ様でした。なんて言っちゃったけど、就職見つかんなくてちゃっかり来シーズンも居たりして・・・それはそれでまた感激です。

そして午後は解放されたチャンAへ向いました。ところがリフト降りての突き当たりはなんと右折。いきなりエキスパ上部でした。でも柔らかめなので滑り易かったですよ。2本目は左折して正規のコースへ。大会で使用してたので綺麗なのかと思ったらそうでもなかった。そんなところへ、最後のお別れにと居酒屋のバーテンさんが現われました。しかし今日はボード持ってます。「俺こんなとこ滑れないよぉ〜」なんて言ってる間にリフトに乗せられまたまたチャンAへ。午後はここがメインでした。
そして恒例3時のおやつ。この時間を逃すとオクタ下が閉まってしまうので、その後ラストまで滑り続ける為強制的に休憩する。30分後係りの人が閉店を告げにきます。今日も忘れずやってきました。休憩時間を過ぎると表側は陽が翳りグシャグシャの雪はジャリジャリに一変します。これからの1時間は体力勝負かな。疲れた上に凸凹、しかもそれがかたまってきてもう大変です。でもこれも試練とめげずに滑りましょう。

そんなわけで今日も皆無事に楽しい1日を過ごすことができました。
あっひとつ書き忘れました。今までテクテクと歩いてきたIさんがみごとゴールいたしました。おめでと!

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年3月27日(土) 晴れ
もう今日が最後です








本日でめでたくエイジシュート(ゴルフやってる人じゃないと意味わかんないか!)年令分ってことです。今年はシーズンインが遅かったので50回は難しいかな?と思いましたが、土・日の皆勤賞とお正月のスパートで何とかそれもクリアできそうです。でも還暦までは無理ですね。(あれ?そういえば還暦のおじさん今日はいなかったなぁ。もう定年ですか?)

今朝は6時30分の出発です。外へ出ると風が強く晴れてるけどちょっと寒く感じました。下田沢の信号には記念式典会場の案内が出てました。そう今日は
「楡高トンネル」の開通式です。通行開始時間は午後1時ということなので、朝はまだ通れませんでした。でも最後の細道ということで、周りの景色を眺めながら別れを惜しんできました。もうこの根利道も空いてますね。前にも後にも車は無く、マイペースで走れました。雪も氷も全部融けてました。

岩鞍現着は8時45分、まずはうめでんさんでのモーニングコーヒーから始まりました。そして車に戻って着替えをしていると、リゾートホテル前に止まった送迎バスから見覚えのあるウエアーが目に入りました。AMメンバー2名とヤポンの穴あきかわちゃんだ。穴あき状態だったので、またこっそり滑ってこっそり帰る予定だったようなのですが、今日も駐車場で身柄を拘束されてしまったようです。早速その3名と合流し、まずはロマンスを1本、そして女子国といつものパターンから開始です。朝のうちはまだ硬めのバーンで、結構気持ち良さそうな感じでしたが、今日は板を替えていた為、すぐには馴染めませんでした。本日はチャンAが大会の為閉鎖、尾根のリフトは運休、仕方なく女子国沢コースを3〜4本滑りました。その後は西山へ。西山といえばブナだが、今履いてる板では楽しめそうもないのであきらめました、みずならコースを2本滑り尾根へ逃げました。ここはリフトが止まっているせいで、バーンの状態はとってもGOOD。ちょっと遠回りではあるが、ブナリフトを経由して一番状態のいい尾根を2〜3本滑りました。

ここで丁度お昼です。そろそろお腹もすいてきたので、居酒屋タイムにすることにしました。しかし今日は飲兵衛隊の会長、副会長が欠席なのでごく普通の昼休みとなりました。

午後の部はDさんの師匠、ブラウンいやクラウン持ちのSさんご一行様と合流しました。ゴンドラで一気に頂上まで行き、西山へ下りました。目指すはブナです。お昼休憩の時に、板替えといて良かった。午後のコブはとっても柔らかくなってて滑り易いはずなんだけど、今日の私はちょっと弱気でした。一瞬恐いと思ったらもう駄目ですね。やはりあまり考えずに勢いで行っちゃった方がいいみたい。そんなブナは2本で終わりホッとしました。ここで穴あきかわちゃんはお医者さんへ穴埋めに行くため早退。その後は大会が終わって解放されたチャンAをずっと滑っていました。もうナイターも終わってしまったので、4時半が最終です。いつもの調子ならまだまだ元気なのですが、春の悪雪となると、とても体力を消耗します。今回はこんなところで勘弁してやるか!

そして今日はもうひとつお楽しみがありました。そうです根利のトンネルが開通したのです。まあトンネルといってもどうせ大したことはないのだろうと思ってたが、通ってみてビックリ!思った以上に、広い、長い、綺麗。まるで対面通行の高速道路のようでした。あの大変だった区間を2分弱で越えちゃうんだからものすごい感激です。写真撮りそこなったのが悔やまれます。まいいか、明日また通るんだから・・・これで登れない車、勝手に下りてしまう車も安心ですね。しかしこんなに広くなっちゃうと、大き目の車がバンバン通るようになっちゃうような気がするんですけど?来シーズンはトンネルを越えたあとの対向車に十分気をつけないと黒いゾウが出てきそうです。時にはピンクのサイもね。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年3月21日(日) 晴れ 残雪240cm
そろそろ見納め根利の細道

2年ぶりの団長さん


まいたけ汁サービスコーナー


「ヒサヤ」です「ヒサト」じゃないよ


カービングカップスタート地点
昨夜の時点で今日はゆっくり出動しようと決めていた。目覚ましのセットは7時。すぐに起きてトロトロと行動を開始しました。のんびりしていたら突然のメール。なんと寒気団長さんからであった。内容は「今、岩鞍で滑ってます」ということだ。トロトロが急にセカセカになり8時8分に出発しました。黒保根まで50分、根利道が30分、ダムから岩鞍まで40分。雪が無くて空いてればざっとこんな計算である。「到着予定は10時ちょい過ぎです」と返信いたしました。
昨夜は根利にも雪が降ったようで、木々はうっすら雪化粧してました。この時間になれば道に積もった雪はほとんど融けてるので安心。そういえばこの細道も来週土曜日の朝を最後に通らなくなっちゃうんだ。記念に写真撮っておこ。苦労する場所でもあったが、無くなってしまうとなると寂しいような気がしますね。ここの下りを走るの結構好きだった。

予定の時刻ピッタリに現着。早速団長さんに連絡を入れました。クワッド前で待つこと3分。ウエアーを新調したオレンジの団長さんが現われました。今日は奥様と二人でラブラブスキーのようです。約2年ぶりに再会いたしましたが、益々元気で、滑りにも磨きがかかってました。早くわかっていれば、私も7時半から滑ったのにね。生憎ヤポンも留守だし、せっかく遥々来てくれたのにあまり滑れなくてごめんなさい。

団長さんご夫妻とまずはロマンス、女子国を滑りました。途中でAMスキークラブの面々が次々と現われ、女子国から下部へ移動しました。となりのチャンピオンコースでは、本日カービングカップの決勝戦が行なわれていたのでたくさんの人が集まっていました。そんな中誰かが、「まいたけ汁食ってこ」なんて言いだした。よく目につけましたねぇ、一般の方々にも無料で配られていたなんて私はまったく気がつきませんでした。ということで一行はそこでしばらく立ち止まりました。するとすぐ目の前をあの「佐藤久哉デモ」が通り過ぎた。すかさず「写真撮らせてくださ〜い」と声をかけ、ちゃっかり一緒に写ってしまいました。綺麗に日焼けしてて白い帽子がとっても似合ってました。笑顔がなんとも素敵です。顔ちっちゃ〜い!スタイルの良さにも驚きでした。みんな感激の一瞬でした。因みにこの大会の優勝者は彼でした。

そしてそろそろお昼の準備。何を準備するかといいますと、ビールを美味く飲むためのです。そうなれば目指すはリーゼンしかないでしょう。このとおり天気は雲ひとつ無い快晴。1本滑れば汗かくこと間違い無し。しかし今日は気温が低いのかなぁ?私は全然あったまらなかったので、もう1本とせがんだらこころよくお付き合いしてくれました。我慢できずに行っちゃった人も2〜3名いたようですが。

そしていい感じに準備が調い、居酒屋さんに向かいました。そこにはもうお席が確保されていて、早々4名はすでに宴会を開始していました。昨日帰れないほど飲んだのにま〜だ足りずに飲んでる人、先週頭を打ってもう飲まないって宣言したのに飲んでる人、昨日階段から落ちたらしく(本人は記憶が無いそうだ)傷だらけなのに飲んでる人、みんな忘れっぽい性格のようですね。というよりスキー場の中の懲りない面々です。でも今日はほどほどで済みましたよ。

午後はカービングカップの表彰式に参加しちゃいました。というか横っちょで見ていた私達にDJさんが「そこで見ているギャラリーの方も参加していいですよ」って言ってくれたので、最後のじゃんけん大会に加わりました。みごと一回戦で全員敗退でした。トップデモはじゃんけんにも強いのかぁ!!
そしてその後は解放されたチャンAをず〜っと滑ってました。カービングカップ出場者の気分味わえたかな?しかしこんなとこあのスピードで滑り下りるには、かなりの覚悟と思い切り、筋力、技も必要ですね。こんな大会私は御遠慮したいですね。

今日も楽しい1日でした。最後はまたまたうめでんさんへ寄りこんで反省会。おっと課長はまた「メシ」かい!って言ってる私もしっかりいただいて参りました。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年3月20日(土) 曇りのち雪&霧のち晴れ 残雪240cm
今朝の根利は乾いてました


カービングカップ会場



午前中は霧の中



午後には天気回復


今日は久しぶりにマイカーにて出動しました。出発は7時30分、その時の気温は3度でした。「暑さ寒さも彼岸まで」ということですが、今日は冬に逆戻り、外へ出た瞬間寒いと感じました。朝の天気予報によると2月中旬の気温になるって言ってた。しかし根利にはまったく雪は無く、すべて2駆のままノーマルタイヤでも全然OKって感じでした。しかし根利の後半から見える高いお山はうっすら白くなってました。(ちょっと期待)
現着はうめでんPに10時、すると駐車場で長靴姿のSさんに会いました。「おはよ〜もう滑ってきたの?」って訊ねると、「これから!昨日はうめでんにお泊り。帰れなかった、飲み過ぎて!」ということでまだ完璧には目覚めてない様子。私はすぐに着替えてゲレンデへと向かいました。天候は曇り、しかし今にも雪が降り出しそうな感じでした。滑り始めるとすぐにMさん発見。リフトに乗るなり昨日の出来事を話してくれました。昨日はAMスキークラブの何人かがお休みだったらしく、久しぶりの大宴会が開かれていたそうで、明るいうちから裸足でゲレンデ走りまわっていたそうだ。そんな馬鹿なことは暗くなってからやりましょうね。名前のとおり午後のスキーは無かったようだ。

30分後、とりあえずゲレンデに出てきたSさんですが、リフト乗ってる最中、時折意識を失ってるみたい。でも私とMさんは元気いっぱいなので、ロマンスを2〜3本滑り、そのまま尾根までご足労願った。途中で黙々と滑っている牛丼チームのAさん見っけ!午前中は4名でのチーム編成となりました。今日は人数少なそうですね。さすがに昨日のダメージが大きかったせいかAMチームの姿は誰一人見当たりませんでした。4名だけとはちょっと寂しいなぁ、そうだ今日はヤポンも志賀に行ってて留守なんだ。あれ?そういえばIさんと花子も来ているわけなんだけど何処滑ってんだろう。きっと寒いから下の方で基礎練習でもしてんのかな?。天候はお昼が近づくにつれて怪しくなってきました。11時半にはすっかり雪、しかも濃霧付きです。私はもう休憩に入りたい気分ではあったが、今朝Sさんがうめでんを出て来るとき、「予約が入っているから12時半過ぎないと来ちゃ駄目!」ってキツク言われそうだ。しょーがないもうちょっと滑り続けるか!ってわけで12時半までず〜と尾根に張り付き状態となりました。

お昼も4人だと静かです。あまりに静かなので、ビンビールを1本買ってきた。私はコップ1杯で十分だったので、半分はSさんにプレゼントしました。午前中は意識を失ってた彼だが、ビールを飲んだ途端に蘇ってきました。「これじゃ足りない?バーボンでも飲む?」ってボトル持ってくると「それじゃ1杯だけ付き合ってやるか!」なんて言いながらまた飲んでました。

居酒屋入りが遅かったので、気付いた時には2時をまわっていました。お天気は徐々に回復し、太陽がうっすらと見えるようになりました。午前中降った雪が3〜4cm積もったかしら?少しは滑り易くなったかなと思い、エキスパ上部へ行ってみた。前半部分はかなり硬めではあるが、何とか滑ることができましたが、中盤からはほとんど氷のバーンでズリ落ちてくだけでした。
今日は私の出勤も遅めだったので、まだダメージはありません。でも大変疲れているような人が1名いたので、4時頃休憩。またこの休憩が長い。休憩と言うより夕飯でした。Sさんは満腹になると幸せそうな顔して、「じゃ帰ろ!」といなくなってしまいました。残るは3名。

休憩が長かったので、またゲレンデへ戻るのはちょっとおっくうだが、もしかすると今日でナイター終了かもしれないので、気合入れて立ち上がりました。
ちょっとひんやりだけど、雪は止み風もなくなかなかのナイター日和になってました。30分くらい滑って帰る予定が2時間近くいたかなぁ?結局お帰りは7時半でした。帰りの根利は霧&凍結でちょっと汗ばみました。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年3月14日(日)雪のち晴れ  残雪250cm
ステージに並んだ選手達


久々の集合写真って感じかな



オクタでひと休み中



完全に春「花道?」できました
今年も技術選が無事終わりましたね。成績は男子優勝柏木、女子優勝嶺村、相変わらずこの2人は強いですね。嶺村の3連覇にはビックリです。

一方岩鞍でも技術選が行なわれていました。私達の代表として1級2名。2級1名が出場いたします。今日はこの観戦ツアーみたいな感じでした。出場者のみなさんにとって応援は、とても心強く感じる方、プレッシャーに感じる方、いろいろでしょうが、一流の選手はギャラリーがたくさんいた方が燃えるみたいです。ね、そうでしょかわちゃん。

現地には朝8時半に到着。今日の出場者達はさぞ緊張していることだろうと思ったが、1級のYっちくんは検定三昧(いいような、悪いような)ということで最近は検定を楽しんでる様子。もう事前講習は受けてあるので午前中はみんなと一緒に滑りまくってました。しかも彼がハンカチを落とした瞬間、誰かさんに「あっ落ちた」なんて大声で言われてたけど余裕な顔してました。(内心はズキっとしてたかな?)
午前中は講習の時間なので、観戦者達も応援時間にはまだ早く、それぞれ即席チームを作り好きなところを勝手に滑ってました。しかし数えてみたら、今日はたくさんメンバーが集まってますね。ヤポン4名、AM5名、牛丼4名、大泉SC2名、え〜とまだいたかなぁ?ざっと数えても15名くらいいたようです。

午前中のバーンは昨日からの雪が5cm程積もり、以前としてその下にはアイスバーンが隠されてました。しかし春のスキーは難しいです。硬いところと柔らかいところが交互に出現するので、とっても対応しきれません。私もまだまだ修行が足りないようです。教えられても身体がなかなか反応してくれないので「習うより慣れろ」の精神で少しでも多く滑りたいと思っています。

午後からの技術選観戦の為、お昼の居酒屋タイムも早めに切り上げ、一行はメインステージの女子国沢コースに集合した。青ゼッケン10番、14番、赤ゼッケン3番に注目です。沢コース1本にて全種目を行うようだが、今日の状態から言って、整地と不整地の境目は無いように思われた。下がってくるに従い、雪質もかなり重くなってる様子。1級受験の人もかなり悪戦苦闘していました。そんな中何故か赤ゼッケンの3番さんだけは「距離が足んね〜」と欲求不満のようでしたよ。Yっちくんの総滑転倒(エム原さん予想的中)もありましたが、結果は・・・本人から聞いてください。
ず〜と、厳しいと言われていた岩鞍の技術選ですが、今日は出血大サービスなのか1級18名中4名合格、2級8名中4名合格といつもに無い好成績だったようです。ご出場の皆さん、ご観戦の皆さん、お疲れ様でした。

検定は2時半に終了。さ〜てこのあとはどこ滑ろうか?ってことになったが、私は3時にオクタ前で居酒屋のバーテンさんと待ち合わせをしていたのだ。彼曰く、「スキー教えてよ」ということなのですが、彼は噂のちょっかり名人。今更教えることなんてないだろう。って思ってました。しかし真っ直ぐ滑ることは名人でも、ほんとに曲がることができなかったんですね。ボーゲンで腿を内側に絞っただけで、悲鳴をあげていました。もう私には手におえないので困っていたらひよこ隊の隊長が現われてくれました。助かった〜。さすがに彼は教え上手ですね。あとはすべて隊長にお任せしちゃいました。(逆に直滑降の指導受けてたりして?)まあ1度練習したくらいじゃ上達は無いに等しいけど、彼は「来週2級受ける」なんて意気込みだけはありましたよ。(Maybe嘘)

今日はいつもと違った楽しみ方をいたしました。たまには検定見学もいいですね。あらためて私達仲間のレベルの高さを感じました。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年3月13日(土)晴れのち雪
根利頂上もドライです



午前中は快晴



ゴンドラ休憩



毎年恒例早稲田のビールかけ
日記の更新が遅れました。月曜日の日課になってた方ごめんなさい。とりあえず土曜日の分だけ先アップいたします。

今日も「たかり」ですいません。先週は寒くて凍えてたのに、たった1週間で随分あったかくなってしまうのね。根利の氷はもうほとんどなくなっていました。2日前の夏日(館林で25度を記録)が利いたのね。駐車場に着き身支度を始めようとしたところ、装備にも悩みました。暑そうなのでインナー1枚脱いで、ゴーグルやめてサングラス。でも今日は土曜日なのでナイター突入を考えると・・・やっぱり重装備で行こう。暑けりゃ脱げるけど、寒さには耐えられないから。って思い出動しました。ゲレンデに到着するとすごくいいお天気なんですが、昨日ちょっと冷えたらしく風はまだ冷たさを感じました。バーンは最高に締まっていてコケたら痛そうです。まずはウォーミングアップにロマンスを1本。続いて女子国を2〜3本、途中で検定の練習なんちゃって立ち止まっていたところ、かわちゃんによ〜く似た人が軽快に通り過ぎていきました。でも止まらずに行っちゃったので違うのかな?っとは思わなかった。絶対かわちゃんだ!と後を追いかけました。すると大当たり。本人曰く「見つからないようにコッソリ通り過ぎようと思ったのに」なんていってましたが、どんなに目立たないコソ練ウェアー着てたってここでは誰にも見つからずに滑って帰るなんてできませんよ。

そんなわけで彼も仲間に引き入れ、先ほどナンパしたトラ柄のカバちゃんも一緒に、ここからは5人で滑り始めました。しばらく滑っていたのですが、今日はいつものお顔が見当たらない。みんなこそ練ウエアーにしたのかなぁ?知らない間にこっそり通り過ぎてたりして!
でもそうでもなかったみたいです。こうあったかくなってしまうと、テニスに浮気したくなるような気分の人も2名いたようです。そのうちちらほら現われてきました。Tさん、Sさん、子分さんも発見いたしました。

晴れているわりには気温が低いようで、なかなかアイスバーンは消えてくれませんでした。こんなカチカチバーンは私にとっては最悪だけど、かわちゃんには最高に嬉しい状態だったようです。しかし彼は、秘密兵器に変わっていたことを忘れていたのか、いつもの調子で身体を傾け深いカービングターンを楽しもうとしたところ、手を着くつもりが後頭部をついてしまったみたい。懲りずにもう一度ためしたら、同じようにコケたそうだ。(本人はそんな夢を見ていたって言うのですが・・・)

そして11時半に早めの居酒屋タイム。2月中はもうこの時間だと満席状態になるが、3月ともなるとスキーヤーの数も減ってくるみたいですぐに座れました。今日の宴会は比較的静かです。特に後頭部を打った夢の続きを見ているのか、かわちゃんは無言です。心配になり「どうしたの」って聞くと「もう帰ろうかなぁ」なんて言い出しました。また具合悪いのかな?でもいつものカツ丼は全部たいらげていたので心配は無さそうです。(そーいえばかわちゃんがカツ丼以外の物を食べてるの見たことないなぁ)人数も少なかったせいか、のんべえさんがいなかったせいか宴会はあまり盛り上がらないまま終了となりました。

そしてこの分だと午後は暑くなるだろうと予測し、インナーを一枚脱いで外に出ました。ところが上部の方は白くなってる!まさか雪ってことないよね。って思ってる間に降ってきちゃいました。しかも本格的に・・・ウエアーに付くとジワ〜としみ込んでいくような水分多めの雪でした。薄着で出て来た私はもちろん寒さに耐えられなくなり&アイスバーン恐い病で4時半の時点でギブアップしました。とりあえずみんなと言っても残っているのは4人だけですが、ナイター組がいるので、一時休憩となりました。休憩中に今年もまた始まりました。外では何やら大騒ぎ。毎年恒例の早稲田の学生さん達によるビールかけです。女の子達は水着ですよ。見ているだけで寒くなりました。
1時間程休憩して、1名は飲む都合で消え、2名はナイターのゲレンデへ、私はひとりでナイター終わるまで、延長休憩してました。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年3月7日(日) 雪



宴会は1列貸切


おやじです



ヒミツの林間裏街道にて



ブナ休憩所にて
一生懸命掲示板から呼びかけた甲斐あって、やっと101kgさんが冬眠から目覚めてくれました。なんと今年はじめての顔合わせです。前橋からじゃ現地集合の方がラクなのではないかな?とは思いつつも一緒に行こうと誘ってしまいました。朝大間々で待ち合わせて根利経由で岩鞍へ。昨日は真っ白な根利でしたが、もう前半の雪はほとんど融けていました。
渋滞もなく順調に進んでいたら早々電話が入りました。「目標101kg」くんです。今日は最愛の101kgさんに会えるということで待ちきれないのかな?って思いましたが、一声はとってもダルそう。「まさか寝坊?」いやそうではありませんでした。先週都会で悪い鳥を食ったようでどうもインフルエンザにかかったみたいです。先週はヨイヨイ、今週はフラフラ、来週は是非ピンピンになってほしいもんです。それにしてもあれだけ丈夫そうな身体でも、鳥菌には負けちゃうのね。恐るべき鳥です。酒には酒、鳥には鳥ということでフライドチキンでもいっぱい食べてはやく元気になって下さい。ということで寂しいけど彼は欠席でした。

岩鞍現着は8時ちょっと過ぎ。またしても雪です。一晩中降っていたようですがあまり大した量ではなく「小さな新雪」ほどでした。ゲレンデの状態は雪質は最高ですが、隠れバーンはやっぱりカチンコチン。一番気持ちよく滑れたのは「廊下」と「林間裏街道」でした。今日はヤポンも6名来ていたので、総勢12〜13名くらいになったのかなぁ?で居酒屋ではこのとおり大騒ぎです。Sさんお勧めの銘酒『コッコ』まで登場し、かわちゃんは(風呂上りオヤジ飲み)してました。今シーズンはかなり自分を殺していたFさんもぶっ壊れる一歩手前くらいまで頑張ってましたね。中には完全に壊れた人もいたようですが。

午後はもちろん休憩延長の為、ゴンドラから始まりました。こんな酔っ払い集団なのに、なんで左側の列に並ぶの?一緒に乗り合わせた人は酒臭くてかなわないよぉ〜。運悪く私とナグちゃんが一緒になったのは、ご家族連れ。ゴンドラ乗るなり窓を開け、山頂駅まで口をおさえ、鼻で息してました。とっても苦しい延長休憩でした。酔っ払いだけで乗れない場合はリフトにしましょうね。近所迷惑だから・・・
後半もお天気は相変わらず、山頂はとっても風が強いです。尾根をフラフラ(風と酔いで)しながら滑り降りると、アルプ前でひと足早く居酒屋を出て行ったヤポンに遭遇。彼らはどこへ行くのかと思いきや、なんとブナへ行くと言う。この寒いのになんで西山なの?ヤポンのコソ練ウエアーはあったかくできてんのかなぁ?でも嫌いじゃないのでくっついていきました。ブナリフトから様子を伺ったら、ガリガリと音が響いてきました。ブナリフトを降りて、さ〜て覚悟決めて滑るか!っと気合いれたらヤポンのメンバーはかわちゃんだけ置き去りにして、ブナを横目にそのまま通り過ぎてしまいました。なんでここまで来たのか訳わかんない。
私もこの状態では楽しめそうもないのでご遠慮したかったが、短くて柔らかい黒光りした秘密兵器を履いたかわちゃんが寂しそうにしていたので、過酷なコースを2本もお付き合いしてしまいました。なのにちっともあったかくなりませんでした。
そして、益々風雪は強くなり私は寒さに耐え切れず、女子国から下まで降りようとしていたら、さっき別れたヤポンと再会。彼らも下りるのかなって思ったらまたしても西山へ消えていった。ブナは見学だけなのにいったいどこを滑るっていうのかしら?ホワイトアウトしちゃうよ。

あ、そうだ忘れてました。今日は私のお友達のオニくんも来ていたのだ。そーいえば彼が来る時はいつも吹雪きだなぁ。11時半に「根利通ってきたら燃え尽きた」という到着お知らせの電話をもらってから3時間半もほっといてしまった。遭難してないだろうなぁ?と心配して電話してみたらすぐそばにたたずんでいました。結局合流できた時には灰になってたみたいで、女子国3本一緒に滑って消えちゃいました。

しかし今日も寒い1日でしたね。にもかかわらず帽子の下に汗かいてる異常体質の101kgさんには驚きです。しかもインナーは半袖Tシャツ1枚だよ!!その体質少し分けてもらいたいです。そして最後はファミリー3本ほど滑って終了しました。もちろん帰りは渋滞解消待ちの居酒屋経由です。あれ?この時間にしては珍しい人がいるぞ〜。きっと今年は最初で最後だと思うけど・・・信号色のFさんです。でも渋滞なしで帰れたでしょ。

帰り道は、まだ雪が降ってました。根利は所々黒光りしててイヤらしい感じ。時折おしりががピクッとしました。ヒヤヒヤしながらも無事に大間々到着です。
そして最後の〆はお夕飯。101kgさんが先日お友達のぽんちゃんに「是非ここのこってり味噌ラーメン食べてみて」と勧められたようで、迷わず某ラーメン屋さんへ向かいました。噂通り人気店のようで混んでたけど丁度カウンターが2つ空いててすぐに座ることができました。あの巨体だからちっともおかしくないが、周りを見渡してみたら大盛り食べてる人は彼一人のようだ。常連さん達は知ってるのね。ここの大盛りはものすごい量だということを・・・。それを完食した彼も大したもんです。見ているだけで気持ち悪くなりましたよ。

まあそんな101kgさんでしたが、久しぶりの岩鞍はいかがでしたでょうか?また次回お会いできることを楽しみにしています。
本日も皆さんお疲れ様でした。来週はぐっとあったかくなることでしょう。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年3月6日(土) 曇りのち雪

今シーズン初ダム

一時はいい天気だったのにね

板を片方置いて○印まで背面直滑降はさすが
本日はちょっと早出の5時40分発。VIPなのに「早え〜よ」と文句が言えません。今までVIPって言葉を使ってましたが、ホントは「たかり」です。いつもすいません運転手さん。

今朝起きてすぐにテレビをつけたら雨の成田空港が写ってました。え〜成田は雨降ってんのかぁ。なんて思っていたら、こっちも雨でした。桐生に入ったらみぞれ、大間々を過ぎたあたりから雪っぽくなり、黒保根では本物、根利の頂上では本格的にバサバサ降りだしました。久しぶりに真っ白なスペシャルステージの根利でした。運良く私達の車には何の被害もありませんでしたが、途中に1台縁せきをまたいで止まってる可愛そうな車がありました。
しかしもう3月なんですね。根利も国道も随分車が減りました。まったく渋滞なしで現着です。駐車場も第2の前の方。今日は空いてていい調子だぞ!っと喜んでいたのは朝のうちだけでした。

ゲレンデの状況はと言いますと、雪は5cmほど積もっていたのかなぁ?一応新しい雪なので一見滑りやすそうだが、その下に思いっきり固まった氷のバーンが隠れてました。急斜面になると所々硬いところが剥き出しになってて結構ヤバイ感じ。恐る恐る女子国を降りてきました。滑り始めたころは、ちょっとお天気も回復してくれて、晴れ間も出てたので、あれ今日は暑くなりそうだぞ!と思ったのもつかの間。3本目位から、北の方に怪しげな雲が控えており、その後は思ったとおりの猛吹雪でした。一瞬前がまったく見えなくなることもあり、それだけならまだ何とか滑り降りることはできるが、私の場合この寒さに耐えることができませんでした。こんな中私の運転手さんは、検定なんか受けてます。悲劇だよね。
時刻はまだ10時半だというのにもう我慢できず、ロマンスを下りました。しかしここですら一気におりることは不可能、顔が痛くて2回止まりました。
もう迷わずうめでん直行です。

さすがに11時前だと居酒屋も空いてて、お好きなお席にお座りください状態。でもこの吹雪じゃすぐに満席になるよな〜なんて言ってたら、外は晴れてました。しかしもう1度ゲレンデに戻る気はありませので、このまま長い宴会となってしまいました。2時間半もいれば、皆え〜調子です。当然午後の部はよたよた。もう少し休憩が欲しいとゴンドラ乗り場までやっと登りましたがなんとゴンドラは強風の為運休してました。

こうなると厄介なのがリフト待ちです。やっぱりすごく混んでしまいました。その中でも一番空いているのは下部のリフト。ちょっと他が空くまでここに張り付きましょう。しかし一向に列は短くなりません。しかたない少し並んでチャンピオンリフトに乗りました。突き当たりを右か左か?とりあえずは1度チャンAを降りました。そして次はお待ちかねのエキスパ上部です。ここのところ大分この急斜面にも慣れ、なかなか笑いが出ませんでしたが、今日は久しぶりにスペシャルパフォーマンスが見れました。見た目は柔らかそうないいバーンでしたが、入ってビックリ!雪がこんもりと盛られたそのままの状態で固まっていました。止めるだけで精一杯です。そんな中「あ!」のひと言と板1本を残し背面直滑降が始まりました。今日はクリーニング屋さんにチューンアップにでも出したのか、フッ素入りのワックスをアイロン仕上げしたのか、とってもい状態に仕上がっていたようですね。みんな凄く苦労して降りたっていうのに、彼はこの難斜面をあっという間に50〜60m一気に降りてしまいました。なかなか出来ない技です。(でも大爆笑)

しかし今日は寒い、しかも混んでる。この寒いのにゲレンデ人口密度は一向に減りません。近々早稲田の大会があるようなので、「せーの、イチ、ニ」の掛け声の学生さんもたくさんいたみたいですね。土曜日なのでナイターもあるようですが、私はもういいです。4時に一応休憩を取りましたが、その後は誰も滑る気はないようなので、本日は定時でお終いとなりました。