ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年2月29日(日)曇り時々小雨




Mさんありがとう。あなたのモーニングコールが無かったら、今日のスキーは断念するところでした。目覚まし時計は無情にも電池切れで起床予定の7時ジャストで止まってました。起こされた時はすでに10時半過ぎ。久しぶりに焦りました。男ならすぐに出発できますが、女なのでお化粧に15分かかってしまいました。出発はぐっと遅めの11時。かわちゃんなら丁度いい時間だったかもしれないけどね。

急いで走ったけど、やっぱり2時間。現着は1時でした。今日の岩鞍は曇り時々小雨。「雨が降ったらビール飲むぞ〜」と2週間くらい前から宣言していたMさんもやっと念願がかなったようで、私が着いた頃には、隣の席の団体さんまで巻き込んで、酔い酔いのいい調子となってました。11時半から2時までの長い宴会だったようですが男3人でアーリータイムス1本空けてました。ちょっと飲みすぎです。今日はメンバーが少し足りないけど「AMスキークラブ」本来の姿ですね。

そんなわけで午後はすっかりレジャーです。Mさんはかなりポワンポワンになってましたが、Tさんが連れて来た子供達の前ではすっかりカッコイイ先生になってました。と言うか急斜面に行けない口実作りの為ですね。そんな彼はほっといて私はせっかくきたのだから、女子国・リーゼン・上部はとりあえず滑っておきました。途中で綺麗な虹を発見。今日の写真はすべて虹付きです。そしてチャンAに向おうとしたところで、Mさん率いるひよこ隊が現われました。そろそろ先生の酔いも覚めてきたのかしらね。そして最後はみんなでチャンAを2〜3本滑りおしまいとなりました。

午後1時からではあっという間にリフト終了のお時間です。このまま帰るとかなりの渋滞が予想されるので1時間ほど居酒屋さんにお世話になりました。おかげで帰りはすんなりでした。

今日は超遅出だったので、あまりネタがありません。来週は遅刻しないよう目覚ましは2個以上セットして寝ることにしましょう。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年2月28日(土)晴れ









せっかくの土曜日なのに臨時出勤だって〜ガクッ(><) 残り少ないスキー(いや、残り多くてもだけど)なので1日でも休むのは惜しいです。何とか考えた末、とってもハードだけどアフタヌーンスキーはできそるよう予定を組みました。本日の出発は早朝2時。でも昔はこんな時間にスキー出発したこともあったっけなぁ・・・なんて懐かしんでる場合じゃない。お仕事はなんと5時半に草津までのお迎えです。でもこれをクリアすれば解放してくれるということにしたので、寂しい山中をガンバッテ走ってきました。予定より1時間早く終了。
これから自力で岩鞍へ行くのは結構大変です。行くには行けても、帰りにはポワンポワンお化けが出そうです。でもその辺はしっかり昨日のうちに手配済み。今日の遅番の人を探しておきました。しかもVIPで。

リスタートは午前10時、この時間になると道が一気に混み始めます。どこを通っても前を行く車はゆっくりです。ちょっとイライラしているところで、極めつけは教習車(私も昔は随分迷惑かけてたのね)。早朝と比べ15分ほどの遅れです。でも下田沢を左折したらいつものペースとなりました。ちょっと走ったところで前車に追いつきました。でもこの車、なんか見覚えのあるようなキャリアのグランディス。もしかして?近づいて確かめたかったのですが、これまた逃げ足が速いのです。やっとトラックがその前に現われてくれたのでピッタリ接近できました。即ナンバーを確認したところ、やっぱり「極道」でした。コソ練しようったってそうはいくもんか!彼もまさか根利で発見されてしまうとは予想外だったことでしょう。こんな中途半端な時間なのによくもまあここで出会ったもんですね。見つかってしまったら最後。きょうのコソ練は無いものと思ってください。

そんなわけで2台揃って岩鞍入り。ところが入ってビックリ!!案内されたのはなんと第5駐車場。片品が満車だったのでイヤな予感はしていたがまさかこんなに混んでるとは思いませんでした。すでに12時半だったのでそろそろ旗振りのおっちゃんもいなくなる。いなくなれば第一まで車持ってちゃうのになぁ。なんて考えながら20分ほど待ってみたが、まだ続々と車が入ってくるので「こりゃ駄目だ」と、諦めました。

もう1時になるので、先に来ているメンバーもそろそろ出来上がっているころかな?と思いつつゲレンデに到着。すると待ち合わせたかのように、うめでんから4〜5人板を担いで登ってきました。総勢8人くらいになったのかな?
まずは女子国から始まりました。続いていきなりリーゼン2連チャン。当然かわちゃんはここまででパワーを使い果たしたようだ。「1時に到着、こっそり整地滑って2時には帰る」予定だったそうなので、もう燃料切れらしい。「おなかすいたなぁ・・・喉かわいたなぁ・・・」なんて独り言をブツブツとつぶやきはじめたので、一人でご飯も可愛そう私もお供いたしました。もう2時をまわっていたので居酒屋もオーダーストップです。でもなんとかお願いしてカレーうどん作ってもらいました。

やっと蘇ったかわちゃん。それからエキスパ上部、女子&男子国と滑りました。尾根のリフトに乗ってる途中で下を滑ってるAMスキークラブと遭遇。彼らはこれからナイターに備えて休憩するそうです。休憩の声を聞いてすぐに反応するのは、もちろんかわちゃんです。私達もつられてうめでんに直行いたしました。

そしてここからは「AMスキークラブ」改め「アフター5スキークラブ」名前のとおり「アフター5」ということでメンバーは5名となりました。このメンバーの中にかわちゃんがいるってのはすごく不思議ですが、もう逃げることはできませんよ。案の定2〜3本滑ったところでかわちゃんの独り言「これなら3時からで丁度いいな」何故か知らぬがナイター前半は小回りばかりでした。そしてまたかわちゃんの独り言「ここって大回りしちゃいけないの?」そこからは大回りばかりになりました。途中で何度も「帰るぅ」を連発していた彼ですが、結局最後までお付き合いしていただきました。久しぶりに今日は大熱出してるかもしれませんね。

そんなわけで今日は遅い出勤でしたが、7時までの6時間、たっぷりと遊んで参りました。寝不足状態だったのにスキーしてると眠気まで忘れてしまうのね。帰りの車中でもかなり元気でした。これなら自力で来ても大丈夫だったかも?

SSAWS(ザウス) 平成16年2月26日(木) 晴れ
大観覧車・ディズニーランドを通り過ぎると右手奥の方にそびえ立っていたザウス。でも今日は近づくまで気がつきませんでした。今では寂しくこのとおりです。ほんとに無くなっちゃったのね。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年2月22日(日) 晴れ
根利の雪は、随分融けました

谷川岳がくっきり


かわちゃん色気出しすぎ


今日はリムジンの運転手さんはお部屋探しの為お休み、ヤポンは検定受験組がいるので早出、しゃーない一人で行くか!目覚ましは6時半にセットしたようですが、気が付いたら8時だった。またしても出遅れました。でも今日はあまり滑れなそうです。というのは、先週あたりから足の小指の隣に出来たコブがやたら成長し、痛くてかなわないのです。いくらコブ好きだからってなにもこんなところに付かなくても・・・昨夜ブーツを一生懸命修正したが、今日1日耐える自信はなかった。念のため旧ブーツも持って行く事にしました。出発は9時でしたが、途中で携帯忘れたことに気付き、Uターン。再出発は9時15分でした。

お天気は快晴。家を出た時の気温は10度、大間々で14度、鎌田歩道橋でも14度でした。また今日も暑くなりそうです。
現着は11時15分、道路は空いてたし根利の雪は融けてたし、順調に進んでこの季節では珍しく2時間で到着いたしました。この時間だと第2駐車場の一番後ろかな?と思っていたけど、運良く旗振りのオッちゃんがよそ見していたので、民宿の送迎バスに続いて第一駐車場まで行っちゃいました。ラッキー!!!
スキー場に着いてまず最初の仕事は今日のお相手探し。先ほど根利を走っていたらやはりお相手探しをしていたYさんからTELをいただいたので、早速彼を探しました。「どこ滑ってるの?」って聞いたら「リーゼン」の答えにボーゼン。コブ嫌いな彼がどうしたことでしょう。ちょっとビックリしました。やはりエキスパ上部で鍛えられた成果?この調子で「かぐら」までコブ滑り続けてもらいたいものです。早速合流し、まずは女子国を1本滑りました。しかし雪はグシャグシャでしかも向かい風、まったくスピードが出ません。ちっとも面白くないぞ。Yさんがリーゼンを滑っていた理由はこれだったのか。この状態じゃコブしか楽しめるところはなさそうですね。そんなわけで私もコブを滑りたかったのですが、足の方が耐えられそうもないのでリーゼン下部だけでやめておきました。案の定それだけでも激痛でした。しかしこんな美味しそうなコブを横目でみているだけでは気がすまない。一度車に戻り、ブーツ履き替えて午後再チャレンジすることに決めました。そんなわけで午前中はダラダラと気合の入らないスキーとなってしまいました。

いや〜しかし今日も暑い。こんな時(こんな時だけじゃないけど)は生ビールがメチャクチャ旨いです。この居酒屋にいるお客さん達は皆そう思っているのか、どこの席見てもヘロヘロしてる人ばかりです。こんなにいい天気なんだから早く滑りに行けばいいのにって思ったけど。そんな私達もすっかり居酒屋モードにハマリ、仕上げにバーボンまで出て来ちゃって、またしても2時間の宴会となってしまいました。キープしてあったジャックダニエルも残り少なくなっちゃったので、今度はメーカーズマークがいいなぁ。Yさ〜ん。
しかしこの中には酔っ払いばかりではなかったようです。唯一ヤポンのマメ台風が嵐の前の静けさだったみたいです。私は行き違っちゃったので様子はわかりませんが、聞いた話によると「声かけたのに口も利けないほど緊張してたよ」とのこと。そう彼女は本日検定を受けていたのです。結果はめでたく合格したようで夜には大嵐になったとのことです。

そして午後の部はリーゼンから始まりました。1本目は恐る恐るだったが、足が痛くないとわかると調子にのってきました。やっぱりコブは楽しい。しばらくの間、旧ブーツで滑ることにしましょ。まだまだ滑っていたい気分でしたが岩鞍も営業終了の時間となってしまいました。最後はみんなでバックカービング〜なんて言いながら後ろ向きで滑って今日のスキーはおしまいです。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年2月21日(土) 晴れのち曇り






ここの所リムジンの運転手さんは忙し過ぎて(滑りと飲みで)、なかなかお迎えに来てくれませんでした。先週やっとその忙しさからも解放されたようで、むふふ今日は久しぶりにVIPです。でもそのおかげで私の雪道運転恐怖症はなくなり先週あたりから蟹走り願望が強くなりました。今度ぽんちゃんにでもコーチしてもらおうかなぁ?かわちゃんが「ハッとして GOOD!」なんてよく言ってましたが、その気持ち今ちょっとわかる気がする。そして定刻の6時にお家を出発しました。根利の状態はすごくイヤらしい感じで、横っちょにたまった雪が融け出し、うっすらと氷の膜が出来上がっていました。頂上あたりで気温は0度、一番滑り易い状態でした。途中反対向いて雪の壁に寄り添っていた車もありました。ふ〜私の運転じゃなくて良かった。(あれ?さっき言ってたことと矛盾しているなぁ)今日はこれから気温がかなり上昇するらしい。予報によると4月の陽気となるようなこと言ってました。でも寒いのは苦手だが、暑さには強いので震えながら滑るのだったらこの方が嬉しい。

岩鞍に着くと土曜日なのに随分混んでる。きっとお天気予報のせいだろう。明日の日曜日は午後から下り坂、気温が高めなので雨になったらイヤっということで今日にした人が多かったのかしら。お隣の片品高原も今シーズン2度目?の満車となったようです。ゲレンデはすっかり「春」の景色。中には半袖で滑っている人もいました。もちろん雪も春です。朝のうちはわたしの大嫌いなコロコロ玉が硬くしまり過ぎているバーンの上に敷きつめられていました。ロマンスを1本滑ったところで6名集合。下の方はだんだん人口密度が高くなってきたので一行は尾根へと逃げました。今日はここが一番滑り易いかな?と午前中はず〜と尾根ばかりを滑っていました。しかしこのコースは後半のそろそろバテテきたな〜って所から急斜面となります。前半の調子でカッ飛んで来ると最後に痛い目に合うというわけだ。特に今日みたいな硬いバーンだと止まるのに一苦労です。体重の重たい人はまん前のレストランに突っ込みそうになるって言ってました。私達のメンバーの中にも実は1名痛い思いをした人がいたようですが、彼を良く知るFさんは「心配ない、奴は頑丈にできてるから」そういえば、彼の奥様が骨折した理由は、彼に蹴りを入れたら足の方が負けてしまったんだって?。

そしてそろそろ居酒屋タイムが近づいて来ましたが、今日はブナを滑らなくても美味しいビールが飲めそうだ。我慢できずにひと足お先した人もいたようですね。しかし相変わらずこのチームはよく飲むねぇ。

午後はすっかり春のグシャ雪となりました。雪が重いので足にかかる負担も大きい。わたしの右足はスキーをするごとに着々と形を変えてきている。いままでは何とか耐えられたが、そろそろ限界がきたようだ。滑っていても痛いだけでちっとも面白くないので、ひとまずうめでんへ逃げさせていただきました。30分程でみんなは戻って来ましたが、どうやらこれから夜の部があるらしい。残ったメンバーは4人。やめておけばいいのにやっぱり滑ってしまいました。こりゃ明日からスキーはしばらくお休みかな?(なんてことは絶対に思わないでしょう)変形足の大先輩も、「今が一番痛い時、これに耐えればそのうちコブが硬くなってきて痛さも麻痺する」ということだ。あまりあてにならないコメントだけど、安静にしてろと言われるより私的には嬉しいアドバイスでした。

結局今日も7時まで遊んでしまいました。みなさんそんなに急いで帰らなくてもこの時間まで耐えれば渋滞はなしですよ〜。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年2月14日(土)晴れ・15日(日)雪 
宴会シーンと2日目の写真が数枚復活しました


完全に夢の中です。ここまでは気持ち良さそうだったのに・・・



ハイセンスなおっさん



2日目の朝、特別室からの風景



一日中こーんなとこばかり



新雪の中では誰デモ
今、写真を色々いじくっていたら、壊れてしまいました。そんなわけで今回は寂しいけど写真無しです。

今日はバレンタイン特別企画うめでんお泊まりスキーです。今日の予定は早々去年のうちから大胡ゴールデンコンビによって計画されていた。お泊りということで単独出勤。待ち合わせがないとやっぱりあせらない。今日もちょっと遅れの7時15分の出発でした。根利はほとんどドライでいつもの所に氷の轍。前を行く車もなく快適なドライブでした。そして2月だというのに今日はとても暖かく、予報では3月下旬並の陽気になるということだ。鎌田の信号ではプラス4度でした。

あまりにもお天気がいいので、早く滑りたくって、足慣らしのロマンスはパスし、最初から女子国を滑った。気温の上昇が気になったがまだゲレンデの雪は元気で、なかなか気持ちのいいバーンに仕上がっていました。ここを何本か滑っていれば誰か見つかるだろうと思っていたが、いつものメンバーはだれも見当たらない。しゃーない途中で電話してみたが、電波なしでした。ということは西山か尾根だろうと、上のリフトに乗った。やっぱりここだ。すでに4人集まってかっ飛んでました。「な〜んでもっと早く来ないん、朝一のバーンは硬くて最高だったのに〜」って言われちゃいました。おしい。午前中は皆さん尾根が気に入ったようで、ここに張り付き状態。そしてあったかい日は西山が気持ち良さそうだとみずならコースを1本滑り、お昼が近づいた頃生ビールを美味しくいただく為、ブナへ向った。でもここで時間が丁度お昼となってしまったので居酒屋の混み具合を予想して今日の休憩は遅らせることに決定。時間調整に女子国と男国を滑り1時に居酒屋入りしました。すると・・・混んでる!どーしたことだろうか今日は12時半頃が1番空いてたようだ。
午後はチャレンジAから始まりました。パークが邪魔ですが、ここでのカービングはなかなか気持ちよかったです。そして行き着くところはやっぱり尾根でした。ここではストックなしの小回りと、久しぶりにMさんと練習モードにハマりました。でもストックが無いだけでとっても不安。なかなか納得のいく滑りはできませんでした。まだまだ甘いですね。ところで他の人達はどこへ行ったのでしょう。まさか上部は行ってないよねぇ。上部好きの二人がいないんだから・・・と思ってたら上部にいました。リフト終了間際にやっと他の人達と合流。最後は気持ちよくチャンAって思いましたが、明日のカービングカップの準備の為、早々クローズとなってしまいました。もう下部しか残っていません。このままナイター突入は可能ですが、本日はお泊りの為、ゲレンデ外で夜の部が控えていたので、4時45分に宿へ戻りました。

お部屋は3階の特別室。夕食の時間までとりあえずはお部屋で乾杯。今日は4人でお泊りの予定だが、1人は本日仕事だった為、遅番。それまでの代理人としてT氏が宴会に参加してくれました。別口で準指あこがれチームもお泊りしていたので夜の部は6名となりました。スキー命組は2名ばかりまだ滑っていたようですが・・・
そして夕飯の準備が出来上がった5時半頃、1階の宴会々場へと席を移動しました。さあこれからが大変です。宴会は体力勝負なのでまずは腹ごしらえです。って食ってるのは私だけのようですね。人の玉子を奪って玉子かけご飯3杯いただきました。私が真剣に食べてる間に、まわりは着々と完成していったようだ。8時半に遅番の1名が到着。彼は今までの遅れを取り戻そうと必死だったようだ。9時に日帰り組が退散。続いて大胡ゴールデンの片方がいつの間にか姿を消してました。宴酣の頃、さっき必死に頑張っていた遅番の彼がトイレに立てこもった。あれま、これじゃ乳酸出しは盛り上がらないぞ〜!残された人数が少なかったせいか、今回は体育会系ではなく語りの宴会となってしまいました。しかしみんなヒートしてたなぁ。たぶん今では何〜んにも覚えてないだろうけどね。最後に残ったのは居酒屋店長とバーテンさん、そして私の3人だけとなってしまいました。やれやれです。
私も最後に飲んでたジャックダニエルが程よい眠り薬となり、枕が変わると眠れないはずなのですが、翌朝までぐっすりとお休みさせていただきました。

さーて問題の2日目。思ったとおり2名は再起不能でした。私はすっかりお酒も抜け、朝ごはんがとっても美味しかったです。
本日は、昨日の岩鞍とは別世界。ものすごい大雪です。たぶん50cm位積もっていたでしょう。そんなわけで今日の滑走コースは決まってしまいそうです。それはみんなが滑らないところ。午前中は想像どおり新雪オンリーでした。しかしあまりにも雪がすごい為、早めにお昼といたしました。こんな日の宴会は長引きそうです。
ところが、こんな日に限って私のお友達が10年ぶりにやって来た。私がスキーを始めた頃よく連れてきてもらったオニくんだ。一人で来たということなので、宴会抜けし、午後はズーとお付き合いいたしました。しばらくぶりのスキーだということで、かなりビビリンになっていたようですが、さすが男です。いきなり女子国連れてっちゃったけど、なんとか降りて来れたもんね。でも急斜面でお疲れのようなので、その後はファミリーとロマンスで基礎練習してました。ボーゲンってのも真剣にやると結構疲れるもんです。きっと彼は今頃筋肉痛に悩まされていることでしょう。でも帰りがけに「板買っちゃおうかなぁ〜」なんて言ってたくらいだからそれなりに楽しめたのかな?

しかし今日も随分降りました。昨日から駐車してあった車は完全に埋もれてました。でっかい車なので雪下ろしに一苦労です。帰り道もず〜と雪、ゲレンデの途中でお別れしたオニくんでしたが、そろそろ帰る頃かなと電話をしてみるとすぐ近くを走っていた。高速経由で帰るなんて言ってたから、この渋滞じゃ何時になるかわからない。「じゃ道案内するから一緒に帰ろ」ってわけでツルツルスベスベの根利街道をご案内いたしました。あまりの緊張に腹減っちゃったようで、根利を抜けた後「なんか食べて帰ろ」って電話が入りました。久しぶりに慶華の五目あんかけラーメン食べて帰りました。そーいえば私も宴会中に呼び出されたので、お昼ご飯食べ損なっていたのだ。
腹減りすぎて忘れてたみたいです。大間々で「じゃ」って別れたものの二人が向う方向はず〜っと一緒です。気がつけば私とオニくんの家、同じ町内だったんだよね。来週は新しい板担いで来ちゃったりして・・・スキー復活祈ってますよん。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年2月11日(水) 晴れ












今日は1年ぶりに「野人」くんに再会しました。いつもなら私がお迎えに行くのですが、今回は彼が運転して行くというので、お言葉に甘えてしまいました。相変わらず元気な青年は目一杯滑りたいらしく「ちょっと早目に行きましょう。」ということで5時半に出発。いつもより15分早出となりました。

順調に根利を抜け、老神温泉経由で国道に出るところで信号待ち。すると先ほど後を走っていた車が通り過ぎていった。裏道から見た本通りが空いていたとはかなりのショックです。一応お決まりのさわやかトイレで着替えを済ませ、岩鞍着。今日は祝日なのでAMスキークラブの面々はお仕事ですね。って思ってたら、見覚えのある車がすぐ後に到着。Tさんでした。彼は代休取ってファミリースキーのようですね。いつもならそこで合流なんだけど、今日はやる気満々の野人くんと一緒なので、お先にゲレンデへと向かいました。まだ時間が早いので送迎バスは運行前で、仕方なく歩いて坂道を登った。やっとたどりついてフーフー言ってたら、目の前には、ピステンの綺麗にかかったチャレンジコースが、どうぞとばかりに待ち受けていました。ものすごく気持ち良さそうだったので、とりあえず1本滑ってみました。ちょっと硬そうに見えたけどそうでもなくとってもいい感じ、しょっぱなから飛ばしてしまいました。そしてチャレンジ経由でファミリーへ出ました。まだ時間が早かったので、ピステン車が戻って来る所だった。まだ1本も線のはいっていないファミリーを初めてみたような気がする。

ここ何回か、朝一は新雪だったので硬いバーンは久しぶりです。ピステンの跡ってのもしばらくお目にかかってないような気がする。まずは女子国の美味しそうな整地を3本くらいいただきました。特に廊下はメチャクチャうまかったです。アルペンボードを履いた野人くんもヨダレが出そうな感じでしたよ。
途中で牛丼親分にも会いましたが、彼は朝一トイレのようで、即オクタへ消えていきました。それからどこへ行ったのやら(行くところは決まってるけど)
しかし、こんなに綺麗に全面整地された岩鞍はめったにお目にかかれないんだから、なにもすぐに凸凹求めなくてもいいと思うけど・・・ま、好みはいろいろだからそれはそれでOKでしょう。続いてYさん登場。そろそろお昼が近づいてきたので、飲み仲間を探しにさまよっていたようだ。なになに結構みんな来てるんじゃん。コソ練しているIさんとカバくんも目撃いたしました。ファミリーしていたかわちゃんもいたようだ。(滑っている姿は見なかったけど)

そして居酒屋タイムの11時半になりました。午前中最後は久々のミルキー経由。めったに行かないコースなのに、何故かここで親分に発見されてしまいました。どっちにしろ居酒屋ではつかまるんだけどね。その親分今日はしきりに反省をしている・・・「お昼休みの2時間は長すぎるよ!今日は1時間半にしよう」って。先週飲み過ぎて参ったのかそんなこと言ってるけど、そうなった原因は親分の所属する「ゴールデン同級生サークル」のせいでしょ?
食事に要する時間は20分位なのに、結局今日も2時間近く過ごしてしまいました。あきれた野人くんはカレーライスを15分で食べ終え、さっさと出て行ってしまいました。野人くんとは今まで何度か一緒にスキーへ行ったが、実はご飯食べるなんて珍しいの。彼も少しは大人になったようだ。

飲み終わった午後はやはりキツイですね。居酒屋からコースに戻るこの瞬間が1日をとおして一番難儀です。
私達が出て来るのを待っていたのか、チャレンジコースで野人くんと再会。彼はボードからスキーに履き替え、1日で2度の美味しさを味わおうというわけだ。これなら1日券買っても十分元は取れそうだね。そして居酒屋でナンパしたMさんも加わり、4人でお決まりのエキスパ上部へ。酔っ払ったあとに勘弁してよ〜と言いたいところだが、嫌いじゃないので。おかげさまで2本目くらいですっかり酔いは覚めました。ここでも異常なくらい元気な野人くんを見せ付けられました。なんとエキスパ上部を一気です。みんなからは「野蛮人」と改名された。そういえば最近華麗なるパフォーマンスが無い。コブ嫌いのYさんも、これだけつき合わされれば毎回やってられないよね。そんなわけで午後の部はエキスパとチャンAのみで終了。最後のロマンスはかなり名残惜しかった。帰りがけにまたまたうめでんに寄り込み反省会。駐車場に戻ると、私達の車3台のみ取り残されていました。きょうも1日いいお天気で楽しいスキーができました。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年2月8日(日) 晴れ
今日は宴会欠席だったので、写真がこれしかありません。





2日間のスキーを終え、ただいま無事に帰宅しました。はっきり言って身体はボロボロです。Fさんが「こんなに滑った後によくパソコン開けるよな〜」っていうけど、決して平気なわけではありません。一度座ったらしばらく立ち上がれないだけです。

今日は朝から快晴。岩鞍は雲ひとつ風ひとつ無く絶好のスキー日和になりました。いつもならロマンスからはじまるところですが、今日は出勤が遅かったので、最終バスは終わってしまいました。第2駐車場から今シーズン初めて歩いてゲレンデへ向いました。丁度チャレンジリフトに乗るところで、FさんとSさんの姿を発見。でも居酒屋へ向っていたので声をかけるのはやめておきました。とりあえずは遅れた分を取り戻そうとすぐに滑り始めました。昨夜も雪が降っていたらしく、柔らかい綺麗な雪です。

今日はヤポンもAMクラブも来ているので大勢揃っているはずですが、ちょっと聞いたところ、ぶっ壊れてる人がたくさんいそうなので、その人達には触れずにそぉ〜としておくことを決めました。なので一度もお目にかからなかった人も3人ほどいたようだ。酔っ払いたちはほっといてまずはファミリーから女子国へ。するとすでにみごとなコブ斜面になってました。いきなりのコブはさすがにキツイです。
な〜んていいながらも、実は今、ものすごくスキーが調子いいんです。あれは3週間ほど前からでしょうか?何かの拍子にふとスキーが走りはじめました。最初はそれについて行けず身体がどんどん遅れていくのを感じました。自分的にはとても不自然で気持ち悪かったのですが、Mさんが特訓してくれたおかげで、最近はそれについていけるようになり、今までとは別ものの小回りに出会うことができました。この日記を読んでいる先輩方はみんなこの楽しさを知っていたのですね。抜けだの走りなどという言葉は常々聞いていましたが、今やっと理解することができました。しかし新しい感覚に出会えた時ってほんとに感激ですよね。でもこの感激がいつか当たり前になってしまうのは寂しいような気がしますが、また次の新しい感激を見つけるまで一生懸命滑り続けたいと思っています。

ひゃ〜、まじめな話になってしまったぁ。じゃ最後にひとつだけマヌケ話を。
リフト終了間際、Mさんに1本の電話が入った。ぶっ壊れて先に帰ったSさんからのようだ。渋滞情報かと思ったら「助けて〜コール」でした。渋滞を避ける為、裏の裏道を走っていたらカメになったとのこと。裏の裏なので誰も通る人がいなくて困っているらしい。しょーが無い助けに行くとするか!でも助けに向う途中「無事脱出」の連絡が入ったのでどんな状態だったのかはわかりませんが、ブザマな姿見てみたかったなぁ。いったいどーやって切り抜けたんだろうね?来週聞いてみよっと。

しかし今日の宴会は随分と盛り上がっていたようですね。私は触れずにいたので様子はわかりませんが、聞いた話によると大胡ゴールデンコンビに新たなメンバーが加わり、「同級生トリオ」が出来上がったとのこと。これは強烈です。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年2月7日(土)雪一時晴れ
根利のスペシャルステージ
今シーズンは新雪三昧







せっかくのラブショット邪魔したな〜
昨夜は早寝したので、今日の目覚めはバッチリです。定刻どおり5時45分に出発しました。まだ夜が明けない早朝だというのに国道50号線は随分車が走っていました。なんかみんなスキー場へ向っているような気がしました。最近、いろんな道を試してみるが、根利の入り口までは50号から122号を経由するのが一番早いようだ。
本日の根利は、黒保根あたりから雪がちらついてきました。もう3週間ほどいいお天気に恵まれていましたが、どうやら今日はあきらめなくてはならない模様。細道手前から道路には雪が積もり始めてきました。すると前を行くレガシーがあの登り坂でストップ。「え〜レガシーが登らないのぉ〜」ちょっと青くなりましたが、問題だったのはその前のオデッセー、タイヤの跡が綺麗なシュプールを描いてました。運良く道幅広めのところで止まってくれたので、その横をすんなり通過することができ一安心でした。その後は全面圧雪バーンで、気持ちよく進めました。でもサイのすみか前では起こさないように静かに通ったよ。薗原湖あたりまでくると、雪が止んで晴れ間がでてきましたが「予報が雪の時は晴れていても喜んではいけない」っとヤポンの法則がある。岩鞍方向をよ〜く見ると、空はやっぱりグレーだった。

駐車場に着くと生憎の雪。しかも結構降ってるよ。せーちゃんじゃないけどすぐ外に出る気にはならず、コーヒーを1杯飲み、15分ほどまったりとした。でもあまりのんびりしていると新雪が消えてしまうので気合入れて外にでました。でも雪のわりにはあったかい。
送迎バスが丁度来ていたので乗り込むといつものメンバーの顔、約束はしてないが集合時間は決まっているようだ。

ゲレンデは膝くらいの新雪です。こんなにあると思わなかったのでちょっと嬉しい。まずはロマンスからいつもの女子国へ。しかしここは既に遅かったみたいだ。右の隅っこの方にかろうじて残っているだけでした。そうなると人気薄の男国かエキスパ上部です。もちろん両方廻ってきましたよ。やっぱり新雪初心者の私には男国あたりが丁度いいみたい。上部はちょっとキツイです。2回も吹雪ました。そして最後の望みはチャンB。でもここは行かなけりゃよかった、ただ荒れてるだけのくたびれもうけでした。朝はあんなに降ってた雪もこの頃にはすっかり止み、晴れ間も出ました。今日は大雪で大宴会となることを予想してましたが、このぶんなら滑る気が起きそうです。

そしてエキスパ上部に戻ろうとしたところでメンバー1名追加。降りたところでもう1名追加。午前中は5人で滑りました。
今日は私的にすごく調子良かったのでまだ全然疲れていないのにもう居酒屋タイムです。飲まなくて済みそうだと思っていたのに、参ったなぁ今日のメンバーはほとんど飲み氏だ。
11時半から始まった宴会はやはり盛り上がった。生ビールから始まり、スパークリングワイン、続いてUMEDEN赤ワインのフルコースです。メシも食わずに1時間経過、気が付いた時には1時半になってました。

2時間の居酒屋タイムでメンバー全員ヨレヨレになりながら午後の部スタート。まだ休憩が必要とみなし、追加休憩にゴンドラを選択。珍しく駅舎の外まで並んでいるというのにもうリフトまで歩く元気が無い。こんなに混んでる状態なら普段絶対乗らないゴンドラであったが、今日のメンバーには有り難かった。
さっきまでお天気良かったのに午後はまたまた雪が降って来ちゃいました。にもかかわらず、酔っ払い親分がブナ行こうなんて言うもんだから、酔った勢いでみんなしてついていきました。まだ足が浮いてる状態なのに大丈夫かなぁ?っと心配でしたが、今日のブナは非常に滑り易く楽しすぎです。
しかし一番張り切ってた親分が一番挫けてたのは、やっぱり飲み過ぎ?でもさすが親分と言われるだけのことはありますね。どんなに叩きのめされても挫けても立ち上がる矢吹ジョーみたいな人です。たぶん頭の中は真っ白だったことでしょう。そんなこんなで計6本滑ってしまいました。
やっと誰かが「喉が渇いた〜休憩〜」って声かけてくれたので西山から離れることができました。

今日はとっても時間が短く感じました。もう4時です。休憩しようと思ったけどオクタはすでにクローズ。リフトもあと30分ってことで滑り続けちゃうことにしました。最後は恒例のエキスパ上部です。なんでいつもここが最後になるんでしょ。でも今日もまた2人の華麗なるジャンプパフォーマンスが見れました。ワックスののりはイマイチだったけどね。
そー言えば今日はお泊り組がいるようだ。先ほど急遽決まったみたいだが、きっと今ごろ乳酸出しさせられているんだろうな。これで明日のS&Mは終わったようだ。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年2月1日(日)晴れ






今日は久しぶりにヤポン復帰。なんと珍しいことに8人もいました。昔は最低でもこれくらいはいたのに、あの頃の彼らはどこ行っちゃったのでしょう?出発は6時半の予定でしたが、昨夜大酒飲んで起きれない人が1名いましたので15分遅れの出発となりました。ここヤポンでも朝飯の心配から始まった。大間々警察前のセブンは混んでるからローソンでいいやね。とまたしてもブリトーとハムサンドはおあずけとなりました。ガクッ。
根利は昨日の雪もほとんど融け、所々に残っている氷の轍のみとなりました。雪道になると目が光るしょーちゃんも今日は安心してお休みの様子。

さすがにハイシーズンなので、国道は結構混んでいるみたいでした。裏道から見た本通りが混んでるとホッとしますね。と、裏道経由なので渋滞はなしでしたが、さわやかトイレは大渋滞してました。(朝2回も利用する人がいるのだからしょうがないか!)

今日は群馬県の技術選が行なわれているようなので、コースの規制があるようだ。まず最初は技術選とは関係ないファミリーから滑りはじめました。最近ロマンスばかりだったので久々のファミリーって感じです。それからは女子国沢、尾根、男国とまわりました。男国も久しぶりだったが、今日の仕上がりは最高でした。老体集団のヤポンはこの時点でそろそろお疲れ休憩組が出来たようです。その中で一名意外な人が元気ハツラツでした。昔は一番やる気なさそうに滑っていた育ちゃんだ。彼はオフトレでオ痩せになったようで、体力と持久力が付いたみたい。何故かコブ斜面へ行きたがる。それじゃってんで大好きなエキスパ上部に誘いました。そういえばかわちゃん、最近は休憩友達が沢山増えてよかったね。でもそんなかわちゃんもどーゆーわけか着いてきました。休憩班とは11時半にオクタ前で待ち合わせの約束を交わしたようだが、それじゃ遅い!今日は日曜日なので11時半には居酒屋に到着しなければ満席になってしまう。11時15分の時点で、かわちゃんをオクタ前に取り残し、育ちゃんとロマンスを下り、席取りに急いだ。

居酒屋に着くとまだ空いていた。するとそこには「大胡ゴールデンコンビ」が既に酒盛っていました。しっかりお席もキープされてました。いつもありがと!しかし早いなぁ。何時に来たの?って訊ねると11時だって。でも今日はAMスキークラブには欠席者が2〜3人いるようで、ちょっと寂しい宴会でした。思ったとおり11時半をまわると途端に居酒屋は満席となりました。

そして午後の私は離れヤポンとなり、AMスキークラブ入り。技術選午後の部が始まらないうちに上部滑ろうと、早めに出動しましたが、時既に遅し、もう規制されてました。しょうがなく第8クワッドに乗り横目で技術選見物しながら女子国方面へ。さすがのエキスパート達も、40度のコブには苦労してる様子でしたね。女子国を何本か滑り、今シーズンまだ1度も西山へ行ってないというMさんと一緒にブナへ。ここも随分コブが深くなってたので2本ほどでやめ、女子国へと戻りました。何本か滑っている間に技術選も終了し、やっと上部が解放されました。
結局今日も最後の仕上げはエキスパ上部でした。何故疲れがたまってきたところで上部なんでしょ?最後なんだからクールダウンするわけなのに、いつもヒートアップしてる。なんと4連チャンでした。途中帰るコールが無かったらもう1本行ってたでしょう。
しかし今日は風もなくとってもいい日でしたね。いつもこんな状態で滑れたならいいのになぁ。