ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年1月31日(土)雪時々晴れ間






冬なのに毎週土・日はサマータイム制の6時出勤。仕事だったら絶対起きるはずのない時間であるが、もう2ヵ月もこんな早起きが続いている。無遅刻無欠勤ってのも凄い。今日もお迎えのリムジンはいつもの時刻に到着しました。大間々のセブンは混んでるので122添いのセブンに朝飯調達に寄った。今日の献立は、ジューシーハムサンドかブリトーのハム&チーズと昨夜から決めていたが、両方とも売り切れていたのは、かなりショックだった。混んでても大間々のセブンにすればよかった〜。でも大人なのであるもので我慢しました。

ここのところ2〜3日暖かい日が続いていたので、根利道は心配ないだろうなんて思いながら黒保根に入った。でも赤城山には灰色の雲がかかっている。「雨なんてことないよねぇ」と心配しながら進んだら、予想に反しなんと雪じゃないですかぁ。しかも気温は0度と極危険なスベスベ状態。ドライバーさんはかなり神経使っていたようです。頂上付近では結構降ってました。これは1日雪なのかなぁ?とちょっとブルーになっていましたが、赤城山を越えると薄日が射してきました。岩鞍は晴れてるのに雪と下界では考えられないお天気です。
8時40分、岩鞍駐車場のバス停には、待ち合わせしたかのようにいつものメンバーが集まっていました。若干1名は、雪なので車から出れずにまったりとした時間を1時間ほど過ごしたようだ。早く出て来れば新雪滑れたのにね。Fさん。滑り始めは4人です。

お決まりのロマンスを2本滑ったのち、女子国へ。今日はガキガキの硬〜いバーンを想像していたが、昨夜から雪降ってたようで、腰までとはいかないけれど膝くらいまではありそうな新雪に出会えた。(うひっ)こうなると目指すは一番人気薄のエキスパ上部だ。また今日もここがメインになりそうな予感です。2本目あたりで、さっき駐車場でたそがれていたFさんがYさん、花子と一緒に滑っているのを発見しました。しかし今日は風が強いです。西山が閉鎖になるのではないかと心配しましたが、それは無用でした。しかしエキスパ上部にはヘンな風が吹いてます。滑り始めは上からの風、中盤からは下からの風、この下から吹き上げる風にはもの凄い偉力がありましたね。風に倒されながらも頑張って滑り続けました。
最近エキスパ上部にハマッてますが、何故こうなったかというと、この40度を滑ったあと下部を滑ると、やたら調子がいい。たぶん恐怖心が取り除かれ身体を落とし込んで行くことがラクに出来るようになるからだろう。これなら最初から上部を滑れば1日中調子いいんじゃない?っと滑りはじめたら、急斜面が快感となってしまったわけだ。

今、思い出しながらこの欄を書いていますが、2日たってしまうと記憶がかなり薄れてます。この日の午後の記憶はFさんが老体に鞭打ってリーゼン一気したことくらいしか覚えていません。かろうじてナイターの様子のみ覚えているので記しておきます。
5時にうめでんで休憩し、今後の対策を練った結果、明日Iさんはスキーバスの為4時半出発、私は6時半、Tさんは仕事&捻挫痛。ナイターはパスということであったが、外に出てナイター照明を見た途端、一番帰りたそうだったTさんが「じゃ緩斜面1〜2本滑って帰るか」なんて言ったもんだから火が点いちゃいました。しかも緩斜面なんて1本だけで下部7〜8本滑ってしまいました。でも私的にはやって良かったって感じです。苦手としていた小回りが得意となりつつあります。今度こそ忘れないようにしなくっちゃね。結局この日も7時まで滑り続けました。明日は辛そうです。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年1月25日(日) 晴れ一時雪  総勢14名
似たもの同士はいつもカツ丼










?何者?
さすがに昨夜はお疲れのようで、日記を最後まで書き終えることが出来ずに寝てしまいました。1日遅れの思い出しながらの日記です。現実と多少違っているところがあるかもしれませんが、どうぞお許しを・・・

本日で17回目の岩鞍。今朝は6時にお迎えの車がやってきました。外に出ると昨日より寒いように感じましたが、蒲田はマイナス9度といくらかあったかいようだ。気温がマイナスの世界になると、体感温度は太陽の有無によって決まるみたいです。今日の岩鞍は曇り、これから雪になる予想です。(さむそ〜)もちろん背中のホカロンは忘れずに装着しました。
今日は午前中いっぱい茨城県の技術選が開催されているのでゲレンデも少し混みあうことでしょう。駐車場からゲレンデ行きのバスを待ってると、ヤポン3名登場。それぞれウエアーが違うのですぐに気がつかなかった。初岩鞍のぽんちゃんもいました。今日はニュータイヤがやっと入ったので嬉しくって運転してきたそうだが、残念ながら根利の雪はかなり少なくなっちゃったのね。残っているのはボコボコした氷だけです。

まずはいつものロマンスコースから。足慣らしの1本を滑り終えリフト乗り場に着いた時、たった数分間なのにメチャクチャ混んでしまったのには驚きです。どうやら技術選関係者が動きはじめたようだ。これはいかんと山頂方面へ逃げ込みました。こりゃ午前中は下りて行かない方が良さそうです。尾根と沢、西山あたりをウロウロと巡回してました。滑り始めはヤポンと一緒でしたが、何本か滑っている間にクラス編成されたようで、私は離れヤポン、花子が隠れヤポン、トレード成立です。ニューヤポンはあれからどこへ行ったのかはわかりませんが、そろそろ上の方も混みはじめてきたので、岩鞍を知り尽くした私達は「そんじゃメシか!」っと11時15分早々うめでんへ向いました。するとすでにお席が用意されていました。さすがAMスキークラブの方々、よくわかってらっしゃる。こんなとき岩鞍通は早メシですよね。今日はフレックス出勤がお二人いるということだ。日曜日に遅出とはだいたい予想はつくが・・・何時まで残業してたんでしょうね?
あっひとつみんなにバラしちゃおうかな〜誰かさんはまたズボン穿かずにブーツ履こうとしましたぁ。うひっ。

私達がお昼休憩終わった頃、死にそうな顔した残業組みが到着。重役出勤だと、一番近くの駐車場が用意されるようで、疲れた身体には優しい心遣いだね岩鞍さん。しかしリフト乗るなり「まだ足がフラフラする〜」なんてTさんは言ってました。もうひとりの重役Yさんも駐車場でフラついていたそうです。先週いつの間にかコッソリ消えた牛丼親分の姿も見えました。
午後は、気分は技術選と沢のウェーブ、女子国のコブ、チャンAあたりを滑ってました。次々とメンバーが入れ替わって誰がどのチームなの?って感じですが、わがままな私達には丁度いいのかも。自分の滑りたいところで自由に滑ればいい。誰が入ろうと誰が抜けようと知ったこっちゃない。だからお気楽でいいんだよね。その代わりといってはなんだけど、誰も心配はしてくれない。数えてみたら今日は随分たくさんの人が参加しているみたいです。知ってる顔は15名でした。滑る相手は5〜6人だけど。
そしてそろそろ疲れが出て来た頃、なぜかエキスパ上部。私的にはここが結構お気になの。いろんなパフォーマンスも見られるし・・・なんて期待していたら今日は私が見せてしまった。背中のワックスちょっと足りなかったかなぁ?10m降下ってところでしょうか。そんな私の横を嬉しそうに笑顔で通り過ぎたのは、前回笑いを提供してくれたYさんだった。
あれ〜そーいえば今朝お家まで迎えにきてくれたIさんどこ行ったのだろう?朝から1度も会ってないような気がするが・・・ヤポンもいなくなってる・・・まいいか!そのうち会うだろうと、ひたすら上部を滑り続けました。
この時点で実際に居なくなってた人も数人いたようですが、また最後は残った全員でロマンスをリフト終了まで楽しみました。心配されてたお天気はまたしても大ハズレ。途中雪男Tさんが登場した時のみ雪がちらつきましたが、最後まで持ちこたえてくれました。本日もみなさんお世話になりました。ではまた来週ね〜。

P.S この日記をご覧の皆様、いつもご声援ありがとうございます。管理人が撮った写真ですが、欲しい方いらっしゃいましたら遠慮なくアドレスを送って下さい。というか写真送りたいのでアドレス送ってください。プリントアウトするにはちょっとお時間がかかりますが、添付ファイルとして送信可能でしたらすぐに送ります。よろしくお願いしま〜す。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年1月24日(土) 晴れ
恐怖の男国林間コース

エキスパ上部の新雪




予報に反し今日は終始いい天気
ここのところ、とっても寒い日が続いています。ま、大寒と言うくらいだから、寒くて当たり前だけど、世間一般の人達は寒さに耐えるのに大変そうです。「え〜今朝はマイナス1度〜!!!さむ〜っ」なんて私も下界にいるときは大騒ぎしています。しかし今朝の鎌田歩道橋計はマイナス13度でした。なのに外で遊ぼうってか!何故にお山でだったら耐えられるのか不思議です。
今日はエスティマ3名乗車にて岩鞍へ向いました。車の中で盛り上がったお話は、「スキーもいいけどお昼の一杯もまたいいんだよな〜」の一言から、一杯じゃないでしょ、いっぱいでしょ?ところでいっぱいって漢字で書くと「一杯」だよね。そういえば「腹一杯の生ビール」も「一杯の生ビール」も同じだ。
なんて言ってる間に岩鞍現着。お〜今日はちょっと混んでるぞ〜。そーだ今日は茨城県の技術選なのだ。その関係者の車たちなのかな、ここにあるのは?「ラッキー今日はトイレで待たなくも右から4番目だ。」
車を停めてちょっと左を見ると、見知る男3名密談中。奴らも早いな〜っと後を見れば試験間近のIさんも登場です。駐車場にて早くも7名組となりました。最近どんなに近くに停車できてもバスを待つ。人間ってどんどん横着になって行くのね。
そしてゲレンデでは・・・9時前だというのにもう技術選の開会式が行なわれていた。そんなことなので本日はチャンAと沢の一部には制限ありです。例のごとく沢下部にはウェーブが出現していました。
まずスタートはいつものロマンスから、そして女子国沢へと毎回ワンパターンではありますが、本日もはじまりました。昨夜雪が降ったらしく所々新雪らしきものが目に入った。その新雪に吸い込まれるように約1名は消えていったようだ。いきなりリーゼンとはさすが長老。長年滑り続けているだけのことはあるな。ひよっこ達も長老に負けじと足慣らし後、エキスパ上部の新雪をいただきに行くことになりました。ここから午前中は男国、西山と新雪を求める旅となった。途中で合流したY氏はすっかり新雪対応型の身体となり、整地対応に戻すのに苦労していたようです。でも今日はウエアーにワックスかけるの忘れたみたいね。そして時は11時15分となりました。ここでうめでん席取り班と体勢矯正班とに別れ、11時45分に居酒屋でまた再会いたしました。今日は流行に敏感な居酒屋店長が鳥インフルエンザでお休みのようで、いつもとちょっと雰囲気が変わっていた。あれ?そーいえばメンバーがひとり増えてるぞ!さっきブナへ探しに行ったけど発見出来なかった親分だ。今日もお化粧とベシャリは完璧ですね。

そして午後は育成コブの女子国から始まりました。ちょっと暖まってきたところでリーゼン。最後はエキスパ上部にみんなしてハマった。9名でスタートしたはずだったのに気付いた時には8名になっていた。どこ行ったの親ぶ〜ん。いつの間にか彼は消えてた。途中からなんとなく静かだったのはそのせいだったのかぁ。

今日は朝から、忠告されていた。「3時半には帰るぞ〜」って。守らないと2度と連れてきてもらえなそうなので、何とかリフト終了のアナウンスが聞こえないうちに・・・と思っていたのですが、お帰り時刻には「只今4時5分をもちまして・・・・」の声が!ヤバイです。案の定帰りの車中では「けいこちゃんの車では来たくない!ナイターまでつき合わされそうだから・・・」って言われちゃいました。でも6時半現在まだ滑っているタフな3名もいたようです。誰とは言いませんが・・・皆さんはお解かりですよね。なわけで今日は早めの到着だったので無事に日記を書き終えました。ジャンジャン。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年1月18日(日) 晴れ
気持ちよかったエキスパ上部

約2名はマジ顔だったけど


一日中こ〜んなにいい天気


昼飲み後の休憩はゴンドラで


午後はこのとおりばててます
昨夜遅かったので、睡眠時間3時間半。こんな時は起きた瞬間「行きたくな〜い」って思うのですが、行けば楽しいことはわかっている。やっとの思いで起き上がり、目を閉じたままシャワーをあびたらなんとか目が開いてくれたので5時40分にボケたままおうちを出ることができました。昨日の予定だと3名で行くことになっていましたが、急遽何の用があるのかは不明ですが1人遅出となり2名での出発。日曜日だというのに根利は空いていた。順調に進んだが国道に出る信号はやはりつながっていた。いつもならそこでUターンだろうけど、今日はいくらか時間が早いのでのんびり待つことにした。あとは渋滞無しで岩鞍現着。

駐車場の登り口ではやはりみんな思ってるんですね、「どの辺に置けるだろう、右の方がいいなぁ」って。でも生憎おっちゃんは左の方で旗をふってるので見ないフリしてトイレ前で待機。旗が右側に戻って来たところで、スルスル〜っと入っちゃいました。絶好の駐車位置確保。
お天気は雲ひとつ無い真っ青な空です。でも気温を見てビックリ!鎌田の歩道橋計はマイナス10度でした。でもおてんとさまが出てるとあったかく感じるね。動けば暑くなるとは思うけど背中にはホカロン貼り付けました。
リフトに乗ってコースを見渡すとどこも綺麗に圧雪されて気持ち良さそ〜
早速ロマンスからふっ飛んでみましたが、遠目には綺麗だが近目にはむむむ・・・でした。圧雪がイマイチで所々掘れてたり微妙にうねっていたりで、調子付くと痛い目に合いそうな感じでした。続いてお決まりの女子国。ロマンスでの教訓を活かし慎重に滑っていると、上からレーサーが凄い勢いで落っこちて来る。ちょっとビビリンになってしまいました。
何本か滑っていると続々と見慣れた顔が発見できました。今年は初顔合わせの親分。ミャンマーからサーズ(鳥インフルエンザ?)をお土産に持って帰って来たようだ。でも声がかれてんのは新年会でしゃべり過ぎたからだって言ってた(納得)。一緒にいたのは同じ牛丼チームの僕ちゃん。彼はI氏と同い年だと言うけど、どうしても小学生にしか見えない。学校で喧嘩でもしたのか、頭にホッチキスが刺さってて痛々しかった。午前中は4人で滑りました。親分が登場しては当然向うところは西山です。いい調子で白樺コースを下って!!!ビックリ。別のスキー場へ来たかのように人がいっぱいでした。あったかいと西山が人気なのでしょうか?それにしても混んでます。でもとりあえずブナは目指さなくてはならない。リフトに乗ってブナが見えた途端、「え〜空いてるじゃん」って喜んだのもつかの間、ブナリフトが故障中で動いてないの・・・せっかくここまで来たのにぃ〜しかし担ぎ上げは御免だ。仕方なくオモテに戻ろうとしたときにヤポン5名発見。戻りのリフトが混み過ぎてることもあって、ヤポンと合流してとちの木コースを1本滑った。そんなことしている間にブナリフト復活のお知らせ。迷わずも一度向いました。みんな1本でたくさんって言ってる中、さすが親分は「もう1本」とサーズのわりには元気だった。でも可愛そうにだ〜れも付き合ってあげないんだよ。しょーがない私がお供しますか。ってなわけで、ここでうめでん場所取り班とお別れした。もう1本ブナを攻め、ミルキー経由でお昼に向うことになりました。はっきり言って今日の親分はここで終わっていたようだ。うめでんに到着した時にはヘロヘロになってました。

あれ?そういえば遅出のF氏はどうしたんだろう。ちょっと遅すぎるぞ〜。実はひそかに事件が発生していたようだ。「さっき電話が入って本日2度目のさわやかタイムをしてるって言ってたからもうすぐ到着するんじゃない」とY氏が話してました。何故?原因をつきとめると1度目のさわやかに到達した時、「あ、シー券出しておかないと・・・」って思いウエアーを出そうとした時そのウエアーが無いことに気付き、取りに戻ったということだ。だから2度目のさわやかなのだ。1シーズンのうちには必ず誰かやらかしてくれます。これで今シーズンの伝説がひとつできました。でもよく挫けずに帰ってきたね。

午後は長距離ドライブもなんのその、F氏はかなり元気でした。早出組は居酒屋うめでんしちゃった為、フラフラ。親分は途中でリタイヤです。残ったみんなも元気なF氏に引っ張られて結構滑りましたね。私も午後になって調子を上げ、エキスパ上部にはまり3本行ってしまいました。お付き合いいただいた皆さんありがとうございました。ところでYさんのウエアーはワックスかかってるの?よーく滑ったね、背中で・・・

2日連続だったので今日は早めにあがってもいいか、なんて朝の車中では話してましたが、結局最後のアナウンス「只今4時40分をもちまして第3クワッドリフトの営業を終了いたします」を聞いてしまいました。あのさトレインは最初に何本って決めとかないとキリないよね。今日も楽しかった。ラッキーなことに今日の背筋は背筋です。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年1月17日(土) 曇り


今週はまたまた大寒波の襲来でスキー場は大変なことになっていたようだ。昨日金曜日はいくらか回復したようだが、今回も1mほどの積雪があったもようです。現在280cmとここ数年これほどの雪量は記憶にない。

既に現地入りしているI氏からの昨夜の情報だと「今日は新雪を腹いっぱいごちそうになった。」とのことだ。根利は雪あってちょっと危険な状態らしい。私ひとりで行くのも不安なので新雪マニアのF氏の車にもうひとりのマニアT氏と共に便乗させてもらうことにしました。当然のことながら新雪をいただくには神梅駅に6時半の早出動です。情報どおり根利の雪も随分と増えていましたよ。
本日のお天気は曇っててちょっと寒そうです。気温はマイナス3度とビックリするほど低くはないのですが、太陽が無いとやっぱり寒いです。ホッカイロを背中に貼り付け出動しました。送迎のバスに乗り込むと見慣れた顔がもう一人、こだわりのゴールドブレンドを大事そうに抱えながら乗って来ました。どうやらボトルキープのコーヒーが終わったらしい。

まずはロマンスで足慣らし後、女子国へ。まだ人が少ないのでかっ飛ばすには今のうちだけど、朝一の高速は魔物が住んでいるので遠慮した。前回絶好調だった小回りを早速リトライしたが、思ったとおりすっかり忘れている。なんで先週できたものがたった5日で出来なくなってしまうのでしょうか?悩みながら滑っているとどつぼにはまる。キーっくやスぃー。
3〜4本滑ったところであまりの寒さに足の感覚が無くなったのは私とT氏。F氏はマイナス25度まで絶えられる驚異的な身体の持ち主なので平然としていた。耐えきれずオクタ下で小休止。やっと自分の足が蘇ってきました。ところで今日は新雪を求めていたはずなのですが、昨日の人にすべて食われてしまったようで、食べっカスしか残ってませんでした。でも男子国体の食べ残しは結構凸凹していて楽しめました。
そういえば今日のうめでんタイム中、今シーズンは再起不能かと囁かれていた鉄人Y氏が姿を現わした。限度と加減を知らない彼はゴルフクラブ振り過ぎてわき腹がどうにかなってしまったらしい。「もう痛くないんですか?」の問いかけに、「痛い」の答え。にもかかわらずブナを4本滑って来たらしい。しかも今シーズン初スキーだよ!ここにはヘンな人多すぎです。

ところで今日はこのあと、私には新年会なるものが控えているため、30分ほど早上がりしなければならない。乗せて来て貰ったのに無理言って恐縮です。って心配してたら、運転手の「もっと早くてもいいよ」のお返事に少し安心いたしました。なわけで3時45分に引き上げました。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年1月12日(月) 晴れ




お山の天気って一日でまったく変わってしまうのね。昨日の吹雪がウソのよう、今日の赤城山はくっきりすっきり丸見えです。今朝は早出の5時45分出発。かわちゃんち経由の岩鞍行きです。
3連休の最終日は成人の日、私もめでたく20才となりました。

根利の状態はサイが出そうな感じでしたが、私達の前に出てくることは無く、無事に通過。国道もスイスイでした。さわやかトイレに寄ったところ、意思に反して勝手に滑り始めるわがままな車に乗ったお二人さんを発見。
岩鞍の駐車場は第2の真ん中位で、今日はそんなんに混んでいないようです。

新雪を期待していたが、昨夜はあまり降らなかったらしく、思ったほど積もってはいなかった。雪は踏みつけると「ぐぎゅぐぎゅ」ってヘンな音がする。ロマンスコースではアルペンボードの大会が開催されていて、賑やかだ。DJの叫ぶ声なんかしちゃったりして、いつもの静かな岩鞍が一変していました。まずはそのロマンスで足慣らしして女子国へ。今日も滑り易くいい感じだ。途中でヤポンのお泊り組みと合流したが、初日に滑りすぎたのか飲みすぎたのかわかりませんが彼らはすでにヘタっていました。育ちゃんがかろうじて生きてたかな?やはり日帰り組の方がはるかに元気なようです。中でも燃費の悪いかわちゃんが一番張り切ってましたよ。まあそんなに長くは続かないとは思いますが・・・(結果は予想どおり午前中で精根尽きたようです)3時間滑り続けてそろそろお昼です。

そして午後の部開始。どこから行く?の質問にかわちゃんは「オクタ」って言ってました。でもみーんなゴンドラ乗ると言ったらいやーな顔してついてきました。午後になると随分バーンも荒れてきて、楽しそうな女子国へと育成されていった。ここだけで何本滑っただろうか?9人でスタートしたはずなのに気がついた時には3人になってました。でも今日は小回り先生の良きアドバイスにより、新たな小回りの楽しさをつかみかけました。だけど寂しいことに1週間もするとそのグッドなイメージはどこかへ消えてしまうのよね〜。忘れないうちに早く滑りたいです。
とてもいいお天気のおかげで今日もラストの4時45分まで滑り続けてしまいました。今日もヒザは無くなり、背筋は廃筋です。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年1月11日(日) 雪
今日は吹雪きなので写真はこれだけ
午後2時なのにゴンドラは大人気
今日はお天気も悪そうだし、ひとりだし・・・朝7時に目覚めたが、あと10分寝るつもりで目をつぶったら1時間経過していた。今日はヤポンは4人でお泊りのようで、サチからモーニングコールが入った。「根利は雪積もってて結構滑るよ!」とのご忠告であったが、最近随分と雪道慣れし、滑らせるのもちょっと楽しくなってきた。(でも滑るとハッとする)迷わず根利コースにすることにした。50号から見えるはずの赤城山は今日は完全に雲の中である。大間々を過ぎ黒保根に入ったあたりから雪がチラホラ舞ってきた。かわちゃんのお天気占いのとおり今日はプチ寒気到来で一日中吹雪きの予感。
問題の根利街道は綺麗な雪景色でした。でも出発が遅いと車の数も少ないので、前後の車にプレッシャーをかけられることもなく、ゆうゆうとお一人様のご通行である。調子付いてカーブでちょっとアクセルをふかしてみるが、ニュータイヤの性能が良すぎるのか滑ってくれない。何度か挑戦したけどサイが出てきたら避ける自信ないからやめといた。お楽しみながら運転しているとあっという間に根利を脱出していました。国道に出る信号は3回待ち。今日はあまり混んでないのかな?っと思ったのはその時だけで,国道にでると動いてはいるが、お正月の時よりもはるかに混雑していた。3連休の中日ということで、ご家族連れが多いみたいですね。なんとミッフィーの片品高原スキー場は満車状態でした。ヤバイ!みんな岩鞍に流れてる。

私が到着した11時半には第4駐車場でした。あまりのショックにもう帰ろうかとも思ったが明日成人式を迎えるには今日滑らなくてはならない。
覚悟を決めて出動したが、思ってみればお帰り時にも送迎バス付だ。第2の一番後ろよりラクかも・・・

ゲレンデに着くとヤポンの3名をすぐに発見した。なんと育ちゃんがいる。彼は今ごろになって復活の兆しが・・・滑りたくてウズウズしていたようだ。一発目からチャンBの新雪へとご案内されてしまいました。2本目はリーゼン。最初からハードなバーンはダメージ大き過ぎですね。でも新雪はやはり楽しいです。今日は今シーズン1番の大入りなのでしょうか?ファミリー&ロマンスのリフトはいっぱいでした。ゴンドラ待ちの列が駅舎からはみ出しているのも久しぶりに見たような気がします。滑りだしが遅かったので3〜4本でお昼タイムとなりました。うめでんさんも既に1時過ぎているのに満杯。外が吹雪なので長居している人が多いらしく、拓ちゃんがしきりにプレシャーをかけているのにお客さんには通じていなかったようです。10分ほどカウンターで待機していると目の前の席が空いた。メニューは今日もカレーそばでした。

午後もまた育ちゃんと一緒に滑り始めました。お酒を飲んでしまうと午後の1本目は非常にキツイです。なのに女子国のコブとリーゼンですか・・・
ちょっとお休みしようとオクタ下に駆け込もうとしたときにAMスキークラブを発見。その後は育ちゃんとお別れして、クラス変えです。最後に行ったチャンAはよく見えないんだけど、気持ちの良いコブが出来上がっていたようです。あまりにも楽しいのでもう1本と思ったところで、みんなお帰り支度のようで、つられて私もお帰りあそばされました。
帰り道も渋滞です。根利道も危ないかな?っと思いながらもこの混雑では、何時間かかるかわかんないので、根利経由にしました。途中花見が原入り口あたり事故があったのかパトカーと10台位車が止まってました。レッカー車もいたなぁ。無事に帰れてよかった。

明日の朝一は新雪だらけでさぞ楽しそうですねー。出遅れないように今晩は早寝いたしましょう。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年1月10日(土) 晴れ


今日もVIPな完全送迎付。お迎えの車は時間に正確で予定どおりの6時出発。お正月も終わりまたいつもの週末スキーヤーにと戻りました。でも3連休なんだな・・・今回で18才になった私は、この調子でいくと成人式に丁度20才を迎えます。(知らない人は何言ってんの?って思いますが、これは今シーズンの滑走日数です。)もう一番年上は30才になってるはずです。シーズン終了には無事還暦を迎えられることでしょう。

一昨日にもまた雪が降ったようで、根利の雪もちょっと増えてました。下りのカーブではサイが出てきても大丈夫なように慎重に慎重に・・・
おかげで今日は何の事件も無く根利越え成功です。国道に出る信号がやや混みで即Uターン、温泉街道を通って渋滞無しで120号に出ました。でも国道は空いてました。本通りが空いてるとちょっと悔しい。
岩鞍へ着くと駐車場も第2の前のほうだ。みんなお正月にお金使っちゃったのかなぁ?ゲレンデも3連休だというのに空いていた。

ところで今日の雪質ですが、最高に良さそうです。いい雪だと自分が上手くなったのと勘違いするので、あまり喜んではいけないとは思うが、やっぱり気持ちいい。悪雪でもこの気分が味わえるように早くなりたい(一生無理だろうけど・・・)午前中はファミリー・女子国・下部・チャンA・男子国などを片っ端から滑り、みんなは気持ち良さに浸った。朝から気持ちよすぎて卒倒していた人もいたようだったが。今ごろ身体のあちこちに支障が出ているに違いない。コケの後遺症ってやつですか。
朝から元気に滑っていたのでお腹もそれなりに反応したようだ。ちょっと早めのお昼にしました。

午後、ゲレンデへ戻ると、なんだかたくさん人がいる。(エキスパ上部は空いてたけど)3連休ということで、皆出動が遅かったのだろうか?どこを滑っても混んでましたよ、リフト待ちは無いのにね。今日は一日気温が低かったのか最後まで雪が緩むことなくいい状態が保たれてました。風がまったく無かったので体感的には暖かくいい一日でした。こんな日はシーズン中3日くらいでしょうか。また明日からプチ寒気が舞い込むということなので雪かしらねぇ?本日もナイター5時半まで滑って参りました。

SSAWS(ザウス) 平成16年1月7日(水) 晴れ
今日は成田空港まで行ってきました。途中で見えるザウスはもうかなり解体工事が進んでいます。初めてザウスを訪れたのはもう10年ほど前だろうか?ららぽーとの信号を右折し高速道路の下をくぐり目の前に巨大な怪獣のような建物が現われたときには、思わず感動に震えました。当時はスキー全盛期で日曜日なんかに行けば大変なことになる。確か2時間で4〜5千円とメチャクチャ高い料金だったにもかかわらず入場者制限までついて、滑っている時間よりリフト待ちの時間の方が長かったような記憶さえある。時間が限られているので、ほとんど休まずに滑った。やむおえず休憩する場合は必ずゲートから出る。ゲレンデサイドのファーストフードのお店に入りたかったが、そこはゲートの内なので、時間がカウントされてしまい、もったいないのでいつも避けてた。ゲートを通るたびに残り時間が表示され、追加料金を払わずにすむよういつも考えながら滑ってたなぁ。しかし4〜5年後、徐々にスキーの人気は衰え、若者はスノーボードへと転向していった。その頃にザウスの料金体勢も随分変わり、ボードタイムとスキータイムが出来上がった。思い出すとここにも随分通わせていただきました。たぶん20回以上は来ているだろう。私の中ではひとつのお気に入りのスキー場が無くなってしまうということで、寂しい思いでいっぱいです。もうSSAWSの文字も消えてしまいました。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年1月5日(月) 晴れ  積雪155cm




連休最終日の今日の予定は未定だった。目覚し時計もセットせずに起きたところで考えよう。と思って昨夜は寝た。今朝目が覚めると時刻は7時半。どうしようか迷いながらも布団から出られずにウダウダしていた。そんなところに「岩鞍現着!」のメールが舞い込んできました。これで決心がつき、すぐに起きて出動準備、9時30分岩鞍向けて出発いたしました。

今日から仕事初めで国道50号線はかなり混んでいた。根利までの時間はいつもより15分ほど余計にかかった。根利の入り口で電話が鳴った。「今日は行ってるんですかぁ?俺は仕事ですよぉ年始周りの・・・」と寂しそうなMさん。根利の出口でも電話が鳴った。「今何処ですかぁ?今から出まぁ〜す」と元気なIさん。国道120号線は思いっきり空いていた。

そして現着は丁度お昼。先発隊に連絡してみるともううめでんタイムに入っているということだ。私もはらぺこ状態だったので腹ごしらえしてから滑り始めました。おっとここでひとつ書き残しておかなければならないことがあります。うめでんに新しい記録が生まれました。お正月はあるお泊り組みが、2晩で一升瓶5本飲み干したそうだ。4人でこんなに飲んだ奴らの顔が見てみたいもんです・・・しかもその中の一人は最終日リフト終了時間まで滑り続けたということではありませんか!よく身体がついていきましたね。きっと夜中にたっぷりと「乳酸出し」したに違いありません。えーッ裸足でダッシュもありですか〜!

ところで今日のゲレンデ状態ですが、思いっきり空いてました。私は午後からでしたが、雪もゆるむことなく、バーンも荒れることなく、カービングスキーを楽しむには絶好のコンディションでしたね。先発隊の欲求不満児のお二人さんも「疲れた」なんて言いながら結局ラストまで滑ってしまいましたね。やっぱり相当気持ち良かったのでしょう。スキスキロマンスでのトレインは最高でしたぁ〜。

こんなわけで、10日間の連休は無事に終わりを向かえました。また明日からみんな仕事に復帰です。でもこれ以上連チャンスキーをすると誰かさんのようにスキーがつまらなくなりそうなので、名残惜しい位でやめておいた方がいいのでしょう。さあ週末スキーの為のリハビリ開始です。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年1月4日(日) 雪のち晴れ






2日続けてアフタヌーンスキーでしたが、本日は正規の時間からスタートです。自宅まで完全送迎付きのビップ待遇だよ。朝6時にお迎えの車が到着しましたが、いつもと来る方向が違う?すると運転手は「ぼ〜っとしてたら通り過ぎた」って言ってました。でも定刻どおりに出発し、所要時間2時間20分で現着しました。この時間で第2駐車場の真ん中位、今日もリフト待ちはまずないだろう。

今日はヤポンも3人来るはずだが、まだ到着していないようだ。ひと足お先にゲレンデへ。昨日からお泊りしている飲べえさんチームはまだお休みしているのかな?3階の特別室のカーテンはまだ閉まったままである。
起こそうかと思ったが、そのまま引きずり込まれそうなのでやめておいた。どうやら私達が1着らしい。ゲレンデにはそれらしき姿はまだ発見できませんでした。ファミリーを2本滑り終えたところでヤポン到着。続いて昨日ナイターまで頑張っていたらくだ青年。牛丼のマークも見えた。とりあえずはヤポンと合流して、ロマンス・女子国・チャンBなどを滑りました。今日は午前中、いつもと逆の南から吹き上げる強風でとても寒く感じましたが、次第に青空が見え始めお昼頃にはとてもいいお天気になりました。昨夜30cmほど積もったらしく雪質も良好でした。雪が飛ばされていたところは凍ってたけどね。条件はすごく良かったのに、身体の条件は最悪でした。今日の私はAMスキーヤーでした。かわちゃんじゃないけど、背筋が廃筋になって使用不可能となってしまいました。

とても耐えられる状態ではなかったので、廃筋仲間のかわちゃんを口説き落とし11時半うめでんへ。すると入り口付近で飲べえお泊り班と遭遇いたしました。これから滑り始めるのかと思ったら「もう10本くらい滑ったもん」と胸を張って誰かが言ってた。店内に入ると見覚えのある人達が既に盛り上がっていました。テニスチームだ。
今日のメニューは珍しく「カツ丼」でも半分で十分です。サチと半分っこした。カツ丼を食べて元気を取り戻そうとしたが、やはり無理なようでした。

午後は女子国を何本か滑り、ここのコブだけでも精一杯だったのにリーゼンなんか行っちゃったもんだからもう完全に死にました。こんな時お役にたつのが、休憩好きのかわちゃんです。休憩には快く付き合ってくれます。持つべきものは休憩友達ですね。今日はすごく感謝いたしました。しばらく休んでミルキーなら何とか行けそうだと出動したところ、ロマンスコースで他のメンバーとばったり。結局5人でゴンドラミルキーへ行くことになりました。あまり期待はしていなかったが、ここがとっても滑り易い雪で少し調子を取り戻しました。ゴンドラで休むって手があるのでもう1本ゴンドラに乗り、今度は尾根を下りました。

しかし、これ以上滑り続けると怪我までありそうなので最後は堅く、ロマンスを省エネボーゲンでくだり、大事に至らず無事に本日のスキーを終えることができました。教訓「疲れているときのスキーはやっても進歩は無い」ですね。今日は送迎付きでほんとに助かりました。
今、イスに座って日記を書いていますが、立ち上がれるかどうか心配です。お正月休みは残すところあと1日です。明日のスキーはどうしようか、只今検討中です。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年1月3日(土) 雪(のわりには暖かい) 
根利頂上の雪はまだ融けません
エキスパ上部今日は滑り易かった
今日もスキーくらいしかやることないので、行っちゃいました。またまたお一人様なので遅めの9時出発。根利は相変わらずの超ウェーブでキャリアが取れちゃうんじゃないかと心配しちゃうほどガタガタでした。でもあれなら滑りたくても滑らないって感じで安心ですね。

今日の岩鞍は雪です。昨日ず〜っとお天気良かったので新しい雪は非常に嬉しいです。下部の方はご家族連れがたくさんいました。さすがお正月ですね。最近の岩鞍ではあまり見かけないウェアーや板がいっぱいでした。上部の方はリフト待ちはまったく無いのですが人口密度が高かったように感じました。やはり今日がピークなのかなぁ?

早速いつものメンバーを探しに行きましたが、今日は6本滑ったのになかなか見つからない。でも来てないはずはありません。思わず電話して仲間をゲットしました。滑り出しが11時を過ぎていたので1時間半程滑ってうめでんタイムとなりました。ちょっと遅めのお昼だったので、すでにうめでんでは宴会モードが出来上がっていました。今日はSさんご一行様がお泊りのようで、彼曰く「今日はレジャー」なんて言いながら飲みに専念していたようです。私はPMスキーだったので、今日はAMスキークラブには入るのはやめました。きっと今ごろはヘベレケでバク睡してるんだろうなぁ、それとも恐怖の乳酸出しでもしてるかな?

そして2時半からナイターの6時半まで滑り続けました。追いかけっこの男子国体では死ぬかと思ったけど、よくこの時間まで持ちこたえました。でも今は足が肥大しててヒザがありません。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 平成16年1月2日(金) 晴れ 
ミルキーはボードに人気?


エキスパ下部ナイター
新年初スキーは今年も岩鞍。たまには他のスキー場も新鮮でいいけど、やっぱりここが一番落ち着きます。コースは隅から隅まで知ってるし、休む宿はあるし、仲間はたくさんいるしね。
今日はマイカーでの出勤です。朝6時半に目覚ましをかけたのに、起きたのは7時半でした。ひとりとなるとつい出発が遅れてしまいます。今日はお天気もいいので根利の雪も少しは融けたかなと思い、大間々へ向いました。この時間になると根利も空いてます。前を走るのは軽ワゴン車のみ。ちょっとの油断ですべることもあるので十分車間をあけてついて行きました。案の定前の車は、F島カーブあたりでみごとに回転いたしました。良かった離れてて・・・無事に国道120号に出るともう雪はありませんでした。2時間20分程で現着。

料金所でシー券を見せ、駐車場へ。いつものことながらここでちょっとドキドキワクワクする、どんなに混んでるのかな?っと。
今日はお正月の2日目なので第3駐車場を予測していたが、やはり第2だった。しかも29日に来た時より空いてました。すぐに準備して、野沢温泉のお土産持ってバスに乗り、まずはうめでんさんへ新年のご挨拶。今日はまだ誰も顔を出してないとのことでしたが、心配は無用です。
ゲレンデへ出た途端「牛丼チーム」を発見しました。続いていつものメンバーもエキスパ下部で発見。無事にみんなと合流できました。

今日は朝から風すら無くとてもいいお天気で、汗かくほどでした。1日中まったく雪の降らない日ってのも珍しいです。おかげさまでナイターまで突入してしまいました。今日は小回りを重点的に練習しましたが、なかなか上手くいきませんなぁ。最近悩むことばかりです。初心の頃ってひとつ出来ただけでものすごい進歩したって感じがありましたが、ここのところあまり大きな感激がありません。まあ何のスポーツでもそうですが、だんだん内容が難しくなってくるのでひとつの目標を達成するまでは時間がかかるのですね。なんて寂しいことは言ってますが、やはりスキーは楽しくてやめられまへんなぁ。

帰り道は遅くなったから根利はやめようと思っていたのですが、老神温泉サイドで渋滞していたため、根性決め根利経由で帰りました。今度は前を行くBMWがメチャクチャ安全運転だったので、その辺に刺さることなく無事に帰宅できました。