尾瀬岩鞍 平成15年3月29日(土)曇り 〜 30日(日)晴れ 
まだみんな元気な1日目


写真撮影に熱中


30周年花火大会


雪上宴会場


恐怖の乳酸出し
今日はまたまたお泊りスキー。岩鞍30周年と旅館組合スラローム大会の前夜祭を兼ねた花火大会があるということで、これを見るのが泊まりの目的です。
9時30分にゲレンデ着。今日は意外に気温が低いようで、肌に感じる風は非常に冷たい。ファミリーを1本滑ったところで、AMスキークラブの3名を発見しました。2日前には緩んではいたものの滑り易い雪だったのに、もう随分質が変わってしまった。ほんとに雪が融けるのって早いですね。いい雪を求めて上へ行こうとしたが、またしても尾根リフトは運休。仕方なくブナ経由で頂上を目指しました。ここまでは4名だったけど、ブナを横目にして通り過ぎる訳にはいかない鉄人は当然そこで消え、私達は3名で尾根を滑りました。さすがに頂上の雪はまだまだイケてますよ。あれ?ここは2日前より良さそうだぞ!よーく見ると新雪だ。どうやら昨日降ったみたいだ。とても3月終わりとは思えない片栗粉でした。こんなにいい雪なのに、なんでリフトが動いてないんだろう。きっと春スキー用に温存しているに違いない。ここにずーと張り付いていたい気分であったが、一度おりてしまうともいちど上るには遠過ぎるなぁ。他へ行こうとしたが、今日もまたチャンAは大会でクローズ。こうなったら普段はあまり行くことはない西山へ向かうしかなかった。私的にはリフトが長いわりにアッという間に下りてしまうこのコースはあまり好きではない。それなのにこのリフトはいつも混んでるのよね。でもさすがに今日は並んでもいいと思いましたね。やっぱり雪質はバツグンだよ。

今日は昼間よりナイターがメインなので4時まで滑り、まずはお部屋(3階の特別室というか、屋根裏部屋)でひと休みしてから夜の部に入る予定でしたが、ひと休みどころかそのまま宴会になってしまいました。花火の打ち上げ時間は8時ということなので、7時ごろゲレンデへ出てみました。しかし誰も板履いている奴はいない。持っているのはビールとつまみ、F島さんは花火見物用に椅子までかかえていた。焼き鳥、焼きそば、おでんなどのサービスがあるということなので屋台の前へ行ってみたが、もう既に終わっていて、残っている焼き鳥は飲み物を買わないと貰えないんだって。な〜んだガッカリ。
そしていよいよ8時。ニューイヤー花火はジャンプ台の方からあがったが、今回はチャンピオンの方向からでした。もうこの時点でみんな酔っ払っていましたが、これで終わるはずありません。宿に引き上げ飲み直し。ここからが本番でした。泊まりを予定していたのは4人であったが、今日テクニカル検定を受けていたI間氏も急遽飛び入りして5人となりました。明日も検定は続くというのにこんなことしてていいのかなぁ?まっこの時点で諦めたほうが良さそうですね。それはさておき、今日の為にわざわざ都会から戻って来た居候君も仲間入りして、宴酣となったころ、恐ろしいことに王様ゲームまで始まってしまいました。キッスなんて罰はまだ甘い。ティッシュ食べさせられたり、裸足で外走らされたり、乳酸出ししてからの水コップ3杯一気など大変な仕打でした。
もうみんなヘロヘロです。結局宴会は深夜2時まで続きました。これだもの日帰り組の方が翌朝は早いに決まってます。

当然のように、朝おはようと元気に入ってきたのは昨夜9時に帰った奴だった。泊まりのメンバーは半分寝たままの朝食。自分でも酒臭いのがわかるほどだった。そして出動はやっぱり9時半となってしまいました。
今日は昨日より随分暖かいようだ。ゲレンデの雪もすべてザラメ状態です。
チャンAでは、旅館組合のスラローム大会が行なわれており、またしてもクローズ。女子国沢ではテク・クラ検定。とコースの規制が多かった。しかしこんな悪雪の中での検定は大変だなぁ。シーズン終了間際になると受験生も増え、テク・クラ合わせて100人以上いたようでした。今日はヤポンのメンバーが4人と、花子が来ていて、みんなで検定見学しました。
午後は、スラローム大会が終了しチャンAが開放された。やはりここが一番状態が良さそうだ。でもさすがにグチャ雪の中を2日間滑ると足に力が入らなくなる。リフトに乗ってる時板を重く感じるようになったらそろそろ限界かな?

今回のお泊りスキーも大変盛り上がり楽しい2日間でした。次回はもう4月です。去年よりちょっと遅いけど下界では桜が咲き始めました。岩鞍も残すところあと2週間です。

尾瀬岩鞍 平成15年3月27日(木) 晴れ



今日はレディース2人で行って来ました。7時に大間々を出発。根利の路肩の雪も少なくなり、凸凹も随分貧弱になってしまいました。もう岩鞍までノーマルでも全然OKですね。嬉しいやら哀しいやら・・・
この日記も今シーズンはあと何日書けるのだろう。たまには面倒くさくなることもありますが、ここまで何とか続けてくることができました。これも一重に皆さんのご協力とアップが早ぇ〜だの遅ぇ〜だの心強い励ましのおかげだと感謝しております。

では今日の岩鞍をご案内いたしましょう。天候は晴れ、気温10度(お昼時)、
チャンAにて関東スキー選手権大会が開催されていました。一番いい状態を保っていたチャンピオンがクローズだったのは、ちょっとガッカリ。ゲレンデの状態は下の方はザラメ、上の方はシャーベットとすっかり春のゲレンデとなってしまいました。でもカービング板ってこんな中でも結構楽しめちゃうのが不思議です。私の場合アイスバーンよりこっちのがいいかも・・・
朝一のバーンはどこを見ても気持ち良さそうで、全部いっぺんに滑りたい気分になりました。どこから攻めようか悩んだ末、まずは女子国から、続いてミルキー、男国と速攻でゴンドラ3連チャンしました。尾根のリフトが運休してたので頂上へ行くにはゴンドラを使うしか手段が無かったんだけどね。でもそのおかげで、尾根の状態はとびっきりGOODでしたよ。そして今日はチビッコのスクールと、グッギーのスクールやってました。こんな空いてる中でレッスン受けられるのは羨ましいな〜と思う反面、やっぱり空いてる時は自由にカッ飛びたいって思っちゃうのが私です。

10時とお昼の休憩がやたらと長かったけど、今日は2人きりなので移動も早くしかも平日ということで、短時間で沢山滑れました。
いつも長々とお邪魔しちゃって申し訳ないなと思いつつ、また寄り込んでしまう不思議なお店「うめでん」さん。今日も大変お世話になりました。水芭蕉のお土産まで貰っちゃって。今度はこちらがおみやげを持って行く番なんだけど、なかなか誰かさんのお口にあう物(じゃない者)が見つからないので、次回は大根(意味不明な場合はおかみさんにお尋ねください)で勘弁してください。
尚、本日参加しなっかった方には最後の内容はご理解できないと思います。ごめんなさい。

尾瀬岩鞍 平成15年3月23日(日) 晴れ


7時頃だったのかなぁ?モーニングコールが鳴ったの。誰だよこんなに早く〜
先日検定の後ぶっ壊れたI間氏であった。昨日6時半に帰ったパパも続いて到着。これはいつも不思議に思うことだが、なんで泊まりの人が一番準備遅いのかなぁ?しかも今朝来た奴らの方が朝飯いっぱい食べてるしぃ〜。
8時半にはYaponのメンバーも2名到着。結局お泊り組の出動は9時半となった。
本日の岩鞍はまたまた晴天。みんなの顔も一段と黒くなってきたぞ。この季節だとコンビニにも日焼け止めクリームは数少ないようで、これしか無かったとメラニン川ちゃんが寂しそうに言ってました。午前中は出動が遅かった為、すぐにお昼です。今日はお部屋がキープされてたので、207号室での食事となりました。人気の品はやはりカレーそば。馬鹿にしながらも今シーズンは皆はまりましたよね。

午後になると雪はみるみる融けだしシャーベット状態となっていた。そんな中一番いい雪を保っていたのはチャンA。見た目にはすごく良さそうなチャンBだったが、みごとに裏切られた。バーンはだんだん難しくなってくるが、今が腕を上げるチャンスです。頑張って一生懸命滑りましたが、やはり小回りするのは私にとっては大変です。しかしこれを楽しみにしていたこまわり君もいたようですが・・・時刻はあっという間に3時となり、飲み会を控えた私はここであがることになりました。ほんとに楽しい2日間でした。

尾瀬岩鞍 平成15年3月22日(土) 曇り
夕暮れの岩鞍207号室より

真ん中で光ってるガクト
ここのオーナーは変なおじさん
今朝は7時に起き8時に出発と予定していた。ところが7時45分に電話が入り、急遽お仕事を頼まれてしまった。そんなわけで2時間半ほど出発が遅れてしまいました。岩鞍までの道のりは今日も順調。根利の轍も随分融けましたねえ。凸凹はまだ健在してたけど・・・
今日は出発前に、AMスキークラブから連絡があり今晩はうめでんにお泊りということだ。到着が1時近かったのでまだお昼タイムかと思って電話したところ、既にお部屋で宴会タイムとなっていた。そこで1時間ほど過ごしたが、夜飲むことを考えてほどほどにして滑り始めた。

今日は朝から曇り空、私にとってはちょっと寒いくらいだが、みんなには丁度いいらしい。まあ雪のことを考えると、晴れないほうがGOODですけどね。
そしてリフト終了まで滑り続けました。(ナイターが無いってのは寂しい。ましてや泊まりとなると余計だ)

さ〜て、今日はスキーより宴会の方がメインのようで部屋に着くなり乾杯です。一般のお客様はこれから夕食のようだが、食堂におりた私達にはつまみのおしんこと、ポテトチップだけしか用意されてなかった。S根氏が早々仕入れてきた技術選のビデオを見ながら宴会が始まりました。まだ食事中の人が沢山いたので最初は静かだったけど、みんな食事を終え誰もいなくなったところから本番開始。変なおじさんは一升瓶かかえてくるし、居候ウェイターは訳わかんないカクテル(度数が高けりゃいいと思ってるらしい)作ってくるし、もう大変な騒ぎとなってしまいました。これだもの泊まった次の日は死ぬに決まってるよね。終いにはS根氏改造計画と題し、食堂はスペシャルカクテル付きのヘアーサロン「ウメタク」に変わった。最後は溜まった乳酸を取り除いておしまい。
さぞスッキリしたことだろう。
こんな大騒ぎがなんと1時まで続いたがみんな明日起きられるのかなぁ?

尾瀬岩鞍 平成15年3月21日(金) 快晴



世間では3連休(私は30連休だけど)今シーズン最後の連休なので混雑を予想していたがそうでもなかった。今日は6名で出かけました。6時30分にいつもの場所に集合しましたが、ついこの間までは真っ暗だったのにもうこんなに明るくなってしまったのね。そう今日はお彼岸です。暑さ寒さも彼岸までということですがこのまま暖かくなってしまうのでしょうか?岩鞍もすごくいいお天気でした。

8時半現着し、早速出動準備を始めたが、あまりのいい天気に念入りにお化粧している男性、通称メラニン君が約2名いました。すると3台隣にはもっと念入りに化粧をした親分の顔が見えました。(今日もブナオンリーかな?)
今日はボーダー君がいたのでまずは足慣らしにロマンスを1本滑りましたが、昨日雪降ってたらしくまたしてもバーンは最高級です。うわ〜思いっきり滑りたいって思ったけど、今日はボーダー君のプロモーションビデオを撮影する約束だ。私の場合30連休なので、1日位は惜しくない。早速ビデオの撮影に入った。天気もいいので最高のプロモができるだろうと思いきや、ねえこのビデオバッテリーないよ!!!っということで撮影はすぐに終わってしまいました。そうとなればこのコンディションの中、滑らなきゃもったいない。ボーダー君をロマンスに置き去りにし、私達は西山へ向かった。当然目指す所はブナ。柔らかくてとても滑り易い状態だった。やはりこれからはコブですね。

そういえば今日は、準指導員検定が行われていた。私の知り合いもひとり受験していので、そちらの様子も見に行ってみた。総勢60名位いたのかなぁ? いったいここから何名合格するんだろう。みんなお金と暇を沢山かけて大変だよなぁ。でも目指すものがあればきっと耐えられるのでしょう。

尾瀬岩鞍 平成15年3月16日(日) 晴れのち曇り
カービング大会のチャンA

今日もいい天気だよ
こんだけ続けてスキーしてると日記書くの忙しいなぁ。好きでやってるのだからいいんだけど話のネタ作りに困ってしまいます。
今日はヤポン5名で行ってきました。3月半ばというのに根利には除雪した雪がたくさん残っています。と言っても道にはほとんど無く、ハッとしてGoodというわけにはいきませんでした。かわちゃん残念。
ゲレンデには定刻通り到着。今日はチャンAで「全日本カービングスキー大会」が開催されていました。
まずはロマンスで足慣らし。昨日の夕方からここはグラニュー糖状態となっていたが、一晩で雪質って変わるんだね。今日は適度に硬くなっててとても滑り易い状態となってました。続いて慣らした足を女子国沢へ持って行った。朝のうちはバーンも硬くフラットなので、カッ飛べそうですが、疲れの残っている私にはスピードに耐えるだけの脚力は無かったので堅く中回り。さて次はどこへ行こうかとたたずんでいた所に花子が登場した。あれ、何でいるの?今日は確か検定だとか言ってたのに・・・スクールの前までは行ったようだが、弱気になってやめたそうだ。そんなわけで彼女は今日一日「Yapon スキースクール」に入ることになった。課題は内足の活用。一言で内足を使えと言ってもそう簡単にできることではない。特に女性には難しいようだ。私も今シーズンはず〜とこれが課題だった。スキーって1箇所直すのに何て時間かかるんだろう。でも言われてすぐに直せるようだったら誰でもデモンストレーターだよね。なかなか出来ないところがスキーの面白さかもしれません。
今日は矢島っちがビデオ持ってきてたので撮影しながらの練習となった。おかげでスローペースだったので助かった。今日はかわちゃんの休憩友達になろうと思っていたのですが、このぶんなら着いて行けそうだ。

うめでんタイム終了後も、スクールは続いた。午後になるとさすがに雪もへたってくるなぁ。こんな雪でもカービング板のおかげで結構楽しめる。またM原校長がいろんな練習方法知ってるので、緩斜面滑っていても飽きることがなかった。しかし基礎練習って体勢の矯正だから翌日は筋肉痛に悩まされますね。今日は股関節が痛いぞ〜

尾瀬岩鞍 平成15年3月15日(土) 曇りのち晴れ
華麗なるエアー
裸でビールかけ

うめでん今夜の夕食
先日の疲れがまだ残っているにもかかわらず、岩鞍が呼んでいたので今日も出かけてしまいました。現着は9時でしたが、第2駐車場の真ん中あたり。もう随分と空いてきたのかなぁ?
ゲレンデでは例によってオール早稲田の大会。今日が最終日のようで団体競技のフォーメーションが行われていた。朝1からAMスキークラブの鉄人2名とお会いし、続いて花子達。とりあえず6名で女子国からのスタートとなった。昨日下界は暖かかったので、雪の状態が心配であったが、まだいい感じでした。午前中は小回りの練習にはまりエキスパ下部に張り付き状態となりました。色々な滑り方を試しているうちに、訳わかんなくなるのは私だけでしょうか?収拾がつかないままお昼となってしまいました。

最近、うめでんでは正規のメニューを頼む人が少なくなっている。なんてわがままな奴ばかりなんだろう。と言ってる私もそのひとりだけどね。今日は「天ぷらカレーそば」「カツ定食生玉子付き」が新たに登場した。次回はカツカレーそばにしようかな、なんて言ってたよ。

そして午後の部は、ゴンドラで一気に頂上へ。尾根、沢を何本か滑り、恐怖のブナへ向かいました。もうこの時点で結構疲れがたまって来ていたが、親分と子分に引っ張られ、5.6本滑っちゃいました。ふぅ〜結局ブナリフト終了の4時5分までかぁ・・・やれやれ。
西山から引き上げ、最後はロマンスということになるが、ここで素晴らしいコザックを間近で拝見することができた。彼らは誰の知り合いだったのだろうか?ブナで一緒だったけど。

まだこ〜んなに明るいのに時刻はすでに4時半です。リフトが終わっちゃぁ帰るしかないけど、どうも名残惜しい。駐車場に向かう途中一人が立ち止まり、ちょっとうめでんで休憩していこう。の一言でまたまた寄り込んでしまいました。夕食の準備で忙しいのに、毎度お騒がせしてすんまそん。と、休憩中外がやけに騒々しい。何事かと思ったら早稲田の学生が打ち上げのビールかけやってました。この寒い中見ての通り裸です。元気だよな〜若者は・・・
なんて思ってる私も、「明日も来るぞ〜」と負けずに元気でした。

尾瀬岩鞍 平成15年3月13日(木) 快晴






昨日行ってきたばかりだし、一人だし、今日はパスしようかと思ってましたが急遽パートナーが見つかったので、またまた試乗会へ行ってきてしまいました。今日は久しぶりの快晴でゲレンデは昨日より空いている。雪質はもちろん最高。しかも綺麗に圧雪されて全面カービングバーンとなっていました。今日ほどの出来は今シーズンたぶん最後だろう。きっとお仕事しながら恨めしそうに赤城山を見つめていた人もいたことでしょう。美味しさ独り占め〜うひひっ。

今日は大学生のY君と一緒に来たが、相変わらずパワフルだ。試乗会は初めてということでいろんな板を借りまくっていた様子。185cmのレーシングモデルを履いている彼にしてみればどれをとっても新鮮だったに違いない。最初に借りたOGASAKAのSA-Nでは早速パークに入り飛んでいた。私は昨日沢山試乗したので、今日は2本だけお借りしました。それにこれ以上ニューモデルに乗ってたら自分の板履くのがイヤになりそうだってこともありそうだし。まあ私の板は今年モデルだからあまり心配はないが、隣ではY君が大いに悩んでいた。これ半日くらい貸しててくれないかなぁ・・・と
試乗会のことはこれくらいにしておいて、今日のスキーレポートに移ります。ゲレンデでは、また早稲田の大会が行われており、まずはチャンAから始まりリーゼン、ファミリーと次々と場所を変えて競技が進んでいたようだ。時折大きな歓声があがってかなり盛り上がっていたみたい。リフトのおじさんの話では、土曜日まで大会は続くようです。そんな盛り上がりを横目に、私達もたくさん滑りました。Y君はいつものことだけど昼飯抜きで滑り続けてましたよ。ひとりでご飯食べるのって寂しいから、なんとか相棒を探して来るわけなのに彼の場合は意味がない。でもここ岩鞍では、一人で来たって気軽に入れるうめでんさんがあるから非常に助かる。そういえば長年スキーやってますが、ひとりでゲレ食食べたのは今日が初めての経験かも・・・。拓ちゃんお相手ありがとね。今これを読みながら、「早ぇ〜よ、また暇してるな」って思ってるでしょ!

そして午後は、チャンA、エキスパート上部、男女国、ミルキー、ファミリーくらいだったかな?かなりハードに滑りましたが転倒無しで無事に一日を終えることができました。明日はもしかして筋肉痛かも・・・

尾瀬岩鞍 平成15年3月12日(水) 雪
シーズンも終盤となると気になるのは来期2004年のモデル。今日は岩鞍恒例のニューモデル試乗会がありました。私は今回初めて参加しましたが、結構沢山のメーカーさんが来てるんですね。まずは受付で身分証明書(免許証)を提出しゲストカードを貰う。そのカードにて板をレンタルするわけだ。そして返却の時に簡単なアンケートを記入するしくみ。なかなか盛況で人気機種については順番待ちの人が何人も並んでいました。私も試乗してみたい機種はありましたが並んで待つのもイヤなので、空いてるものを片っ端から乗ってみました。感想はと言いますと・・・今日は3月とは思えないトップシーズン並の雪質だった為、どの板に乗っても気持ちよく滑れちゃいました。とりあえずはレポートなんぞ書いてみましたが、つい最近まで板の違いなんてわからなかった私の感想だから、真剣に見ないでね。
それにしても今年はいい雪に恵まれてますねぇ。あと1ヶ月で岩鞍クローズというのはもったいないと思いませんか?

尾瀬岩鞍 平成15年3月9日(日) 雪
ブナかまくら







今日は日曜日なので、ヤポンのメンバーとスキーです。参加者は3名と少なかったけど、珍しく今シーズンなかなかお目にかかれなかったポンちゃんが参加しました。彼のシーズンインは11月と出足は好調だったのですが、それから何処へ消えたのやらしばらく見ることがなかった。久しぶりに会った彼は相変わらず「やられちゃうよ」は連発していたが、今回は「♪何でだろう?♪何でだろう?」がお気に入りの様子。着メロにまで入れて振り付けの特訓中のようである。まあそれは勝手にやらせておくとして、今日は3名ということでかわちゃん号1台で出動しました。根利は昨夜から降り続いている雪のおかげで真っ白な圧雪状態。いつもはかわちゃんひとりが笑顔なんだけど、今日のサイドシートには蟹走りの名手ポンちゃんが乗っている。デッカイ二人が滑るたびに「ハッ!としてGood」なんて言いながらニヤニヤしている姿は後部座席の私からみると妙だよ。根利は滑るだけならいいけれど、猿や狸、時にはサイも出て来る危険な道路なんだから気をつけて走らないと大きな事件に巻き込まれてしまいますよ。なんて言ってるところでひとつ目の事件発生。見た感じでは滑って追突でもしたのだろう。パトカーまで来てたから何事かと思ったが大したことはなさそうだ。それからは順調に進み、危なげな箇所は無事に通過した。ところが薗原湖サイドのなんでもなさそうな所でふたつ目の事件に遭遇。なんと車がこ〜んなことに・・・!「滑ったのかなぁ?ぶつかったのかなぁ?何でだろう♪何でだろう♪」と、ここでも振り付け入りの唄を披露するポンちゃんでした。手助けしようかと一応車を止めたが、すでにたくさんの人が集まっていたので、あれだけいれば大丈夫だろうと通り過ぎた。

8時半にゲレンデ着。下界ではちょっと風があったので、リフトの稼動状況が心配でしたが、今日はすべて運行していた。何しろ西山閉鎖なんてことになると、とんでもなく混んでしまう。これだけは避けたかったのだ。よかった事件にならなくて。私はこれだけが心配だったのですが、今日はかわちゃんにも大きな心配事があったようだ。彼は先週エッジで膝を2センチほど割ってしまった。その膝が今でも微笑んでいるということだ。爆笑しないよう3種類のテープを工夫して貼り付けてきたようだが、「・・・多い日も安心・・・も付けてくればよかったかなぁ」などと冗談言ってましたが本人もかなり気がかりな様子。今日は(おたんこ)ナースがいないので出血サービスはしないよう気をつけてほしいものです。
それにしてもすごい雪だなぁ。でも今時の雪にしては軽めで気持ちいい。何本か滑っていたら、見覚えのあるウェアーが目にとまった。2週間前に一緒に滑った花子だ。そこから彼女も仲間入りし4人で滑りました。
昨日ベストだったブナへは当然行きましたが今日も柔らかくてとても滑りやすい状態でした。でもちょっと深くなってきたかな?念願だったブナかまくらにも入れて満足満足。ブナを2本滑ったところでポンちゃんから腹減ったの一言。一行はミルキー経由で、うめでんを目指した。8時半から11時45分まで、あちこち滑りまくったが、おかしなことに今日はかわちゃんから休憩の言葉が出なかったぞ。な〜にやればできるんじゃん。
うめでんに入ると、AMスキークラブの約2名が早々酒盛りを始めていた。私達も負けずに生発砲で乾杯。すると次々に知ってる顔が入って来てテーブル1列貸切状態となった。今日のご飯は昨日誰かが美味しそうに食べていた裏メニューのカレーそばとこっそり決めていた。またしばらくはこれにまりそうだ。

午後も一向に雪はおさまらない。まずはゴンドラで一気に頂上へ向かったが、たった1杯飲んだお酒がまだ効いているのか4人して足元がシャキっとしない。やっとの思いで男国を降りてきたが、ここで生ビール3杯飲んでリーゼン5本滑ってしまう親分の偉大さに脱帽。そこからはしばらくファミリー&ロマンスでおとなしくしていました。
沢下部にて検定(リズム変化)が実施されていたようだが、今日は随分と受験者がいたようだなぁ。少し見学していたが、近々受験を控える花子のために私達も一緒になってリズム変化の中辛小回りを練習することにしました。前走はかわちゃんにやってもらうのだが、彼の場合どうしても小辛極小回りになってしまうのよね。とても膝が微笑んでる人がやってるようには見えないんだけど・・・かわちゃんの膝下はこんにゃくでできているのかなぁ?
なんてことやって楽しんでるうちに早くも時刻は4時半、そろそろリフト終了です。最後はファミリーノンストップで2.3本滑って終わりにしました。

尾瀬岩鞍 平成15年3月8日(土) 雪
写真無し 昨日下界では一日中雨が降っていたが、お山では雪だったようで、今朝の赤城山は下の方まで真っ白でした。当然根利はヤバイ状態だろうと今日は迷わず高速を経由した。またまた出発が遅かったので現着は11時15分。丁度中途半端な時間だったので、今年初の第三駐車場行きとなってしまいました。
ま、送迎バスがあるから病むことはない。

今日は誰が来ているのだろう?とあたりを見渡しながらリフトに乗ると、早くもAMスキークラブの2名を発見。慌ててあとを追うと二人はそのままうめでんタイムに入るみたいだ。後ついて下まで降りちゃったので、また登るのも面倒だなぁ、ファミリー1本しか滑ってないけど私もこのままご飯にしましょっと。この時、時刻は11時半。まだここも空いているが15分程で満席となりました。まずは3人で宴会を始めてしまったが4.50分遅れて次々と顔見知りが入って来て、総勢8名となった。

まだゲレンデの様子もわからないまま休憩してしまったが、今日は結構混んでるみたい。でも昨日からの雪のおかげでバーンはなかなかいい状態だ。先日リーゼンはぶっ壊されてしまったので、目指すところは西山のブナだ。情報によると柔らかくてとても滑り易いということなので、午後は迷わず西山へ直行した。噂通りベストコンディション、今シーズン1番の出来って感じでした。あまりの楽しさに、連続7本行ってしまいました。今日は午後からのスタートだったので、あっという間に4時となってしまいましたが、ブナだけでも来た甲斐があったなぁ。この調子なら明日の朝1もブナが良さそうです。うふふっ
ラストは沢コースを2本、ファミリーを+印のパトロール隊に追い立てられながらも時間いっぱい楽しんで参りましたが、土曜日なのにナイターが無いのは非常に寂しく感じました。

尾瀬岩鞍 平成15年3月6日(木) 晴れのち曇り
誰もいない男子国体
はっきりしないブナ
リーゼンぶっ壊し作戦開始
今日はあまりにも穏やかなので、フラフラっとアフタヌーンスキーに出かけました。2日前にお山は雪が降ったようなので根利のあんばいが気になったが、ゆっくり行けば何とかなるだろうと、50号岩宿信号を右折した。恐る恐る根利に入ったが、何てことなかった。2駆のままでも行けそうって感じ。そして120号に出てからはすべてドライでした。

岩鞍到着は11時半。3月3日より春スキー期間となり、駐車場は無料、リフト券は¥3.800になったようだ。まあシー券の私には関係ないことだけどね。
でも関係あることがひとつある。それはボードが解禁になったことだ。ボーダーのいる岩鞍は今回が初めてですが、まず感想はと言いますと、あまりにも空きすぎてて、ボーダーどころかスキーヤーさえ気にならないありさま。こんなんで大丈夫なんだろうか?うめでんの拓ちゃん曰く、「スキーヤーの数が例年より少なくなったみたい」だってさ。ボード解禁はやっぱり失敗かなぁ?
そうだ確か去年の今ごろは学生らしきスキーヤーが沢山いたような記憶があるが、今日はそれもいない。岩鞍にとってスキーヤーが減るのは痛いぞ!

ところで今日のゲレンデだが、3月だというのに雪質は最高。しかも空いているので『コース全面私だけのもの』って瞬間が何度もありました。気になっていたブナは、少しだけコブが育ってきてますが、まともなラインは1本のみ。でも所々間延びしててあまり面白くない。じゃリーゼンはと言いますと、上から下まで結構滑り易いラインが2.3本出来てていい感じでした。ところが・・・!
午後2時よりリーゼンぶっ壊し作業が入ってしまいました。せっかくあんな綺麗に並んだのにすごく残念です。これで今週末は悲しむ人が約2名(親分、子分)出そうだ。
ここのところ岩鞍の魅力がひとつひとつ消えていくような気がしてちょっと寂しいぞ〜。でもさ今日行ってた人はラッキーだね。寒くなく暑くなく、雪も降らず風もない。ゲレンデは空いてて雪質抜群。こんなに好条件が揃っているのも珍しいくらい。上げたり下げたり、なんだか勝手なこと言ってるよね私。
てなわけで、飯も食わずに3時間半ほど楽しんできました。

尾瀬岩鞍 平成15年3月2日(日) 曇り時々晴れ&強風  
今朝の根利
うめでんタイム

今日のメンバー

川ちゃんここでもイメトレ中

今朝、ものすごい風の音で目が覚めました。外はまるで台風のよう。今日はスキーヤーオンリーの岩鞍が最終日だというのにこの風はないよな〜せっかく楽しもうと思ったのに・・・。でも昨夜から降り続いていた雨はあがっていたのでまだましか。嵐の中を出かけたのはいいけれど、バケツは飛んで来るは、大根は転がってるは、旗は倒れてるはで荒れ放題。極めつけにドラム缶が飛び出て来たのにはビックリ!!ヒヤヒヤしながら待ち合わせの場所に無事到着。今日はメンズ5名、レディース5名計10名と、久しぶりに大人数となりました。

昨夜私が通り抜けた後、雨は雪に変わったらしく、根利はスベスベ状態になっていた。途中スタック車が何台かあり10分程停止したが、その後は順調。
「良かった私の運転じゃなくて」すると川ちゃん曰く「良かった俺の運転で」と今日もニヤついていた。
ほぼ定刻通りに岩鞍現着。今日はカービングカップが開催されているのでゲレンデは混んでいるのかなと予測していたが、駐車場はそうでもない。でも喜んでいたのはつかの間、ゲレンデへ出てみたらものすごく混んでるじゃないの。でもその原因はカービングカップのせいじゃないことが判明。あまりの強風の為、ゴンドラはストップ西山はすべてクローズということだったのよ。
でも、こんなに賑わってる岩鞍は久々に見たような気がする。
しかしいつもリフト待ちなんかあまりしたことが無い私達には、この状況は耐えられなかった。3本ほど滑ったところで、「空くまで待とう」と早くもオクタ休憩に入った。時刻はもうすぐ11時、ここで待ってるんだったら「うめでん」で早メシしちゃった方がいいんじゃないの?とさっきそこでナンパしたS根さんが言い出した。今日は人数多いから席の確保も大変だと、一行はうめでんに大移動した。さすがにまだ空いてて全員着席することができたが、30分もしない間に満席となったようだ。
そして最初に注文したものは当然のようにアルコール。今日のうめでんタイムは長くなりそうな予感がした。しかし食事を終えても一行に天気の回復は無い。飲めない私はそろそろ絶えられなくなってきたので外へ出た。

午後はひと足お先にS根さんとファミリーを滑り始めた。見上げるとまだ上の方は吹雪きのよう。しばらくそこからは動けなかった。そして何本か滑っている間にちらほらヤポンの影が現われた。が、食後?いや飲後の体操かしらねえ?始めたのは雪合戦だよ。そうだ今日はギャルが2名加わってたんだ。おじさん達は元気なはずだ・・・!

結局今日は最後までゴンスト、西クロのままでした。夕方4時頃になってやっといくらか風がおさまり、女子国、チャンピオン、エキスパ下部を連続して滑りまくり、スキーヤーオンリーの岩鞍を不満喫いたしました。

尾瀬岩鞍 平成15年3月1日(土) 曇り一時小雨
明日のカービングカップの舞台

親分、子分、その子分


カンパーイ
もう3月。私はサンデー毎日に突入いたしました。サンデー毎日って昔誰かが言っていたような記憶があるが・・・そーだ寒気団長さんだ。最近音沙汰ありませんがお元気なのでしょうか?

サンデー毎日最初のサンデーは、もちろんスキーです。朝6時に目覚ましをセットしたのに、何故か起きたら7時でした。ちょっと出遅れです。
時間も遅いので、今日も根利から行くことにしました。まだ所々凍ってましたが私でもラクラク通れるほどだったので一安心。10時半に現着。

長々続いていたスキーヤーオンリーの岩鞍も、明日の日曜日を最後に、ボード解禁となってしまいます。スキーヤーだけの岩鞍を楽しみに大勢の人が集まっているのかと思ったらそうでもなかった。やはり世間一般ではもう春なのだろうか?スキーってこれからが面白いのにね。(ある一部分の人だけかもしれないけど)
まずはファミリーを1本滑り、次にクワッドに乗りロマンス上部に到着。そこで早くもAMスキークラブを発見。こちらのメンバーは現在4名。ここに合流して1本目はいきなりリーゼンへ連れて行かれた。あれ、ブナじゃないの?と聞いてみたら、行ってきたけどブナじゃなくなっているとのこと。昨日圧雪しちゃったみたいでまっ平だそうだ。だから混んでるんだ今日のリーゼン。岩鞍にはコブ好きの人が沢山いるみたいですね。コブといえばうちらの親分、ブナがなけりゃリーゼンしかないと探してみたけれど見当たらない。今日は来ていないのかと思ったら早くもうめでんタイム、いやドリンクタイムしてました。
ブナが無くてショックだったのか、やけ酒?一気に生ビ3杯はキツイやろ〜。

午前中はまずまずのお天気だったのに、午後になって雪のようなみぞれのような怪しい天気へと変わってしまった。女子国沢までは視界良好ですが、それから上は濃い霧に包まれていました。にもかかわらず1時に到着したスキー好きも1名いた。私は一足先にゲレンデへ戻ったが、何人かののんベーさん達はまだ酒盛ってるみたいだ。出て来た頃にはかなりのハイテンションになっていた。それでも親分はリーゼン滑るって言うんだから、恐ろしいよ。
でもさすがに長続きはしなかったようで、次々とのんベーさん達の姿が消えていった。最後に残ったのは私と午後から参加した1名でした。リフトに乗ると雨混じりの雪。「雨じゃヤダよね。そろそろあがろうか!」といいつつも滑っていると忘れてる。あがろうと言いはじめたのは3時半頃だったのに結局4時半まで滑ってしまいました。駐車場に戻ると、すっかり雨でした。
明日は回復しますように・・・