尾瀬岩鞍スキーリゾート 平成14年12月30日(月)〜15年1月1日(水) 参加者11名









***1日目***
今日は毎年恒例の年末お泊りスキー。今回は2泊3日で計画したが、なかなか全員というわけにはいかず、1泊2日、日帰り組に分かれて、時差式参加となった。初日は計9名。
私はまず待ち合わせのかわちゃん宅へ6時半に到着した。いつもならかわちゃんカーのエンジンがかかってて、出動準備が整っているはずなのに、5分過ぎても一向に人の気配がない。これはおかしいとTELしてみたら、なんと待ち合わせ場所が違ってた。早々にやられちゃいました。ところがこれはまだ序の口だったのです。その後大きな事件が2つ続きました。まずはサチ車の事件。なんとスキー行くのに板忘れてきちゃった馬鹿者がいた。サチ車はUターンし、板を取りに行くことになったので、ちょっと遅れそうだ。結局現地で合流ということになりました。
そして今日は一人珍しい人が参加するという。スキー場まで一番近いところに住んでいるのになかなか現われないK林氏だ。彼は日帰り参加の為、便乗は無理なので、私が隣に乗っていくことになった。黒保根のセーブオンで待ち合わせいざ出発。さすがに連休とあって、根利道もちょっと混んでいる。ちょっと滑る状態だったが、運転手は慣れっこ、何事も無くいつもの時間に現着しました。後続組はまだ来ないだろうから、先にゲレンデへ向かおうと着替えようとしたその瞬間。みょーな笑い声とともに「やっちゃったよ。ブーツ忘れた。」板忘れた誰かさんのこと真剣に笑っていたときに思いつけよ! 本人は「俺、帰るわ。」なんて寂しいこと言いだしたので、やっとスキーやる気になった彼だけに、これで帰したらしばらく一緒に滑る機会はないだろうと思い、「こんなにいい天気なのにもったいない。付き合うから、ブーツ取りに行こう。」となんとか説得し、これまたUターン。でも一番近い家だったのがせめてもの救い。根利をカッ飛んだら、2時間ちょっとで往復できた。なにぃ〜! 私の片道より早いじゃん。
こんなわけでみんな揃ったのは11時30分。しかし今日はなんていい天気なんだろう。雲ひとつ無い晴天。しかも雪はサラサラ。これならブーツ取りに行った甲斐あっただろう。現地でT内氏も合流し、10名で一日目を楽しんだ。ゲレンデは空いていたが、さすがに連休とあってはお食事処は混んでるだろう、ちょっと遅めのお昼にすることとなった。もう限界をとっくに過ぎてる燃費の悪いかわちゃんは倒れる寸前だったかも・・・

お昼といえば場所はもちろんヒュッテうめでんさん。ちょっと営業しちゃいますが、ゲレ食にこんな安いところがあるんて信じられない! しかもボリューム満点。ご飯少なめで頼んでもまだ余るくらいです。食べ放題の自家製おしんこは最高です。みなさん一度お試しあれ。ってこんなもんでいいかな拓ちゃん。

初日は午後からだったけど、もう申し分ないスキー日和。思いっきりカッ飛びたい気分ではあったが、今日は緩斜面好きの忘れんぼK林氏に付き合った。まだ2日あると思うとそれも惜しくない。しかしやはり彼は半日券で十分みたい。朝から滑っていたらお昼には帰っていたかもしれませんね。

***2日目***
二日目はあきらが合流。今日が初スキーの彼は朝からとても元気だ。今までのジャンプ用の板を短く切って(そーじゃねーか)、ニューじゃないけどニュー板でにこにこ顔だった。彼に引きずられあちこちのコースへと、巡回した。
そんな彼だったか、果てるのも早かった。いつの間にか姿を消し、車の中でお休み態勢に入っていた。二日目となるともうひとり大変なご老体がいる。
朝から疲れた〜を連発しているのはいつものことながらかわちゃん。今日は休憩しているほうが多かったのでは? それにしてもご飯食いすぎ。うめでんさんのミートソースは超大盛りなのよ、それ食べるだけでも大変なのに山菜うどんまで、だから動けなくなっちゃうんじゃないの?
ところで他のメンバーM原氏、のぐ○しょーじ、矢島っちって最近あまり笑わせてくれることないけど、この人達も何気に元気ですよね。口では疲れたなんて言ってるが、滑り始めりゃ超特急。ほんとにうちは年上のほうが元気な集団なんですね。

考えてみれば、今日は大晦日じゃないですか。昼の部は程々にしてカウントダウンナイターがメインのはず。ところが一旦宿に戻ると、みんな落ち着いちゃうのよね。夕食後に出かける予定だったのですが、飲みはじめちゃダメでしょ。結局11時半になったら花火だけ見に行こうということになった。ま〜だ時間たっぷりあるので、寝不足気味の私はちょっとお休み。昼間はしゃぎ過ぎたあきらは熱出して寝込んでしまった。ここまで来てかわいそ〜にね。
そしていよいよ念願のゲレンデ花火。これずぅ〜と見たかったんだけど、なかなかチャンスがなくて今回が初です。10.9.8.7とカウントダウンが始まり、0とともに、ジャンプ台の方向から盛大な花火が打ち上げられた。5.6発で終わるのかと思っていたが、結構長々とあがっていた。ちょっと感激もんですよこれは。
昼間は晴れていたが、夜になって雪となった。カウントダウン花火を終え、宿に戻ると、鐘の音がどこからともなく聞こえて来た。そーだ初詣に行かなくちゃとすぐ近くにある神社へ向かった。大晦日の夜必ず見ていた行く年来る年、そこに出てくるような雪深い田舎の神社もうそのもの。人々が皆「あけましておめでとうございます」って行き交うの。こういう初詣もなかなかいいもんです。

***3日目***
2003年初スキーはやはり岩鞍から始まりました。
昨日3人が帰り、6人となったがまた今日は一人加わり計7名。しかし、昨日から寝込んでしまったあきらくんはリタイヤしてしまいました。さすがに3日目となると、足に力が入らない。ちょっと滑ってはみたものの、恐いのよ。踏ん張りがきかないみたい。このまま調子付いて滑ってたら大怪我しそうなので、午後からはサチと一緒にマンツーマンレッスンを始めました。今まで人に教えるなんてこと、恐れ多くてできなかったのだけど、昨年中に私もいろいろ研究したためか、やっと人の滑りが見れるようになってきた。あらためてM原氏とオレンジ君を尊敬してしまいます。何となくはわかるけど、どこを直したらいいのかをみきわめるのって大変です。またそれをどんな方法で改善するのかも。
でも人に教えるのって自分の反省点が見つかってたまにはいいかもしれませんね。教えた人が上手くなってくの見ているのも嬉しいし。
そんなわけで今日の午後はず〜っとファミリーにいました。ラストの日なのに、練習してたら疲れを忘れてしまいました。

長々書いてしまいましたが、こんなかんじで無事お泊りスキーを終えることができました。3日間ともお天気、雪質共にとても良い状態でしたね。参加してくださった皆さんお疲れ様でした。では今年も怪我すること、怪我させることの無いよう、気をつけて楽しいスキーをしましょう。2003年もよろしくお願いいたします。

尾瀬岩鞍スキーリゾート 平成14年12月29日(日) 晴れ 参加者1名 現地で1名
写真無し 今日から6日間の冬休みです。明日からお泊りスキーが続くので、初日はおとなしくしていようかと思いましたが、家にいてもこれといってやることなかったので、昨夜急遽相棒を探しまくったら、一人いました。ところが今朝になって、ドタキャンくらってしまいました。非常に残念。一瞬足が止まりましたが、せっかく早起きして出動態勢とったので、とりあえず一人で行ってみることにしました。夕べ早く寝ればいいものを、お休みだと思うともったいなくてカラオケなんぞ行ってしまいました。ちょっと寝不足ぎみなので今日はお昼頃上がりかな?
現着は9時、駐車場は第2の真ん中位。思ったより空いてました。昨日の大雪のおかげで、おとといまでは1メートル無かった雪が、本日は170センチと激増。コースは全コース滑走可能となりました。まずは今シーズン初のロマンスコースを1本滑り、まだ足慣らしだとファミリーのリフトに並んだ。すると見たことあるオレンジ色のウェアーが目に入った。そして今日はオレンジ先生と一緒にレッスンに励んだ。午前中2時間くらいファミリーのみ。しかも板は1本。それだけで、一日みっちり滑ったくらい疲れたよぉ。でもそのおかげで、午後のエキスパ下部の小回りは、気分よく滑ることができた。

困ったなあ、明日から連続5日スキーの予定が入っている。ちょっと滑る予定の今日が一番ハードなスキーとなったみたいだなぁ。

尾瀬岩鞍スキーリゾート 平成14年12月23日(月) 晴れ 参加者2名 現地で4名
今日は久々に自称「野人」のY君とご一緒しました。彼とは約9ヶ月ぶりの再会でしたが、会うたびに変身するのでビックリ。昨年坊主にしたと思ったら、今度はロン毛。まっそんなことはどうでもいいけど、相変わらず元気な青年でした。現着は8時半。まずは一気にゴンドラで頂上へ。なんと朝一のゴンドラが待ち無しでした。こんなことは珍しいなぁ? ミルキー下部がクローズの影響なんだろうか? そして滑り始めは女子国体。尾根を滑り終えたところで、早々ヤポンの3名と遭遇。しばらくの間一緒に滑った。今日の岩鞍は天気はすごくいいのだけれど、気温が低い。上部の方はとても滑り易い状態だったが、降りて来るに従って、バーンは硬くなってきた。そこで早速固まった雪の壁に足元すくわれ沢コースでいきなりの大転倒。朝一の転倒は非常にこたえる。これから一日ダメージを受けた体で滑り続けなくてはならないし、恐怖心も生まれ、なかなか思い切って滑ることができなくなる。教訓、始めの一本は慎重に!です。

一方、一緒に来たY君ですが、知り合いがいたとかで、一旦私達とは別々になりましたが、1時間程でまた合流。実はY君には本日目標がありました。朝から「今日は飛びたい」を連発しており、モーグルのエアーに挑戦したいということだ。その彼に打って付けのモーグルコースをミルキー上部に発見。ここには何人かのモーグラーのお兄ちゃん達が、集合している。彼らがせっせと作り上げたのか、かなり飛びそうなエアー台まで用意されていた。あの長い;レーシング(今時185cm)の板でよく飛ぶよなぁ。3回目のジャンプで何とか納得いったらしく、これ以上調子付くのは止めようということで舞台は西山ブナへと替わった。今日はブナサイドのリフトが稼動していたので、私も様子を見に行くことになりました。先週はまったくコブらしきものはなかったのですが、今日はみごとに出来上がってました。ところが、またここが硬いのなんのって、しかもまだ雪不足の為、随分とブッシュが見えていた。ここに来るには、まだ3回くらいの大雪を待ってからのようだ。1本で諦め、そろそろメシの支度となりました。

今日はう○で○さんが営業中だったので、迷うことなく玉子丼。相変わらずここは忙しそうです。おかみさんとタクヤ君が覚えててくれたらしく、笑顔で挨拶できたのは嬉しかったなぁ。今シーズンもまたお世話になりますね。
ということで、ここは私たちの溜まり場となってしまったようだ。ここに来れば誰かいる。オッ、今日もいたではないか。その名は久しぶりに登場のオレンジ君と先週一緒だったDさん。なんか久しぶりに会ったのにそんな気がしないのは何故でしょう。そういえばオレンジ君、二世誕生おめでとう。

そして午後の部は、そのオレンジ君と一緒に練習に励みました。彼は相変わらず熱心で、ひたすら1本の板で小回りを続けていました。ここへお昼も食わず滑りまくっていたY君合流。今度は3人でまた女子国へ上がりました。オレンジくんは今シーズン2回目ということで「納得いかねぇ〜」と叫びながらも、あの小回りは健在でしたね。オレンジスクール2時間受け、早くも3時となりました。ここでオレンジ先生とはお別れです。
その後私とY君は、女子国体、チャンピオンを一気に滑り今日スキーは終わりとなりました。今日はなんとか最後までY君と一緒に滑ることができました。と喜んでいたが、彼はお昼休み無かったんだ。恐るべし20才。野人の名は伊達ではないな!

本日の滑走可能コース
ロマンス・ファミリー・チャンピオンA・エキスパート下部・女子国体・ミルキー上部・西山全コースでした。まだまだ雪が足りないようです。

尾瀬岩鞍スキーリゾート 平成14年12月16日(月) 晴れ 参加者1名
ゴンドラから望む

女子国体コース
今シーズン2度目の岩鞍。平日なのでまたまた一人で行って来ちゃいました。最近一人で行くこと多いけど、平日は結構一人で来てる人多いから安心。土・日に一人じゃちょっと寂しいけどね。
出発は7時50分。今日は赤城から高速使って行きました。2時間半で現着。もちろん駐車場は第一です。こんなに空いてちゃしかたないね、ボード解禁も。先週までは他のスキー場へ行ってましたが、それなりに混んでましたよ。でもどのスキー場もボーダーの数の方が多かったみたい。スキーヤーは土・日しか来れない人ばかりなのかなぁ? そうだよね、暇のある学生とかはみんなボーダーだもん。スキーヤーの高年齢化が原因なのね。
またスキーの映画でも大ヒットしないかなぁ。

ところで今日のゲレンデ状況は、気温上昇の為、土曜日には沢山あったコロコロ雪がみんな無くなり、すごく滑り易い最高のカービングバーンでした。雪質はもちろんなんですが、どこを滑っても、人がいないんですよ。コースの隅から隅まで使って大回りができました。おかげさまで今日は恐いと思ったこと一度もありませんでした。
滑走可能コースは、ファミリー、女子国体、西山、ミルキー上部。ブナも滑れたけど、ブナサイドのリフトはお休みなので、ゴンドラ駅舎から、逆上しなきゃなりません。しかもコブらしきものは見当たらなかったのでパスしました。
あれぇ〜? 今年はさ、雪降ったのは早かったけど、去年の丁度今日来たときには、チャンピオン、ロマンス、ミルキー全部滑れてたぞ。ということは去年より雪少ないってことかなぁ?

ということで10時半から滑り始め、1時半まで楽しんで参りましたが、ひとりだと何処行こうか考えることないので、たった3時間なんですが、十分滑ることができますね。お昼ご飯の楽しみが無いってのがちょっと残念だけど。

尾瀬岩鞍スキーリゾート 平成14年12月14日(土) 快晴 参加者1名現地で5名

天気がいいと写真も綺麗です
やっと行けました今シーズン初の岩鞍。先週からプレオープンしていたんだけど、今日がほんとのグランドオープン。初日なのに誰も一緒に行く人がなく、ひとりで行くことになりました。岩鞍の掲示板に根利の様子はヤバそうなこと書いてあったので、一人でハマッてしまっては大変だと高速使って行きました。いつもは赤城から乗るんだけど、一度試してみたかった伊勢崎から挑戦。時間は30分位短縮できるのかなぁ?でも高速代がなんと1.600円。馬鹿らしいので2度と使うことはないだろう。せっかく30分短縮したのに、120号フィッシングセンターサイドで重大事故発生。(トラックとワゴン車の正面衝突、トラックはあの高いガードレールにまたがり亀さん状態。しかもそのトラックは○○○○の。ビックリ!)渋滞にハマりその30分を使いきってしまった。
2時間半ほどで岩鞍に到着。第2駐車場の坂を登る時、どんなに混んでるのだろうかと、ちょっとヒヤヒヤしていましたが、9時半でまだ4分の1くらいでした。早速着替えてゲレンデへ。

最初のリフトに乗ったところで、AMスキークラブのS根さんにTEL。丁度女子国降りて来るところだったので、すぐに会えました。こちらのメンバーは5名。7ヶ月ぶりに再会したが、相変わらず皆元気だよ。初滑りだという人が4人もいたのにお昼まで休憩無しなんだから・・・
そういえば今日のお昼。○○○○さんは残念ながらお休みだったので、久々にお祭り広場となりました。まずはビール。飲んでる最中、これまた7ヶ月ぶりのI間氏が登場。ここでまた宴会が始まっちゃうのかと思っていましたが、今日は忘年会を控えて早上がりする人が3人いたので、ほどほどで済みました。

ところで今日のゲレンデ状況は、昨日まで降っていた雪のおかげで、新雪です。女子国尾根、西山はとってもいい感じ。でも女子国沢は、コロコロ雪でベアリング状態。(コワ〜ッ) 唯一気持ちのいいはずの廊下もカチンコチンのアイスでした。天気は、私が行ったにもかかわらず雲も無く、風も無く、霧も無く、ものすごくいい天気だったけど気温は低かったみたいですね。
後半になると、いつものように沢コースにはコブが生まれてきました。まだちょっと物足りない感じでしたが、今シーズンは初コブ。それからミルキー上部にも1本のモーグルコブができてて、ここもチャレンジしましたが、縦長、浅め、硬めの3拍子揃ったとんでもないコブで制覇は無理でした。

そーいえばこれだけ岩鞍に通ってるのに、グランドオープンに来たのは初めてだなぁ。噂の「まいたけ汁」も味わえたし、S根さんが抽選で当てたボールペンも貰ってきたし、空いてて思いっきり滑れたし、今日は言うこと無しですよ。
でも青空の下でのスキーはやっぱいいですね。前がよ〜く見えるもん。
※本日の滑走可能コースは、西山(ななかまど、とちの木、みずなら、しらかば)、女子国体、ファミリー、ミルキー上部でした。

玉原スキーパーク 平成14年12月9日(月) 雪 参加者2名
これが玉原のスペシャルステージ

尾瀬岩鞍プレオープン 12月8日(日) 参加者6名
日曜チームは岩鞍のプレオープンに行ってきましたよ。やっぱり岩鞍はいいねぇ。さいこぉ〜
今日は根利も国道も車が多く混んでるかと心配しましたが鎌田で左折する車はほとんどなく、いつもの時間でホテル前の駐車場でした。4コースだけですが、昨夜に降ったので雪質も良く、雪煙と湯煙を上げて思いっきり滑ってきました。ゲレンデに誰もいない瞬間とかもあって、本当に思いっきり滑れて満足でした。天気は曇りで時々薄日がさす程度でした。お昼は例のヒュッテ○○○○に無理を言って入れていただき、おいしいカレーライスをご馳走になってきました。6人で貸切状態ですよ。むふふふ。
         私は欠席の為 川ちゃんの投稿より
せっかく岩鞍プレしたのに、今日は超一流初心者がいたので、岩鞍は諦めました。というより今日は行くのを諦めようかと思いました。なにしろ朝から下界でもすごい雪。
今日のお相手の彼女は、前々から「スキーかぁ、中学校のスキー教室でしかやったことないからなぁ。でも雪見たいし・・・行くか!」と、覚悟を決め今回のスキーを計画したのに、山行かなくても雪見れたじゃん。
朝7時に出発を予定していましたが、大雪の為、運転見合わせです。思いっきり悩みましたが、とりあえず行ってダメならすぐに帰ってきましょう。ということで決行することにしました。出発が遅れた為&雪で道路は渋滞。早く現着したかったけど、根利はスベスベだろうと思い高速にしました。高速経由だったので行き先は玉原と決定。高速降りてすぐという玉原だが、知らない人は騙されたと思うことでしょう。延々と20km位山道を登らなくちゃたどり着かない。しかも今日はめったにお目にかかれない全面真っ白なスペシャルステージだった。

しかしこのスキー場、まわりは全部といっていい程ボーダー。リフトに並ぶのも恥ずかしいくらいです。確かに斜面的にスキーヤーが楽しめるところは数少ないですね。唯一ちょっとしたコブ斜面があるが、今日はここもウェーブに雪が盛ってある程度で、ひとつも面白くなかった。(ちょっと楽しみにしてたのにぃ〜)
結局上部までは2回行ったきりで、あとはずぅ〜と一番下の漕がないと止まってしまうダラダラ斜面を5.6本滑って終わっちゃいました。
これじゃスキー場までわざわざ来なくても、利根川あたりの土手でも十分楽しめたんじゃないかなぁ?

丸沼高原スキー場 平成14年12月2日(月) 曇りのち雪 寂しく一人
昨日の屈辱を晴らす為、行ってきました丸沼。月曜の友は今日から世間に復帰したので、寂しいけど一人となってしまいました。(まっいいか! どうせ滑る時は一人なんだから) 一人ということで出発時間はちょっと遅めの8時半。下界は久々にいい天気、今日は裏切られる心配はなさそうだ。
でも山の天気ってわかんないもんですね。薗原湖を過ぎたあたりから、雲がかかり、丸沼に着いた11時には気温2度の小雪でした。さすがに今日は霧無かったよ。あまり悪天候ばかり続くと、このシーズンは霧女とか雨女って言われそう。

ゲレンデは昨日のメチャ混みが嘘のよう。第一駐車場も4列(スキスキ) くらいでした。当然リフト待ちはありません。あっ そー言えば今日はゴールドコースも営業してたぞ。でもひとりで行く勇気が無かったのね。
そして1時半ごろ車に戻って一休み。この頃雪が強く降ってきました。もう帰ろうかなと思ったが、ニュー板に履き替えて、また一時間滑りました。
一人で行くと何だか話題が少ないなぁ。
まあ次回からは岩鞍になるので、書くことも増えるでしょう。

丸沼&川場スキー場 平成14年12月1日(日) 雨&濃霧 参加者2名
写真はありません。撮ってもたぶん真っ白でしょう。 今日は無理やり休み代わってもらったのに、誰も行く人がいなくて、夕べ必死になって探したら、居ました。たしか去年も今ごろ一緒に行った記憶のあるミーシャです。朝6時半に出発。ここのところいつも天気悪いなぁ。家を出た時は曇り。しかし根利の途中から霧雨が降ってきました。気温は3度。前回よりも寒そうなので、雪となることを祈って丸沼へ向かいました。ところが1度になったのに、雨でした。まぁ大した雨じゃなかったので、その辺は我慢しようと思っていたのに・・・・・!!!!! 現着してまずぶっ飛んだ。まだ9時だというのに、第一駐車場は満車のようで、めったに行かない第二駐車場へと誘導されてしまいました。ちょっとゲレンデを覗いてみたところ全面(斜面も空気も)真っ白でした。もう悩むことなくUターンです。まだまだ続々と車が登っていきます。この調子だと、第二駐車場もすぐに満車になってしまうでしょう。丸沼にとっては今シーズン最高の人出だったのでは・・・? って程だったよ。
Uターンはしたものの、せっかく来たのに(ミーシャは初だし)このまま帰るってのも寂しいので、昨日オープンしたのほっかほか(湯気も出てた)、川場スキー場へと向かってみた。ここはまだみんなに知られてないのか、不安になるほど車がいない。ホントにやってるのかなぁと思いながら立駐に着いたら、案内のおにいちゃんが立ってたので一安心。とりあえずゲレンデの混み具合を見に行こうと着替えぬまま、カワバシティに入った。ミーシャ曰く「ここはまだバブリーな頃の面影が残ってるなぁ」そういえばここが出来た当初は、夜中の1時で立駐既に満車なんて言ってたよなぁ〜。あの時代はもう来ないのね。寂しいけど、今スキーしている人にとっては嬉しいよね、空いてて。あの頃を思えば今日の丸沼にも耐えることもできたのでしょうがもう無理です。ところで今日の川場のゲレンデはどんな状態なのかと外へ出てみた。が、見えない。いったい混んでるのだろうか? 空いてんのだろうか? ここも丸沼と同じく(イヤここのが強烈)全面真っ白でした。車に戻って少し様子を見ることにした。一時間くらい待機しただろうか? でも良くなる気配は全くなし。11時に撤収を決めました。結局全然滑らないまま、帰って来ちゃいました。教訓「朝、霧が出ているときは、すぐに諦めること。」

あ〜あ、今日は新潟にしておけばよかったな。と反省していたところにS根氏から情報が入り、かぐらの駐車場はメチャ混みで入れなくて苗場で滑ったとか。やはり霧だった。ということです。しかしどうしたことでしょう。ここ数年こんなに混んだことなかったのに。しかもまだ12月の最初だよ。バブリー逆戻り? (しないでくれ〜