丸沼高原スキー場 平成14年11月25日(月) 雨&濃霧 参加者2名


おいおい今日も雨だよぉ〜。でも女心と山の天気、行ってみないとどう変わるかわからない。プラス志向の私たちは「降っても雪」と信じ、丸沼に向かいました。道中はずうっ〜と雨。鎌田で気温5度。岩鞍ならとっくに諦めて引き返すところだけど、もう少し上ればあと2.3度下がるのではないかと期待して進みました。しかし1度下がっただけでした。当然現地も雨です。
ところが少し待ってみたら、明るくなり太陽の光がちっと見えてきました。これなら大丈夫と着替えてゲレンデに向かった。今回で5度目の丸沼ですが、こんなに空いてるのは今シーズン、というより今までにも無かった。もちろん帰るなんてできないよ、もったいなくって!
イエローリフトに乗っている時には小降りでぜんぜん気にならない雨でしたが、高速に乗り継いだ途端、パチパチと音を立てるほどの雨。リフトに乗ってるだけでかなり濡れました。一気に滑る気力が無くなったけどせっかくここまで来たのだから戻るのも寂しい。濡れついでにローズコースへとまわってみました。昨日もそうだったけど、上のほうが天気いいみたい、雨止んでるよ。二人は笑顔で滑り始めました。大きくカーブを曲がり、急斜面の始まるところで、目前に虹のゲートができあがってました。思わず立ち止まり「すご〜いきれ〜(^e^/」と喜んだ。が、今日の笑顔はここまででした。上の方が天気いいからと調子付いてもう1本ローズリフトに乗ったら2度目は大雨でした。
ダメだ撤収。とセンターハウス目指して降りて行ったら、イエローはすっかり雲の中。プラトーでしばらく考え込んでいましたが、外は益々白くなっていくばかり。今後の期待はできそうもないので、一大決心して帰ることになりましたとさ。

丸沼高原スキー場 平成14年11月24日(日) 曇り&濃霧 参加者6名

朝目が覚めると、外では雨の音がする。でも出かける頃には雨もあがり一安心。最悪降ってもスキー場へ行けば雪だろうと安心しきっていました。途中霧雨みたいのがちらほら窓ガラスにくっついてきましたが、気になるほどではなかった。ところが、赤城山の中腹あたりでちょっと異変。そうです、赤城名物「濃霧」発生です。何かイヤな予感がしていましたが、スキー場に着くとその予感どおりでした。全面真っ白で気持ちいいほど。雪が沢山ありそうでいいじゃんなんて暢気に言ってるのは育ちゃん。おぉっと誰だって! 育ちゃん? まだ11月なのに彼が居るってのも異変のひとつです。

今日は新たに、ブルーコースとローズコースがオープンとなっていました。今シーズンは始めてのブルーコースをまず1本。でもここはまだ雪不足で所々茶色。練習には最適なこのコースだが、今日は規制前なので、ボードが入っている。危ないので1本で止めておいた。そうなるとやはり頂上好きのヤポンは上を目指した。コバルトコースに到着。気持ちのいいコースのはずなのだが、なにしろあたり一面銀ならず白世界。まわりが見えないと何て恐いんだろう。ゲレンデの雪は硬くなく柔らかくなく、丁度いい感じなのだが非常に残念。まずは怪我しないように慎重に何本か滑った。すると例のごとく隊長による朝礼の召集だ。一行は早々にレストランに入った。
まだ朝食のおにぎりとパンを食べたばかりなのに、もう腹へってる川ちゃん。お昼前なのに日本酒隠し持ってる育ちゃん、起きたばかりなのにもう寝てる隊長。何も食ってないのにほっぺが膨らんでいるY島っち。どうしたんだろう? 久々にご一緒した面々は皆既にフリーズしてしまっているようだ。しばらく休んでいたがなかなか解凍しないようなので、私はひとりでコバルトコースを楽しむことにした。5.6本滑ったところでやっと暖まったのか、みんなが出て来た。まだ真っ白い雲の中ですが、思い切って上のローズコースを攻める決意がかたまり、リフトに乗った。すると何てこった、頂上はピーカン。雲の上に出たのね。このローズコースはオープン当初は必ず板にラインの入る、恐怖の石雪。恐る恐る滑ってみたところ、な〜にここが一番いいじゃない。ローズを2.3本滑ってルンルンとしていたところなのに、いつものことですが、燃費の悪いターボ川が、メシ騒ぎを始めました。さっき休んだばかりなのにまたレストランに逆戻りとなってしまいした。
午後は皆いくらか元気が出てきた模様。途中で2本くらい雪面の見えた気持ちい〜滑走ができましたが、最後まで霧に悩まされた一日でした。でもねサイ(ヤポンの一部の人しか理解できないでしょうが)は出てこなかったので、皆無事に帰還することはできましたよ。

とりあえず「吾平」 平成14年11月23日(土)
写真なし 今日は毎年11月の後半に恒例行事となっている、「今シーズンもよろしく」の会が開催されました。これを境にニューシーズンが本格的に始まります。今年は例年に無く雪の降り始めが早かったので既に何人かの人達は、フライングスタートをしているようだ。スキーへの参加者は毎回5.6人ってところだが、宴会となると何故こんなに人が集まるのでしょう。中には年に2回(忘年会と花見)くらいしか会わない隠れ隊員もいる。そんな人達でも、こうして顔見せだけはしてくれるって、嬉しいではありませんか。(^o^)  しかしねぇ、みんな久々に会ったはずなのに、懐かしさとかはまったく無いみたい。いつものようにダラダラと集合し、挨拶も無く、何となく宴会は始まってしまった。好き勝手に飲み食い始め、宴会が中盤に差し掛かった所で、やっと全員が集合。ここで初めて宴会部長のぽんちゃんの音頭によって、「では今年もよろしく〜」と乾杯。それにしても締まりの無い宴会だこと。まっいいか! それがヤポンだから。

いつになってもまとまりの無い、わがままな変な集団だが、とりあえずみんな元気にこのシーズンを迎えられたことは、なによりです。ではまた半年の間、楽しいスキーをしていきましょう。2003シーズンもよろぴく。

丸沼高原スキー場 平成14年11月18日(月) 晴れ 参加者4名
一番手前に写ってる4人が私達。
丸沼ライブカメラより

今日で3度目の丸沼。先週降った大雪もこの一週間で随分少なくなってしまいました。と言ってもこの時期は例年イエローコースのみ人口雪で滑れる程度なので、これだけあれば十分満足なんだけどね。

今日は平日なのに参加者が4名いました。しかもこんなに早くスタートするなんて珍しい2人が一緒。それはヤポンの湯けむり隊員です。真冬にだって湯気を出す二人が11月のこんな天気のいい日に滑ったら周りの温度すら上げてしまうのではないかと心配している間もなく、ブーツを履いてる最中、すでに汗をかいていました。出動準備が完了し、いざゲレンデへ。先週よりは車の数も少なくイエローサイドのリフトも空いている。さあ滑ろうと気合の入ったところでもう脱落者が出ました。今シーズンは頑張るぞと、シーズン券、ニュー板、ニュー靴、ニューポールと全部揃えたMr.tortoiseが 「足痛い。先行ってて!」と椅子に座り込んでしまいました。
そんな彼を見捨てて3人はリフトに乗った。ヤポンは必ず高いところに登りたがる。高速リフト、第8と乗り継いで16日より開放されたコバルトコースにたどり着いた。ここには1本のコブコースが出来上がっていたので、早速入ってみたが、5個目で飛んだ。まだ足がついていかないので今日のコブは諦めました。コバルトコースを何本か滑っている間に、靴下を薄いのに替え、笑顔で滑ってくる足痛湯けむり隊員を発見。「あれ、よくわかったねここにいるの。」すると彼は「ヤポンが下の方滑っているわけないじゃん。とりあえず上だろうと思って来たんだよ」とさすが解ってらっしゃる。ここでやっと4名揃いました。

10時30分から滑り始め、1時間程で喉が渇いたとセンターハウスで早一杯。ついでにメシまでいっちゃおう。とお昼ご飯を食べ始めました。ところがここでまたしてもMr.tortoiseが不思議な発言。一番食いそうな彼が「これ半分食べる?」と食欲が無い。どうしたのかと心配したが、原因はすぐに判明。パンツのウエストがきつかったのだ。彼に一番必要なマテリアルはウェアーだったのではないだろうか! 大笑いをした後、やられちゃうポンちゃんが「ライブカメラに写って川ちゃんに手を振ろう」なんて言い始めた。4人は10分程2階のカメラに向かってポーズし続けた。ごめんね川ちゃん余分なお仕事増やしちゃって。m(--)m

そしてそのあとはポンちゃんのスキー教室にてひたすら滑り続けました。午後2時半をまわった頃から雪の状態が凄く良くなってきた。ゲレンデも一気に空きバイオレットコースを連チャンした。今シーズン初滑りの彼ら二人、きっと今ごろ膝が笑っていることだろう。うひひ。(川ちゃんバージョン)
ということで、今日も無事に楽しいスキーを満喫してまいりました。

丸沼高原スキー場 平成14年11月11日(月) 晴れ 参加者2名
本日のバイオレットコース

只今準備中のゴールドコース
ニ連休だったので、また行っちゃいました、丸沼。本日は月曜日なので、レディースデイ。リフト1日券\2000とってもお得な日なのね。平日だから空いてるだろうと思ってたのに到着の11時には車がいっぱい。またしても大駐車場行きでした。昨日沢山集まっていた報道陣はすっかり姿を消していましたが、まだ群馬県警のヘリコプターが何度も行き来していました。捜索後のあとかたづけでもしていたのでしょうか?

ゲレンデに出てみると、車の数のわりには人が少ないように思えました。平日は一人でくる人が多いのでしょうか。天気もすっかり回復し、青空の下で湯けむり隊員の仲間入りしそうになりました。でもこれがいつもの秋スキーです。
昨日までに降った雪を融けないようにと、ゴールドとシルバー下部コースは綺麗に圧雪され今すぐにでも滑れそうな感じでしたよ。恨めしそうに見上げ、とりあえず写真だけ撮って諦めました。
ところで今日はニュー板じゃなくてキュー板にしてみました。雪の状態なのか、慣れなのかわからないけど、昨日よりずっと調子良かったです。今までは新しい板を履くたびに感激があったのに、今回はキュー板の方が調子いいなんてちょっとショックです。やはり板も慣らしが必要なのかな?
平日はリフト待ちが少ないので、短時間でも随分滑ったようだ。まだシーズン始まったばかりなので、怪我しないようにと早めの3時に撤収いたしました。

丸沼高原スキー場 平成14年11月10日(日) 雪のち曇り 参加者2名
紅葉真っ盛りの根利街道


初滑りにしては寒い−4度
やっと今日という日が来ました。待ちに待った2003シーズンの始まりです。
去年より9日早いスタートです。まだ11月半ばなので、この時期のスキーは半分紅葉見物が入ります。ところが今年はどうしたことか、根利街道にも雪があり、赤や黄色に紅葉した木々が白い綿帽子をかぶっている不思議な光景を見ることができました。根利道の雪はいつものしょーちゃんカーブの所から、すべるぞカーブあたりまででしたが、国道120号に出て鎌田の信号を越えたらまたまた雪。白根魚苑を過ぎた頃には、あきらが泣いて喜ぶほどのスペシャルステージに変わってました。鎌田付近で30〜40cm、丸沼では50〜60cm位積もったって感じですよ。大雪の情報はあったものの、これほどまでに降ったとは、予想以上でした。(^o^)
そして10時頃丸沼に到着。さすがに日曜日は混んでます。センターハウス前は既に満車。仕方なく上の大駐車場へまわりました。ここも1/3位は埋まってたかな? キャー混んでるよぉ〜とビックリしたと同時に、テレビカメラの多さにもビックリしました。「昨日からの大雪で、日曜日の今日、ここ丸沼スキー場には沢山のスキーヤー達が集まりました。ではご来場の皆様にインタビューしてみましょう」とか言ってテレビに映っちゃったらどーしよーなんて車の中で大騒ぎをしてたんだけど、それにしてもちょっと様子がおかしい。ちょっと見たところテレビ朝日、フジテレビ、NHKまで。半端じゃない報道陣の数。ヘリコプターは飛んでるし、救急車やパトカーまで来てる。これはやっぱり何かあったのだろう。と、この日記を書く前にインターネットで調べたところ、日光白根で遭難があったそうですね。昨日M原隊長に明日スキー行こメールしたところ「ごめん明日は山登りなんだよ」なんて言ってたので、ちょっと心配してしまいましたが、遭難者5名の名前は見知らぬ人でした。イノシシの侵入を防ぐ為の柵を作っていた作業員だったらしいです。昨日から行方不明で今朝9時頃発見、4人は救助されましたが、1名死亡だったらしいです。ご冥福をお祈りいたします。

ではスキーの話に戻りますが、今日はハッシーと一緒でしたが、彼女は最近スキーよりボードに興味を持ち始めたらしく、パパにねだって買ってもらったのは岩鞍シーズンパスじゃなくて、スノーボードセットでした。昨日手元に届いたもんだから、今日はボードにすると張り切ってました。私も実はニュー板(Volkl T50 SUPERSPORT ☆☆☆☆)です。一応前のディナスターも持ってきたけど、今日のゲレンデ状況は危なげなところ一切無しみたいなので、思い切っておろしちゃいました。
コースは昨日まではイエローとバイオレットだけだったようですが、今日は新たにグリーンがオープンしてました。3コースあったので、ゲレンデの混雑はありません。ただリフトが2本しか動いていないので、リフト待ちは日曜日のザウスよりちょっと少なめって感じでした。でも2時を過ぎたらガクッと減ったなあ。
今日の様子だと、間もなくコバルトコースとローズコースもOKかな? 見た目にはぜんぶイケそうだったけど・・・11月にたっぷりの天然雪(丸沼にしてはちょっと重め)で滑れるなんてウソみたい。やはり今年の冬はかなり早いですよ。みなさん出遅れないよう、早く冬支度すませてくださいね。

あっという間に9月、シーズンインまであと3ヶ月ですね。待ちきれずに冬の支度を始めました。8月1日から申し込み受付を開始した岩鞍シーズンパスポート、今日無事に到着しました。岩鞍は今年でオープン30周年だそうですよ。パスポートと一緒にパンフレットが送られてきましたが、グランドオープンは12月14日(土)、そして新規に初心者用モーグルバーン(ロマンスコースに)、ポールバーン(チャレンジBコースに常設)、先シーズン邪魔だったスノーパークはロマンスコースに移動するみたいです。

暑い暑い夏がやってまいりました。スキーヤーのみなさん何してますか? さすがにこの季節はスキーの話題が乏しく、なかなか日記を書く機会がありません。ちょっと寂しいので、あまり見たくないかもしれないけど、管理人の歴代スキーファッションでもお目にかけましょう。しかし昔は派手なの着てたのねぇ。でもちょっと懐かしいでしょ。
昭和の終わり頃 平成元年
平成4年
平成5年
平成6年 平成7年 平成8年 平成10年