丸沼高原スキー場 平成13年11月30日(金) 曇り一時雨のち雪のち晴れ 
参加者2名
朝8時30分太田を出発。平日のスキーは早起きしなくていいので、お気楽です。大間々あたりから随分風が強くなってきました。赤城山の向こうには、灰色の雲。なんだかいや〜な予感がしました。もしかして雨? でも二人だけだし、
どうせ暇だし、行ってみて雨なら、ティーチャー状態(悪天候なら撤収)でもいいかと思い、迷わず車を走らせました。予感的中、赤城の途中でチラホラ雨。でも「丸沼はもしかしたら雪?」と、ちょっと期待もしていました。
岩鞍へのハープ橋のあたりで、ものすごく綺麗な虹を見ました。しかも根元まで見える虹。これには二人して大声をあげて感激し、「もうこれ見ただけでも今日はいいよね。」なんて言いながら、11時頃丸沼現着いたしました。心配していた天気のことよりも、まずびっくりしたのは、あまりにも空いてるということでした。前回は3連休明けだというのに、あの混みようはいったい何だったんだろう? 今日は天気のせいで空いてたのかなぁ? まあいずれにせよ空いてることは喜ぶしかない。すっかり天気のことなど忘れて着替えてました。でもリフト券買っていざゲレンデへという時に、霧雨が降ってきちゃったんですよ。お相手のハッシーは昨日買ったばかりのニューウェアだというに。私は一瞬足が止まってしまった。「もう少し待つ?」と彼女に聞いたら、「いいよ、行こ」の一言で、リフトに乗ってしまいました。雨のリフトは最悪です。私のウェアーは先シーズン買ったばかりなのにもう雨がしみ込んでくる。といっても数えてみれば20回くらい着ているではないか。それじゃしょーがない。湿っぽいのは我慢して、イエロー1本滑って、次に目指したのは、第8リフト。前回は誰かさんが大好きなアイスバーンでしたが、今日のコバルトコースは言うこと無し。しかもさっきの雨は雪に変わりました。まわりに人がいないので、コースの端から端まで使って大回りできるって感じで、ちょっと調子付いてスピードあげてしまいました。おかげで今腰が非常に重いです。コバルトコースでさんざ楽しんだあげく、ちょっと休憩しようかと降りる途中のバイオレットコース。またここが最高に気持ちえぇ〜
。そして午後にはすっかり雪もあがり陽がさしてきました。休憩後もたっぷりと楽しんで参りました。一緒に行ったハッシーも練習の成果が出てきたのか、なかなかカッコよくなってきましたよ。自分でもいくらか解ってきたようで、「今日のスキーですっかりハマッタ ! 」って言ってました。
今日はあまりの気持ちよさに、カッコを忘れて滑っちゃった。たぶんメチャクチャな滑りになっているのでは? と自分なりに心配しています。早くみんなと一緒に行ってチェックいれてもらいたいです。
ということで、今シーズンは早くも3回目。ザウスも入れると7回目。目標の年間滑走日数30日は楽勝のようです。あとは怪我しないように気をつけなくちゃね。

丸沼高原スキー場 平成13年11月26日(月) 晴れ 参加者2名


ここ一週間とても11月とは思えない、小春日和が続いていましたが、今日からまた寒くなりそうです。先週の丸沼は汗が出るほど暑かったけど、今日はいくらか風が冷たく感じ、途中の道路も何箇所か凍ってました。
今回も月曜日ということで、同僚のハッシーと二人きりとなってしまいました。
3連休明けなので、ガラガラの丸沼を予想して行ったのですが、期待はみごとに裏切られた。「なんでこんなに混んでるの?」センターハウス前の駐車場はもちろん満車。道路わきも満車。結局いつも停める大駐車場まで行っちゃいました。ここからブルーコース経由無しでセンターハウスへ行くのはちょっと遠すぎるので、のん気な二人はセンターハウス前の駐車場まで下り、空くのをひたすら待ちました。5分ほど待ったところで、お帰り車発見。めでたく近場に駐車することができました。今日はなんでこんなに混んでいるんだろう。やはりバイオレットとコバルトコースのしわざだろうか? ここは23日より2コース増えた。それを聞いた暇人達が全国から集まって来たのでしょうか。
でもせっかく来たのだから、とりあえずは行けるところまで行かなくちゃと第8リフトまで行ってみた。すると上の2コースのリフトはほとんど待ち無し。「な〜んだやっぱり空いてるじゃん。」と喜んだのもつかの間。滑ってみて空いてる意味がわかった。すべてがアイスバーンだったのだ。まだ雪量も少なく、所々茶色くもなってました。もしかしたら、せっかく作った雪が解けないように、水でも撒いて固めたのではないだろうか? そ〜んな感じ。川ちゃんだったら泣いて喜んだかもしれないけどねぇ・・・
結局4.5本滑ってイエローまで降りてきちゃいました。一度ここまで降りてくると、二度と上まで行く気はしない。雪が少ないので、リフトの乗り継ぎが大変大変。滑るのよりそっちのがよっぽど疲れました。
やはりここももう少し雪増えてくれないと、楽しめないかもしれませんね。天気予報によると、すぐそこまで寒気団長が来てるとのこと。次回までにドカ雪お願いしたいもんです。

浅原体験村コテージ 平成13年11月24日(土) 星空 
参加者15名
ヤポンの忘年会は毎年11月とちょっと早め。年を忘れるというよりも、これから始まるスキーシーズン前の顔会わせ会といったところだろうか。今年はちょっと施行を変えて、大間々山中のコテージを借りてみた。まだ出来たばかりのコテージなので、綺麗で、設備も整っててなかなかいい場所でした。
宴会パックもあったようだが、今回は全て持ち込みで、時間を気にせず飲み食べ放題。酔った人はすぐに寝られるという好条件。あいにく私は翌日仕事だった為、日帰りとなってしまったが、結局お泊りしたのはいつもの「のんべえ組」だけだったようだ。
ヤポンもいいかげんな人間の集まりなのに、よくもまあ何年も続いているよなぁ〜。ナンダカンダ言ってても、恒例行事には、こうしてみんな集まって来るんだもん。これからも末永く続くようみんな頑張ろうね。では今シーズンもよろしくです。

丸沼高原スキー場 平成13年11月19日(月) 快晴 参加者2名
2002シーズン、本日開幕いたしました。場所は例年どおり丸沼高原スキー場です。今シーズンはいつもの年より1ヶ月も早くスタートしました。
今日はちょっと様子を見に行くつもりで、朝は8時半と遅めの出発。でも根利街道は雪も凍結もなく(あたりまえか)快適なドライブコース。2時間ちょっとで現着いたしました。平日だというのにここにはすでにたくさんのスキー馬鹿、ボード馬鹿が集まっていました。センターハウス前の駐車場は満車のため、駐車場脇の道路のほうへ車を停めました。早速着替えてゲレンデへ。
本日の気温+7度、空は雲ひとつ無い晴天で、春スキーをしているかのようでした。滑走可能にコースはイエローコース1本でしたが、情報によると積雪60cm(もちろんこの季節は人工雪)、幅45m、長さ400m。ニュー板ではちょっと不安かな? と思っていましたが、雪量は十分で土の見えるところもなく、板は無傷に終わりました。バーンの状態は、多少凸凹していましたが、あまり気になるほどではありません。そして気温の割には硬さもまずまずで、初スキーにしては、いいコンディションだったようです。来週あたりは、あと2.3コース増えるみたいで、上部のほうも随分雪が出来上がっていました。
でもやはり太陽の下でのスキーは気持ちいいですね。いままでは薄暗いザウスだったので、久々の屋外でのスキーにとても感激いたしました。
そして、嬉しいことに今シーズンから、毎週月曜日をレディースデーとし、女性は1日券がなんと\2.000になりましたぁ〜。月曜定休の私たちにとってはこれまたラッキィ〜。調子付いて来週も行っちゃいまぁ〜す。
それからあと2つばかり情報があります。根利街道を抜けて、いつも帰りに寄る自販機あたりに「しゃくなげの湯」という温泉ができました。入浴料大人\500、回数券6枚綴りを買うと一人\333くらいになります。地元で取れた野菜や果物の直売所もありました。今度みんなで寄ってみましょう。それから根利のトンネル工事、開通は平成16年だそうです。まだ2.3年はあのほそ〜いくねくね道のお世話にならなくてはなりませんね。
ということで、今シーズンの初すべりレポートを終わります。