アサマ2000パーク 平成21年11月22日(日)晴れときどき曇り
遅くなりましたが、やっとシーズンインしました。今年はこの大事なスタート時期に、仕事が忙しくなかなかお休みが取れませんでした。そういえばお仕事のこと話していませんでしたね。この度、介護学校の事務長になりました。学校名は「太田国際介護アカデミー」今月11月12日にオープンしたばかりの新しい学校です。慣れない仕事なので毎日四苦八苦しております。

ということで、例年より1ヶ月ほど遅れたスタートとなってしまいました。皆さんはもう初滑りしましたか?今年はどこのスキー場もオープンが遅れているようですね。予定では今週かぐらがオープンするはずでしたが、雪不足、というか雪作りが遅れたため延期となってしまったようです。おかげで今日のアサマはメチャ混みでした。

今回は久しぶりによこてぃと一緒に行きました。
到着したのは8時ちょっと前。すでに第2駐車場にはたくさんの車が入っていました。
今年のアサマは去年より雪が多い気がします。

チケット売り場には販売開始時刻の30分前から長蛇の列。まともに並んだらチケット買うのに20分くらいかかるんじゃないかな?って感じでした。

さていよいよ初滑り。昨日も降雪機が稼働してくれてたようで、きれいなバーンが用意されていました。斜度は急ですが、幅が広いので救われます。去年はイエティの緩斜面で慣らしてからのアサマだったのですが、今年はいきなりの急斜面です。とってもドキドキしながらの1本目でした。
が、サマーゲレンデで滑り込んだおかげか、去年感じたほどの怖さはありませんでした。でも板を履いた瞬間、雪って滑るんだな・・・って思いました。
最初の3本くらいは気持ちよく滑れました。気温が低いのか晴れているわりには雪質が変わらず滑りやすかったです。でもこの大勢の人たちが一斉に滑り始めると、荒れるのも早いです。午前中には上積みのパウダーがはがされ、堅めの下地が現れはじめました。早くもアサマらしい氷の3本川が出来上がりました。こうなってしまうと滑るの大変なんですよね。一般スキーヤーならすぐに退散しちゃうと思うけど、ここはツワモノばかりです。なかなかゲレンデは空きません。リフト待ちはピークで20分位だろうか?お昼近くになってやっと半分くらいになりました。ここで一緒に休むわけはありません。今がチャンスとばかりに滑り続けました。
久しぶりのスキーなのに、こんなに滑っちゃって大丈夫なのかしら・・・?ま、明日は間違いなく筋肉痛でしょう。

やっぱり本物のスキーはプラスノーよりはるかに負荷ががかかりますね。この日記を書いてる今、腰が重いです。
そして午後の部スタート。あらら、よこてぃと兄貴はここでもお昼寝ですかぁ・・・まあいいか。

2時を過ぎたあたりから、急激に気温が下がってきました。そしてバーンも凸凹ツルツルでもう大変。そろそろ足が言うことを聞かなくなってきました。一緒に滑っていた面々も、「もういいか!」ってことでちょっと早めではありますが、怪我しないうちに退散することにいたしました。

なわけで、私の初滑りはコケルこともなく、無事に今シーズンのスタートをきることができました。これからまた半年の間、皆さんよろしくお願いいたします。

最後にひとこと。今日すっごく久しぶりに私の元師匠とお話ししました。彼はもう数年スキーからは遠ざかっていますが、いつかまた岩鞍のリーゼン一緒に滑りたいです。